VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > 「超建築メタバース」本格始動!一級建築士と作るメタバース住宅展示場

「超建築メタバース」本格始動!一級建築士と作るメタバース住宅展示場

イメージ

株式会社クリーク・アンド・リバー社が、一級建築士が実際の建築データを基に設計開発したメタバース空間での住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」を、2022年11月より本格的に提供開始しています。

すでに今秋のメタバース関連展示会で活用され始めており、現在ハウスメーカーやディベロッパー、工務店などでの導入提案が進んでいます。



「超建築メタバース」11月から本格始動

今回発表された「超建築メタバース」は、クリーク・アンド・リバー社(C&R社)が提供する住宅展示場プラットフォームで、同社が提供しているVRやDX技術を駆使して、建築士・工務店と注文住宅を建てたい人の双方をVR空間で結び付けるVR建築展示場「XR EXPO」のノウハウを基に、

「すぐにつかえるメタバース」

をコンセプトとして、一級建築士と共同で開発されています。

細部までこだわった建築が可能

C&R社では、このメタバース住宅展示場内に設置するVRモデルハウスを、1棟から設計・構築することも受け付けており、そのVRモデルは、実際の住宅建築とメタバース空間でのクリエイティブを熟知した一級建築士(メタバース建築士)が監修し、また

・建材や家具

・インテリア

などの素材感や質感といった細部にまでこだわった、高品質の住宅を再現していきます。

費用については、リアル住宅展示場での1棟あたりの建築費は約1億円と言われている中、このVRモデルハウスでは約15分の1の費用とされており、最短約2カ月での建築が可能となっています。

イメージ



モデルは2タイプが存在

この「超建築メタバース」では、出会う楽しさとコミュニケーションを大切にしたリアル住宅展示場の発展形である「ランドスケープモデル」と、物件1つ1つを整理して吟味できる展示会の発展形である「ミュージアムモデル」の2つのモデルが用意されていて、さらにニーズに応じたカスタマイズも可能になっています。

カスタマイズでは、住宅以外でも希望にあわせた本格的なメタバース展示場の構築が可能で、また期間限定でのレンタル利用もすることができ、イベントなどでも活用することができます。

ランドスケープ モデル

このモデルは、

・楽しさ、やわらかさ、おもてなし

をコンセプトにしており、来場者は歩き回って散策したり、不規則に変わる風景の楽しさやナビゲーターと出会う楽しさを体験することができます。

そのため、ハウスメーカーやデベロッパー、イベント運営会社向けのサービスになっています。

イメージ

イメージ

イメージ

ミュージアム モデル

このモデルは、

・クラス感、シャープさ、重厚感

をコンセプトにしており、来場者が整然とした空間を自由に閲覧し、複数棟をカタログ的に比較できるほか、また個別商談スペースの設置や模型閲覧も可能という点が特徴になっています。

このサービスは、建材メーカーや家具メーカー向けとなっています。

イメージ

イメージ

問い合わせはC&R社建築グループ プロデュースディビジョン(xr_expo@hq.cri.co.jp)まで。

公式サイト

まとめ

クリーク・アンド・リバー社が、「超建築メタバース」を本格始動させています。

このサービスは一級建築士と設計するメタバース展示場になっており、「すぐにつかえるメタバース」をコンセプトに、細部まで再現したVRモデルの建築が可能になっています。

すでに今秋の展示会などで活用されているということもあって、これから不動産・建築業界の注目を浴びそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]









VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む