VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 焼津市がメタバースでふるさと納税のPRを開始!Vket 2022 Summer

焼津市がメタバースでふるさと納税のPRを開始!Vket 2022 Summer

イメージ

VRChatの特設ワールドで開催されている「バーチャルマーケット2022 Summer」にて、静岡県の焼津市が自治体として出展しています。

ここでは市の魅力やふるさと納税のPRが行われており、アトラクションとして「バーチャルマグロ解体ショー」が展開されています。



焼津市がVketでふるさと納税PR

2022年8月13日(土)からVRChat上の特設ワールドで開催されている「バーチャルマーケット2022 Summer」で静岡県の焼津市が初のバーチャル出展をしています。

同イベントの会期は今月28日(日)までで、その間同市のブースにて市の魅力やふるさと納税のPRが行われています。

PR時間は

・土日が午前10時~12時と午後2時~4時

・平日が午後2時~4時

で、いずれも市職員とお礼品提供事業者がVR接客を行います。

イメージ

バーチャルマーケット2022 Summer公式サイト

世界初のアトラクションや展示も展開

ここでは、同市ふるさと納税でも人気を集めている

・ネギトロ

・かつおのたたき

などの地場産品やオオグソクムシの3Dモデルが展示されており、大漁旗の記念撮影コーナーの設置やシティプロモーション動画の上映が行われているほか、恐らく世界初となる

「バーチャルミナミマグロ解体ショー」

がアトラクションとして展開されています。

また貼られているデジタルポスターからは、ふるさと納税サイトに遷移してお礼品の閲覧や実際に寄附手続きをすることもできます。

イメージ



初日は親善大使の青木さんが登場

イベント初日となった13日(土)には、やいづ親善大使を務める、SKE48の青木詩織さんがVR接客に挑戦し、また「バーチャルマグロ解体ショー」を実演するなど、訪れた人が焼津の魅力を堪能していました。

また、市職員や市内ふるさと納税提供事業者もVR接客に挑戦しており、来場者との交流を行っています。

イメージ

「バーチャルマーケット2022 Summer」とは

焼津市が今回出展している「バーチャルマーケット2022 Summer」は、VR法人のHIKKYが主催するVR展示即売会で、毎年国内外の企業やアーティスト・一般サークルやクリエイターが出展し、世界中からアバターとなって集結する来場者がそれらを見たり、手に取ったり、購入したり、体験したりする、ギネスにも記録された世界最大規模のVRイベントです。

今回は

・パラリアル大阪

・パラリアルニューヨーク

が企業出展の会場になっており、JR西日本みずほ銀行など新たな企業も数多く出展しています。

まとめ

静岡県の焼津市が今回、「バーチャルマーケット2022 Summer」でふるさと納税や市の魅力のPRを行っています。

ここでは世界初となる「バーチャルマグロ解体ショー」が体験できるほか、ふるさと納税サイトへ遷移して実際に寄附もできます。

ぜひ同市の魅力に触れてみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む