VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 日本発の3Dアバター向けファイル形式VRM1.0が正式リリース&新機能解説動画公開

日本発の3Dアバター向けファイル形式VRM1.0が正式リリース&新機能解説動画公開

一般社団法人VRMコンソーシアムは、2022年9月22日、同法人が提している3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン1.0を正式にリリースしたことを発表しました。

また、9月23日には、同バージョンの新機能を紹介するVRMワークショップが生配信されました。



「VRM」とは?

「VRM」は、VR時代の3Dキャラクター・アバター使用を想定した、プラットフォームに依存しない日本発の3Dアバター向けファイル形式です。

2018年に開発されて以降、「バーチャルキャスト」や、3Dキャラクター制作ソフトウェア「VRoid Studio」やメタバースプラットフォーム「cluster」など、様々なアプリケーションやサービスに対応してきました。

vrm.devより引用

VRMの特長

従来の3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加え、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を加え、環境により異なるスケールや座標系などを統一しています。

これにより3Dアバターが配信・ゲームなど様々なプラットフォームで使用することを可能にします。

また、人が操作して人格を演じるアバターの特性を考慮して、「他人が使用しても良いか」、「暴力表現をしても良いか」、などのアバター特有の権利までもファイルに埋め込むことが可能となっています。

今後の展開として、3Dモデルの権利保護の機能を兼ね備え、アイテムやアバターの着せ替え販売を実現するなど3Dモデルが流通する際の標準フォーマットを目指しています。

詳細:VRMの技術仕様

バージョン1.0について

今回リリースされた「VRM」 バージョン1.0は、現在広く使われているバージョン「VRM 0.x」の課題やエラーを修正し、必要される機能が追加されたたバージョン。

現時点では、Unity用ライブラリ「UniVRM」、「バーチャルキャスト」、3Dデータ共有サービス「THE SEED ONLINE」(一部制約あり)、3Dキャラクター投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」に対応しています。

新しくなったVRMのポイント

バージョン1.0では、新機能が追加されたり、細かく設定ができるようになるなどの改善がされています。

また、この改善点や新機能について、ワークショップ形式でポイントの解説が9月23日にオンラインで実施されました。

新たな機能など

Constraint機能が使用可能に

カプセルコライダが使用可能に

SpringBoneのコライダとしてカプセルコライダを使用可能になりました

標準ライセンスの明確化

標準ライセンスが明確になり、VRMパブリック・ライセンス文書1.0が策定されました

ライセンス条件フラグの細分化

標準ライセンスの明確化と合わせてライセンス条件フラグが細かくなりました

ローカル軸の保持が可能に

ローカル軸の保持が可能になり、正規化強制条件が撤廃されました

HDRへの対応

HDRに対応しました

表情の標準定義の追加

表情の標準定義が追加・整理されました



VRMワークショップを配信開催


VRMワークショップとして9月23日には、
「VRM1.0を使ってみよう!新しくなったVRMのポイント解説」
が生配信されました。

本番組は、VRMコンソーシアムYoutubeチャンネルにて公開されています。

チャンネル:VRMコンソーシアム公式チャンネル

まとめ

VRMコンソーシアムが、3Dアバター向けファイル形式「VRM」のバージョン1.0を正式にリリースしました。

また、9月23日にはVRMが1.0でどのように変わり、どのようにセットアップすればよいのかを、識者がわかりやすく解説するオンラインワークショップ形式で生配信が行われました。

この番組は、公開されているので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む