VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 今夏のVketに阪神梅田本店が出展!メタバースで店内を再現

今夏のVketに阪神梅田本店が出展!メタバースで店内を再現

株式会社HIKKYは、2022年8月13日(土)~28日(日)に開催される『バーチャルマーケット2022 Summer』に、株式会社阪急阪神百貨店の出展が決定し、今年4月に全館グランドオープンを果たした阪神梅田本店の店内をイメージした『バーチャル阪神梅田本店』を展開することを発表しました。



「バーチャル阪神梅田本店」がオープン

「バーチャル阪神梅田本店」は、1階は食、2階はライフスタイルを提案する2階建ての店舗として、企業出展会場となっている「パラリアル大阪」内にオープンします。

『食の阪神』がとびっきりの大阪&関西グルメを紹介

店舗1階では、

「551HORAI」「阪神名物いか焼き」「クラブハリエ」

など関西発の名物グルメショップが出店しています。

4月にグランドオープンした阪神梅田本店内のショップをイメージした内装となっており、出来立て商品の香りまで楽しめそうな再現度となっています。

ショップ内の商品は、日本全国に発送できるECサイトに遷移することで購入が可能となっています。

一番の注目は、阪神梅田本店の実店舗でしか購入できないグルメをシズル感たっぷりな3Dモデルで再現している点で、この春生まれ変わった阪神梅田本店へも実際に来店したくなるような空間となっています。

日常の暮らしを豊かにするライフスタイルアイテムを紹介

店舗2階では、日々の暮らしを豊かにするライフスタイルアイテムが紹介されています。

洗練されたデザインと革新的なアイデアの生活家電で人気の「バルミューダ」のコーヒーメーカーなどが3DCGで再現されているほか、阪神梅田本店で人気のリカーコミュニティスペースがワインバーとして登場しています。

大阪発の「フジマル醸造所」のワインを片手に、アバター同士がメタバース空間で交流できる場となっています。

『食の阪神』ならではの餃子やピザなどのユニークな阪神百貨店オリジナル色柄の腹ペコソックスも登場し、阪神百貨店ECサイトで購入できるほか、アバター用デジタルアイテムとしても購入することができます。





バーチャルマーケット2022 Summer開催概要

名称:バーチャルマーケット2022 Summer

主催:VR法人HIKKY

会期:2022年8月13日(土)~28日(日) ※計16日間

テーマ:原点

企業出展会場:パラリアルニューヨーク / パラリアル大阪

来場方法:VRデバイス・ゲーミングPCからはVRChat内特設ワールドへ来場することができます。

また、一部スマートフォン等からURLクリックのみで入場できるブラウザ会場も用意されています。

詳細:公式サイト

まとめ

『バーチャルマーケット2022 Summer』に株式会社阪急阪神百貨店の出展が決定し、今年4月に全館グランドオープンを果たした阪神梅田本店の店内をイメージした『バーチャル阪神梅田本店』が展開されることが発表されました。

「バーチャル阪神梅田本店」は、1階は食、2階はライフスタイルを提案する2階建ての店舗となっています。

関西の方にはおなじみの「「551」の豚まんが『ある時~♪』」は、メタバース空間ではどうなるのか楽しみですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む