VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > Metaがメタバース向けのデジタルウォレット「Meta Pay」を計画

Metaがメタバース向けのデジタルウォレット「Meta Pay」を計画

Metaがメタバース向けのデジタルウォレット「Meta Pay」を計画

アイキャッチ画像:VR Scout

2022年6月22日(米国時間)、Meta社のCEO(最高経営者)であるマーク・ザッカーバーグ氏はプラットフォーム上での支払い機能「Facebook Pay」を「Meta Pay」に改称することを発表しました。

さらに、最終的にはメタバースにおける経済活動を容易にするためのメタバース用デジタルウォレットとして展開させていく計画も明らかにされています。



メタバース上での資産や支払い方法の統一を目指す

従来のFacebook PayはFacebook、Instagram、WhatsApp、MessengerといったSNSで利用できる決済システムで、アイテムの購入・ユーザー間の送金・チャリティへの寄付・投げ銭を行うことが可能です。

Meta Payではこれらの機能に加えてメタバース上での経済活動で購入した服や音楽、イベントチケットや美術品などのデジタルグッズや財産の管理ができるようになります。

最終的には、すべてのメタバースにおけるあらゆる所有物や支払い方法を1つのウォレットで管理できるようになるとのことです。

さらに、ひいてはメタバースにおける自分のアイデンティティを管理することにもつながるとしています。

このビジョンに関してザッカーバーグ氏は以下のようにコメントしました。

デジタルグッズを簡単に使える場所が増えれば増えるほど、その価値は高まり、クリエイターにとってはより大きなマーケットが生まれます。簡単に取引できるようになれば、クリエイターのチャンスも大きくなるはずです。

引用:Facebook




メタバース時代の準備を進めるMeta社

Meta社はメタバースにおける経済活動をサポートする準備をどんどん進めています。

例えば、Meta社は6月22日InstagramのARエフェクト機能「SparkAR」について、NFTテストを実施する予定であると発表しました。

これは自分が制作または購入したNFTをInstagram上でシェアできるようになるデジタルコレクティブル機能です。

さらに、FacebookやInstagramのユーザーがMetaプラットフォームのアバターのために高級デザイナー服を購入する新しい方法としてAvatars Storeを発表しています。

それだけでなく、いずれは自分たちのバーチャルな服をデザインして販売することもできるようになると見られています。

現在はVRで利用できませんが、同社によるとこのストアはいずれMeta Questのヘッドセットに導入される計画であるとのことです。

将来的にはこれらの機能を使って入手したNFTの所有権の管理もMeta Payでできるようになることが期待されています。

まとめ

Metaがメタバース向けのデジタルウォレットとして「Meta Pay」を展開させていく予定であることを明らかにしました。

有料コンテンツがメタバースに拡大するにつれ、アイデンティティや資産を管理するための安全なデジタルウォレットの必要性がより高まるはずです。

ザッカーバーグ氏は全てのメタバースでの活動を1つでかばできるデジタルウォレットのビジョンを示しています。

しかし、デジタルウォレットをメタバース活動でいつから使えるようになるのか、実際に使うときに手数料が必要なのかなどといったことはまだ明らかではありません。

多くのユーザーの利害に関わる事なので、運用にあたってのルールづくりなどまだまだ課題は多いようです。

参考:Meta Is Working On A Digital Wallet For The Metaverse[VR Scout]


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む