VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022」情報解禁!10/26開幕

「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022」情報解禁!10/26開幕

イメージ

2022年10月26日(水)~31日(月)に開催される「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022(バーチャルハロウィーン)」の、詳細情報が公開されています。

同イベントは今年で3回目で、今回も例年に引き続き、期間中を通していつでもハロウィーン気分を満喫できるアトラクションコンテンツが多数用意されています。



今年のバーチャルハロウィーン情報解禁

今月26日~31日に開催される「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022」は、KDDIや渋谷未来デザインらで構成される同実行委員会が主催、渋谷区の後援のもと行われる毎年恒例のバーチャルイベントで、cluster上の渋谷区公認配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」にて開催されます。

今年は約16社の企業やパートナーと共に

「Culture Crossing -渋谷と世界が交差する-」

というテーマを掲げており、日本のポップカルチャーとテクノロジーを融合させた新たなエンターテイメントが渋谷から世界へと発信されていきます。

期間中にはハロウィーン気分を満喫できるアトラクションコンテンツが多数登場し、バブ"MONSTE R BUBBLE"の巨大バスタブや、最新の"トヨタカローラスポーツ"がハロウィーンに合わせて街中に出現するほか、参加者が貞子アバターに変身して街を徘徊したり、黒ひげ危機一発が体験できたりと、日本発のクレイジーなコンテンツが展開されていきます。

また、 多数のアパレルブランドを全国展開するパルによる、ファッションエリアの期間限定公開といった渋谷の街らしいファッションコンテンツも楽しめます。

イメージ

イベント公式サイト

公式Twitter(@shibuya5g)

公式Instagram(@shibuya5g)

YouTube(渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト)

懐かしの乗り物も再現

今回は、昭和26年からわずか2年間だけ渋谷の街の上空で運航されていたケーブルカー「ひばり号」が、ハロウィーンだけの期間限定でバーチャル渋谷に再現されます。

イメージ

運航当時の実際の「ひばり号」

ここでは実際にケーブルカーに乗車し、バーチャル渋谷を空中散歩しながらハロウィーン仕様の街並みを見下ろすことができ、さらに乗車回数1回ごとに、運航当時の運賃10円が実際の渋谷の街に寄付されていく予定になっています。

イメージ

再現された「バーチャルひばり号」

日英対応可能なコンシェルジュも募集

また、昨年実証実験として延べ145人を公式スタッフとしてバーチャル空間に配置した、三井物産グループのMoon Creative Lab Inc.が運営する「メタジョブ!」も参戦しており、今年は先月ローンチされたジョブマッチングシステムの登録者から、日英対応できるスタッフの募集を行っています。

採用されたコンシェルジュは来場者に対して操作方法やイベント情報の案内、さらに写真撮影などをすることで、参加者がバーチャル空間をより楽しめるようサポートしていきます。

それと同時に、メタバース内で働くという、場所の制限や対面での接触といった様々な障壁を超える新たな働き方を提供していきます。

イメージ

世界初のNFTプロジェクトも始動

さらに今回のイベントと同時期にリアルの渋谷では、世界中の都市をXRで拡張するプロジェクト「リアルメタバースプロジェクト」の一環として、空間をNFT売買可能にする「BOSO SCRAMBLE」が開催されます。

場所は渋谷スクランブル交差点で、期間は今月15日(土)~11月13日(日)。

この場所でSTYLYアプリを起動すると、XR化された渋谷スクランブル交差点が”スロット”になって映し出され、さらに「BOSO SLOT」をプレイすると豪華景品が当たるキャンペーンも実施予定になっています。

イメージ

詳細情報(公式)

BOSO SCRAMBLEについて(公式)



展開アトラクションの情報も公開

今回の情報解禁で、展開されるアトラクションの内5つの情報が公開されています。

バブ MONSTER BUBBLE Meta Bath&Jet Splash

このアトラクションは花王が協賛しているもので、ハロウィーン仕様の「バーチャル渋谷」スクランブル交差点に巨大なバスタブが出現し、入浴剤のバブが体験できます。

イメージ

来場者は巨大なバスタブに浸かって、炭酸のジェット発泡や緑・青・赤と色とりどりに変わる湯面を楽しみながら、幻想的なバーチャル入浴タイムを過ごすことができ、またSHIBUYA109店前のバスタブでは、ジェット発泡が噴き出し、自身が上空に打ちあがるアトラクションも用意されています。

さらに26日(水)には、リアルな渋谷の街で「バーチャル渋谷」と連動したイベントも開催が予定されています。

イメージ

カローラシリーズ ハロウィーンワールド

このアトラクションは自動車メーカーのトヨタが協賛しており、期間中はバーチャル渋谷にカローラシリーズハロウィーンワールドがオープンします。

ここでは、オレンジマイカメタリックカラーに輝く最新のカローラスポーツが飾られた非日常な空間を楽しむことができ、またワールドの公開を記念してトヨタ公式Twitterにて、ハロウィーン壁紙キャンペーンも開催されています。

キャンペーンでは、特設サイトからなりたいキャラクターを選択し、

「#カローラシリーズ」

「#ハロウィーンワールド」

をつけてツイートすると、自身のアイコンがハロウィーンキャラクターに変身した壁紙がプレゼントされます。

イメージ

貞子DX MODIエリアジャック

このアトラクションはKADOKAWAが協賛しており、今月28日(金)公開の映画「貞子DX」とのコラボで実現しています。

ここでは期間中、バーチャル渋谷内のMODIエリアを貞子がジャックし、エリアに入場すると全参加者のアバターが自動で貞子に変身。

貞子アバターで埋め尽くされたちょっぴり怖い空間で、写真を撮ったり徘徊したりと、日本らしさ漂う一味違ったハロウィーンが体験できます。

イメージ

パルクローゼット ファッション展示会

このアトラクションはファッション大手のパルが協賛しており、ファッション通販サイトの「パルクローゼット」がファッション展示会を開催します。

ここでは、今シーズンおすすめのコーディネートが部屋中に勢揃いし、バーチャル空間でもまるでリアル店舗のような体験ができます。

気に入ったコーディネートは通販サイトでもチェックすることが可能で、さらに来場者限定でもれなくユニバーサルコラボアバターもプレゼントされます。

なお、このアトラクションのみ11月8日(火)まで公開されます。

イメージ

メタバース 黒ひげ危機一発

このアトラクションは、玩具メーカーのタカラトミーが協賛しており、今年9月15日(木)にcluster内にオープンした新ワールド「メタバース 黒ひげ危機一発」への特別な入り口が、期間限定でバーチャル渋谷に登場します。

イメージ

この空間にもかぼちゃなどが飾られており、海賊たちが集う船着場エリアはハロウィーンの雰囲気に変わっています。

ここでも黒ひげアソビを楽しむことができ、ハロウィーンのワクワクに加えて、ハラハラドキドキ感覚が味わえます。

イメージ

まとめ

今月26日~31日に開催される、「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022」の詳細情報が公開されています。

ここでは、空中散歩が楽しめるケーブルカー「ひばり号」などの期間中いつ来ても楽しめる、日本発ハロウィーンアトラクションがたくさん用意されており、また海外観光客もサポートできる、日英対応可能なコンシェルジュも募集されています。

今年のハロウィーンも、ぜひバーチャル空間で楽しんでください。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む