VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「AR Street Editor」リリース!ノーコードで屋外ARの作成が可能

「AR Street Editor」リリース!ノーコードで屋外ARの作成が可能

Orange moon株式会社は、次世代の屋外AR体験をノーコードで作成することができるプラットフォーム「AR Street Editor」を、2022年8月17日より提供開始した事を発表しました。



「AR Street Editor」提供開始

今回リリース開始された「AR Street Editor」は、Orange moon社が従来の『屋外でのAR体験を作るには、開発に多くの工数が必要』というデメリットを解消し、”誰でも簡単に屋外のAR体験をノーコードで作ることができる”プラットフォームとして開発しました。

屋外でのAR体験を作成するためには、市街地の建造物を加味することが必要となりますが、「AR Street Editor」を活用すると非常に簡単な操作のみで完結できるため、Orange moon社では屋外のAR体験を作ろうと考えている事業者や行政にとって身近なサービスとなることに期待を寄せています。

主な利用用途として

・観光やプロモーション

・アート・エンターテインメント

などが想定されており、従来のAR体験よりも迫力のある体験が提供できるプラットフォームに仕上がっています。

作成した屋外ARは、専用スマートフォンアプリ「AR Street」をダウンロードすることで体験可能となります。

専用アプリ「AR Street」について

AR Street」は「AR Street Editor」で作成したAR体験を現地で表示するスマートフォン専用アプリで、iOS 15.0以降に対応し、App Storeにて無料でダウンロードすることができます。



「AR Street Editor」の特徴

「AR Street Editor」の特徴は『ノーコード』で屋外AR体験を作成することができるという点です。

そのため専門知識を有するエンジニアは不要で、”誰でも””簡単に””ドラッグアンドドロップ”で利用することができます。

「AR Street Editor」では、VPSというスマートフォン等のカメラでスキャンした周辺の建造物等の画像から位置情報を推定する技術を活用しているので、高精度な位置情報をもとにしたAR体験をつくることができる仕様となっています。

VPSには、Google LLCが提供する”ARCore Geospatial API”を利用しているため、Googleストリートビューが利用可能な全ての地域で利用可能となっています。

またAR Street Editorでの作成内容は、リアルタイムでAR Streetに反映されるという特徴も有しています。

「AR Street Editor」の利用料金は、商用利用を除き無料となっているものの、利用に際し専用フォームからの『申し込み』が必要となっています。

また、商用利用を希望する際には『問い合わせフォーム』にて相談可能となっています。

まとめ

Orange moon社が8/17よりリリース開始した「AR Street Editor」は、誰でも簡単にノーコードで屋外AR体験を制作することができるプラットフォームです。

制作した屋外AR体験は、専用アプリ「AR Street」をダウンロードすることで、従来のAR体験よりも迫力のある体験が可能となります。

専門知識がなくてもAR体験を制作することができるなんて、すぐにでも試してみたいと感じるニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む