VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 今夏のバーチャルマーケットに焼津市が出展!VRでマグロ解体ショーが楽しめる

今夏のバーチャルマーケットに焼津市が出展!VRでマグロ解体ショーが楽しめる

株式会社HIKKYは、2022年8月13日(土)~28日(日)に開催されるメタバース上で行う世界最大級のVRイベント『バーチャルマーケット2022 Summer』に、静岡県焼津市が初出展することを発表しました。



焼津市が今夏のVketに出展

今年8月13日(土)~28日(日)にVRChatの特設ワールド内で開かれる「バーチャルマーケット2022 Summer」に、静岡県の焼津市が自治体として初めて出展することが決定されています。

今イベントへの自治体の出展は、大阪府の泉佐野市に続いて2例目で、今後も自治体・行政機関の参戦がますます期待されていきそうです。

世界中の人に向けてPR可能

焼津市が出展するバーチャルマーケットは、VR法人のHIKKYが主催するメタバース空間上での展示即売会で、期間中は24時間開催されていることから世界中のユーザーがアバターとなってやってきます。

また一般のクリエイターやサークル・企業などがブースを構え、そこではそれぞれのコンテンツや作品が展示されているほか、来場者はそれらを購入したり見たり体験したり、またバーチャルライブなどのイベントを楽しむことができます。

今夏の「バーチャルマーケット2022 Summer」では、テーマが"原点"となっているほか、企業出展会場として

・ニューヨーク

・大阪

の2都市がパラリアル化されて展開されていきます。

イメージ

summer2022.vket.com/より

公式サイト

公式Twitter

公式YouTube

公式Instagram




ブースではマグロ解体ショーが楽しめる

今回焼津市が出展するブースは、「パラリアル大阪」内の空港を模したエリアに設置され、ここでは焼津市のPR動画のほか、

全国第10位(総務省調べ)の人気を誇るふるさと納税返礼品の紹介

など、市の魅力を発信するブースが展開されていきます。

ブースは、焼津市で有名な「ミナミマグロ」の巨大3Dモデルが目印となっており、来場者に魚の街・焼津に親しんでもらえる体験として、世界初となる

「バーチャルマグロ解体ショー」

が披露されます。

そのほか、焼津市のふるさと納税返礼品として人気の高い「ネギトロ」や「カツオのたたき」、「ツナ缶詰」などの地場産品も3Dモデルで紹介され、ブース内にあるデジタルポスターから直接ふるさと納税寄附サイトに遷移し、その場で寄附を行うこともできます。

さらに焼津市公式キャラクター「やいちゃん」が、3Dアバターとなってバーチャル接客にもチャレンジします。

まとめ

2022年8月13日~28日にかけてメタバース上で開催されるVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に、静岡県焼津市が初出展することが発表されました。

特設ブースでは、世界初となる「バーチャルマグロ解体ショー」を楽しめるということです。

自治体の参入も続々決まってくる本イベントですが、これからの新しい地域アピールの場として、メタバースイベントの重要性がますます高まってきそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む