VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > ARでの昆虫採集キャンペーン実施中!SNSにアップで昆虫フィギュアが当たる

ARでの昆虫採集キャンペーン実施中!SNSにアップで昆虫フィギュアが当たる

ITコンサルティングやシステム開発を手掛けるGratias合同会社は、NPO法人Bremenが企画するAR技術を活用した地域コミュニティ応援キャンペーン「AR昆虫採集キャンペーン」に技術提供していることを発表しました。



ARで昆虫採集!「AR昆虫採集キャンペーン」開催中

Bremenは、WEBなどのITを活用し、地域に貢献するコミュニティを応援するNPO法人で、『地域貢献している人をWEBで紹介し、広く知ってもらう』という活動を展開しています。

その一環として、2022年8月1日(月)から9月30日(金)まで、AR(拡張現実)技術を活用した地域コミュニティ応援キャンペーン「AR昆虫採集キャンペーン」が実施されています。

今回のキャンペーンでは、「お客様にとっての快適」の提供を目指すGratias社が開発した”アプリ不要””スマートフォンのみ”でARが表示できる技術NEXT CG VIEWERが活用されています。

「NEXT CG VIEWER」は、ECサイト・HPでインテリアなどの試し置きや、イベントでの動きのある3Dモデルを高精細に表示することができるサービスで、ユーザーは街のいろいろな場所に貼られたポスターにあるQRコードを自身のスマホで読み取ります。

すると、画面に様々なAR昆虫が表示されます。

クワガタ

トンボ1

表示されたAR昆虫は、”拡大””縮小””回転”といった『実物とはまた違う』ARならではの楽しみ方ができ、さらに表示されたAR昆虫との画像を撮影し、TwitterやInstagramにハッシュタグ「#ARbremen」をつけて投稿すると、キャンペーンに参加することができます。

トンボ2

このキャンペーンでは、参加者の中から抽選で3Dプリンタで製作された「昆虫フィギュア」がプレゼントされます。



キャンペーン開催の背景

Bremenでは、このキャンペーンが『AR技術を活用することで地域コミュニティへ出向くキッカケづくりになる』ことを期待し、企画しています。

また、昆虫がAR表示されるポスターを掲示することで地域コミュニティを盛り上げる一助になればという考えから、キャンペーン期間中にポスターが掲示できる場所を全国で募集しています。

問い合わせはNPO法人Bremenまで。

まとめ

NPO法人Bremenが地域コミュニティを盛り上げるために、AR技術を活用した「AR昆虫採集キャンペーン」を実施しています。

このキャンペーンは、ポスターが掲示されている場所に行って、スマートフォンに表示されるAR昆虫との画像をSNSに投稿することで参加でき、抽選で昆虫のフィギュアが当たるというもので、9月30日まで開催されています。

早朝や真夜中に昆虫を探しに行くのは、小さな子供には少しハードルが高いですが、ARを活用すると、日中好きな時間に昆虫採取できるうえに、実物では不可能な写真までとれるなんて、夏の思い出が1つ増えそうなニュースですね。

ソース:プレスリリース[@Press]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む