VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「プライベート・メタバース・サービス」リリース!オリジナルのメタバースを創造

「プライベート・メタバース・サービス」リリース!オリジナルのメタバースを創造

株式会社ステークホルダーコムは、企業や学校・団体を対象に、独自仕様による仮想空間環境の企画や3Dコンテンツデザイン制作・アプリ開発・保守運用のすべての工程をワンストップで行う「プライベート・メタバース・サービス」を提供開始したことを発表しました。



「プライベート・メタバース・サービス」提供開始

「プライベート・メタバース」とは、ステークホルダーコム社が考える3D仮想空間の一つの概念を指しています。

今回提供が開始されたサービスは、企業や学校・団体をターゲット顧客としており、

・独自仕様による仮想空間環境の企画

・3Dコンテンツデザイン制作

・アプリ開発

・保守運用

というすべての工程を”ワンストップ”で提供する点が、大手プラットフォーマーが展開するメタバース空間とは一線を画しています。

「プライベート・メタバース・サービス」のメリット

本サービスを利用するメリットは

顧客が追求するメタバースの概念を独自性と可用性を損なうことなくスピーディに実現させること

です。

ステークホルダーコム社では、同社がこれまでに培った「XR(AR,MR,VR)」、「AI」「3Dコンテンツ」などの開発/制作ノウハウを活用し、オリジナルメタバース空間の開発を手掛けたいとしています。



第一弾は「教育×メタバース」

教育分野のデジタル化を支援

ステークホルダーコム社では、教育分野において豊富なアプリ・システム開発経験を有しており、本サービスの第一義のテーマとして「教育×メタバース」を選定しています。

遠隔&リモート学習、通信制、院内学習、不登校、外国語学習など、教育現場において「プライベート・メタバース・サービス」を活用することで『あたらしい学びの場』を創造することができます。

そこで、本サービスのショールームとしてプロトタイプ版アプリが試作開発されています。

プロトタイプ版の基本設計概念は「あたらしい学びの場~VR教室~」となっています。

「あたらしい学びの場~VR教室~」プロトタイプ版を紹介

紹介動画はコチラ⇒「あたらしい学びの場~VR教室~

「あたらしい学びの場~VR教室~」には、以下の機能が搭載されています。

・先生や生徒を自由に選択できる”アバター選択機能”

・複数名で同時に発話できる”リアルタイム発話機能”

・発音に合わせた最適な口の動きが自動的に表現される”リップ・シンク機能”

・動画教材や教材資料を先生と生徒全員で共有できる”バーチャル黒板機能”

・挙手や動作が反映される”キャラクターモーション機能”

プロトタイプ版を試用して「デモ授業」を実施することも可能となっています。

問い合わせはステークホルダーコム社まで。

まとめ

独自仕様による仮想空間環境の企画から、3Dコンテンツデザイン制作・アプリ開発・保守運用までをワンストップで提供できるサービスとして、「プライベート・メタバース・サービス」がステークホルダーコム社から提供開始されています。

第一弾として教育分野のデジタル化支援に注力しており、プロトタイプ版アプリが試作開発されています。

メタバースが教育現場にもどんどん進出することで、住んでいる地域などの枠を超え教室が世界に広がるようで、どのような学びが得られるのかワクワクと期待感が高まるニュースですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む