VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > JR西出展の「バーチャル大阪駅」詳細が公開に!バーチャルマーケット2022 Summer

JR西出展の「バーチャル大阪駅」詳細が公開に!バーチャルマーケット2022 Summer

イメージ

2022年8月13日(土)~28日(日)に開催される「"ーチャルマーケット2022 Summer"へJR西日本グループが出展する、「バーチャル大阪駅」の詳細が公開されています。

ここでは、2023年にうめきた(大阪)駅で採用されるフルスクリーンホームドアの先行体験など、様々なコンテンツが展開されていきます。



JR西出展の「バーチャル大阪駅」詳細が公開に

今回JR西日本が"バーチャルマーケット2022 Summer"に出展する「バーチャル大阪駅」は、現実の大阪駅をメタバース上に再現したコンテンツで、同グループが掲げる

「JR西日本グループデジタル戦略のめざす未来」

を具現化する取り組みの一環であり、コロナ禍による社会変容で大きく生活が変化する中においても、これまでリアルで磨いてきた駅をバーチャルへと拡張し、2つの空間が相互に連動した新たな価値創造にチャレンジしていくとことを目的にしています。

そのバーチャル大阪駅で展開されるコンテンツの数々が、今回発表されています。

イメージ

バーチャルマーケット2022 Summer公式サイト

「関空特急はるか」乗車体験とフルスクリーンホームドアの体験

バーチャル大阪駅では、メタバース上での「関空特急はるか(281系電車)」の乗車体験ができるほか、2023年にうめきた(大阪)駅で採用される世界初のフルスクリーンホームドアが設置され、これをいち早く体験することができます。

ここでは券売機にタッチすることでICOCAを取得し、改札を通って乗車ホームへ移動することができます。

ホームには2023年にうめきた(大阪)駅での採用が決定されている

「フルスクリーンホームドア」が設置されており、実際よりひと足早く体験できるほか、人型重機ロボットと鉄道工事用車両を融合させた

「多機能鉄道重機」

も登場します。

さらに、ハローキティとコラボした関空特急はるかに乗車することもでき、空港エリアを経由してもう1つの企業出展会場"パラリアルニューヨーク"へ移動することができます。

イメージ

大屋根を使ったダイナミックな滑り台が登場

またバーチャル大阪駅の大屋根を使ったダイナミックな滑り台も登場し、駅構内にあるエレベーターに乗ることで、大阪駅を象徴する大屋根での滑り台体験ができます。

滑り台の先にはゴジラが待ち受けており、メタバースならではの体験が楽しめます。

また屋根上からは、実際の大阪駅から見えることでお馴染みのダイキン工業株式会社の

「大ぴちょんくん」看板

も見えます。

イメージ

アトリウム広場ではショップブースを展開

駅内に再現されている「アトリウム広場」では、JR西日本が展開する地域産品オンラインショップ『DISCOVER WEST mall』、ジェイアール西日本商事株式会社の鉄道グッズECショップ 『トレインボックス』、JR西日本SC開発株式会社の運営する大阪駅直結の商業施設『ルクア大阪』、株式会社日本旅行がアバター接客を行う『日本旅行バーチャル大阪駅支店』の、4つのショップブースが展開されます。

ブース内では、紹介されている一部の商品・サービスが各社の販売ページにリンクされており、実際に購入することも可能です。

イメージ

DISCOVER WEST mall公式サイト

トレインボックス公式サイト

ルクア大阪公式サイト



リアル駅とのコラボレーションも実施

リアルの大阪駅とバーチャル大阪駅のコラボレーションも実施が予定されており、大阪駅での待ち合わせスポットの定番「時空の広場」には、リアルとバーチャルどちらにもモニター付きのライブステージが設置されます。

期間中の22日(月)17時45分からは、実際の大阪駅「時空の広場」にて吉本興業所属の人気お笑い芸人

「アキナ」

「見取り図」

「ZAZY」

によるお笑いライブが実施され、ネタ披露後にはリアルステージ上でHMDを装着した各タレントが、バーチャル大阪駅の「時空の広場」にてアバターでの公開ファンミーティングを行います。

イメージ

「パラレルウォーカー」とのコラボカフェがオープン

また人気VTuberコラボユニット"パラレルウォーカー"が、期間中に「バール・デルソーレ(大阪ステーションシティ5F「時空の広場」内)」とコラボします。

コラボカフェは完全オリジナルの描き下ろしイラストでラッピングされており、ここでしか食べられないコラボメニューも登場します。

さらにコラボメニューを注文すると、書き下しイラストをプリントしたオリジナルコースターがプレゼントされるほか、AIアバターサイネージ技術を活用した体験型イベント「てぇてぇシャッター」も開催されます。

日替わりでパラレルウォーカーのメンバーがAIサイネージに登場し、一緒に写真が撮影できるほか、展開するメニューなど詳細はパラレルウォーカーのTwitterアカウントなどで随時発表予定となっています。

リアルだけでなく、バーチャル大阪駅の「時空の広場」にも、今回のコラボカフェが設置されます。

イメージ

<「パラレルウォーカー」メンバーTwitterアカウント>

オシャレになりたい!ピーナッツくん

甲賀流忍者!ぽんぽこ

もちひよこ

ふぇありす

ミミック

VTuberグループがリアルで広告ジャック!キャンペーンも開催

さらに期間中は、人気VTuberグループ

「有閑喫茶あにまーれ」

「HoneyStrap(ハニーストラップ)」

がリアル大阪駅をジャックします。

ここではメンバーがJR西日本の制服を着て、スペシャルな交通広告となって大阪駅桜橋口の地下通路を埋め尽くします。

イメージ

また期間中には、大阪ステーションシティの対象店舗で合計2,000円以上(合算可)の買い物をすると、「有閑喫茶あにまーれ」と「HoneyStrap(ハニーストラップ)」メンバーのオリジナルポストカードがプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

その他にも様々な人気キャラ登場や広告・動画掲載などもたくさん企画されており、バーチャル大阪駅の一部を「Vket Cloud」により制作することで、スマホやPCなどから手軽に体験することができます。

イメージ

まとめ

今夏のバーチャルマーケットでJR西日本が出展する、バーチャル大阪駅やリアル大阪駅で展開されるコンテンツの数々が公開されています。

ここではリアルとバーチャルを繋ぐ試みが行われるほか、メタバースならではの体験もできます。

期間中はぜひ遊びに行ってみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む