VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 京急油壺マリンパークがVR空間で再オープン!水族館バーチャル移転プロジェクト

京急油壺マリンパークがVR空間で再オープン!水族館バーチャル移転プロジェクト

株式会社Psychic VR Labは2022年8月25日(木)、一般社団法人路上博物館と京浜急行電鉄株式会社が主催する企画「京急油壺マリンパーク3D化計画~みんなで残そう思い出と歴史~」で制作したVR京急油壺マリンパークに参画し、同水族館がバーチャル空間上にリニューアルオープンしたことを発表しました。



京急油壺マリンパークがVR空間で再オープン

今回オープンした「VR京急油壺マリンパーク」は、その名の通り昨年9月に閉館した神奈川県三浦市の水族館

京急油壺マリンパーク

をVR空間上に細かく再現したもので、路上博物館と京急電鉄が主催する企画「京急油壺マリンパーク3D化計画」で製作されたものです。

パソコンやスマホ・各種HMDに対応しており、インターネット通信費が発生するものの、入場料は無料。

入口にアクセスするだけで入館することができます。

イメージ

VR京急油壺マリンパーク入口

日本初の水族館バーチャル移転プロジェクト

この「VR京急油壺マリンパーク」は、日本初の水族館のバーチャル移転プロジェクトとして企画されたもので、

・53年の歴史ある建物とその展示

・これまで来場した人々の想い出

・施設のこれまでの歴史

をデジタル空間に再構築して保存することを目的にしています。

本企画は、2021年夏頃に京急油壺マリンパークが閉館するニュースを、主催である路上博物館が知り、これら目的を掲げたデジタルアーカイブプロジェクトとして提案したことをきっかけに始まっていて、インターネット上でVR京急油壺マリンパークが公開されることによって、バーチャル遠足で利用したり、介護が必要であったり移動が困難な人が気軽に訪れたりすることができるようになります。



3つのエリアが展開

館内は3つのエリアで構成されており、その内2つは京急油壺マリンパークにあった施設を、三次元計測などの技術で再現しています。

もう1つのエリアは、建設中の様子の写真やクラウドファンディングの支援者の写真やメッセージなどが展示された資料館になっています。

VR水族館「魚の国」

ここでは、当時東洋一の水族館として開園した水族館の中を再現した空間になっており、展示されていた水槽の再現や、世界的にも珍しい巨大サメ「メガマウス」の剥製標本の3Dモデルが展示されています。

イメージ

イメージ

VR屋内大海洋劇場ファンタジアム

このエリアでは、イルカやアシカのショーをしていた劇場がバーチャル化されており、京急油壺マリンパークの最終日の公演の動画を見ることができます。

イメージ

イメージ

想い出館

ここでは、京急油壺マリンパークの建設当時の貴重なアルバム資料や過去のパンフレットなどのアートワークに、クラウドファンディング支援者の写真やメッセージが展示されており、新たにデザインされた空間で、京急油壺マリンパークの積み重ねてきた歴史や想い出を追体験することができます。

イメージ

イメージ

まとめ

昨年9月に閉館した「京急油壺マリンパーク」が、VR空間に再オープンしています。

この試みは、京急電鉄などが主催する水族館バーチャル移転プロジェクトにより行われたもので、同水族館の思い出や展示を追体験することができます。

ぜひ遊びに行って、懐かしの水族館を体験してみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む