VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャルマーケット2022 Summer」にみずほ銀行が出展!

「バーチャルマーケット2022 Summer」にみずほ銀行が出展!

イメージ

2022年8月13日(土)~28日(日)にVRChatで開催される「バーチャルマーケット2022 Summer」に、株式会社みずほ銀行が初出展します。

ここでは銀行店舗をイメージしたブースが出展され、ボルダリング体験やオリジナル3Dモデルの配布・座談会が実施されます。



今夏のVketにみずほ銀行が出展

2022年8月13日(土)~28日(日)にVRChatの特設ワールド内で開催される「バーチャルマーケット2022 Summer」に、大手銀行のみずほ銀行が出展します。

みずほ銀行によると、今回の出展はメタバースビジネスを見据えた取り組みの一環として行う取り組みだということで、銀行店舗をイメージした出展ブースを設置。

ここでは、

・ボルダリング体験

・オリジナル3Dモデルの配布

が行われるほか、特別ゲストを招いた3つのテーマによる座談会も開催されます。

今回ブースが出展される「バーチャルマーケット2022 Summer」は、VR法人のHIKKYが主催するバーチャル展示即売会で、テーマは原点、企業出展会場は

・パラリアルニューヨーク

・パラリアル大阪

となっており、既に静岡県焼津市大阪府泉佐野市などの自治体や、JR西などの企業が出展を表明しています。

イメージ

公式サイト

公式Twitter

公式YouTube

公式Instagram

金融に捉われない新しい価値の提供へ

みずほ銀行によると、同社ではコロナ禍を契機として加速するDXの潮流において、金融と非金融の融合による「次世代金融への転換」を推進しているということで、新しい時代において従来の「金融」という枠に捉われない新しい価値を提供する企業を目指しています。

その将来的なメタバースビジネスを見据えた取り組みの一環として、今回の出展が決定されています。

<みずほ銀行よりコメント>

メタバースはDXのドライバーとして大きな可能性があると考えており、今回の出展を皮切りに今後、様々な検討を進めていく予定です。

社員参加型のトライアルを重ねることで、社会やお客さまの課題・ニーズを学び、グループの強みを生かした〈みずほ〉ならではのソリューションを探求してまいります。




銀行店舗を再現したブースを展開

今回の出展では、企業会場の「パラリアル大阪」に銀行店舗をイメージしたブースが設置され、1階は銀行店舗をイメージした交流スペースになっています。

2階からはボルダリング体験ができるタワーになっていて、来場者は1階から入店し、2階からボルダリングを楽しむことができます。

ボルダリング体験では、途中で出題される金融クイズに正解すると上へ登ることができるという仕掛けになっており、頂上までたどり着くと

「みずほ銀行オリジナル王冠」

の3Dモデルを手に取ることができるほか、眼下に広がるパラリアル大阪の雄大な街並みを楽しむことができます。

また頂上にあるアンケートに回答すると、このオリジナル王冠の3Dモデルがプレゼントされます。

イメージ

8月20日には座談会も開催

また8月20日(土)には、1階の交流スペースにてみずほ銀行の行員による座談会が予定されています。

この座談会では、金融に関する3つのテーマに合わせたゲストが迎えられ、来場者たちと共に金融や産業について学んでいきます。

来場者は、金融に関する知見を持った行員とコミュニケーションを取ることも可能です。

イメージ

まとめ

8月に行われる「バーチャルマーケット2022 Summer」に、銀行大手のみずほ銀行が出展します。

今回の出展は、メタバースビジネスを見据えた取り組みの一環として行われるもので、ここではボルダリング体験や金融に関する座談会が開かれます。

ぜひ会場へ行って、同ブースを体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む