VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 中京テレビが「エブリバース」サービス開始!メタバースの企画運営をサポート

中京テレビが「エブリバース」サービス開始!メタバースの企画運営をサポート

中京テレビ放送株式会社は2022年6月10日(金)、メタバース上の企画や運営、VR空間の提供まで全てを請け負うワンストップサービス「エブリバース」をリリースしたことを発表しました。



メタバースを『コンテンツファースト』で活用

「エブリバース」は、これまで中京テレビが番組制作やイベント制作で培ってきた企画制作力と豊富なメタバースイベントの実績を活かし、メタバース活用による企業の課題解決から、新しいエンターテインメントの創出をバックアップしていくサービスです。

オリジナル空間製作、宣伝、出演者・スタッフの配置まで

「エブリバース」は、『コンテンツファースト』を掲げ、これまでの経験をもとにメタバースを活用するサービスです。

『メタバースでしかできない事は?』という視点で企画立案から細やかなサポートが受けられ、

「リアルさながらですごい空間だけど、何をしたらいいか分からない…」

といったことがないように、オリジナル空間製作、プラットフォーム紹介、出演者・スタッフの配置まで運営に関わる全てのことを任せられるサービスとなっています。

詳細:EVERYVERSE - エブリバース





メタバース活用実績

中京テレビビジネス開発グループは、三井物産株式会社と協業して、地上波で培った演出力や技術力にテクノロジーを掛け合わせ、これまでも複数のメタバース事業を成功させています。

実践例1:VR課外授業

文部科学省が進める「GIGAスクール構想」の中でも重要視されている「デジタル技術を活用した協働学習」や「学校の壁を越えた学習」の実証実験として愛知県立高校2校と大学生がバーチャルリアリティー技術を活用したネットワーク上の授業での交流に挑戦しました。

実践例2:メタバース英会話

ここでは学研グループの株式会社Glatsと共同で、オンライン英会話サービス「kimini英会話」の会員向けに、メタバース空間でゲームをしながら英語を学ぶイベントが開催されています。

参加者からは、

「アバターだから英語を話すのも躊躇しない」

「普段話せない生徒同士での交流も深まった」

といった感想が寄せられ、90%以上の参加者から高評価を得る結果となりました。

実践例3:バーチャルファンミーティング

「一度に100人がコミュニケーションできるVR空間」として、「VR×エンタメ」という発想からVTuberのファンミーティングが開催され、およそ100人のファンがアバターとしてVR空間に集まりました。

初対面でありながら共通の趣味を持つ仲間とたくさんの会話が生まれ、「時間と空間から解放されるVR空間だからこそコミュニケーションが活性化できる」ことを実証するイベントとなっています。

まとめ

中京テレビが、メタバースの企画から運営までを請け負う「エブリバース」サービスを開始しました。

中京テレビの豊富な経験をもとにメタバースを「コンテンツファースト」で活用し、新たなエンターテインメントの創出をバックアップしてくれるサービスです。

『メタバースの企画から運営までをぜ~んぶ』をキャッチコピーに掲げ、主催者のニーズに沿った対応をしてくれるサービスのようです。

これまでの実績もユニークで高評価のものばかりなので、メタバースを活用してみたいと考えている企業・団体には、嬉しいサービスとなりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む