VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVRユーザはPS4ではなくPS4 Proを選ぶ傾向があることが判明

標準のPS4よりも高性能なPS4 Pro

標準のPS4よりも高性能なPS4 Pro

現在のところ唯一の家庭用ゲームコンソールをベースとするVRヘッドセット、PSVR。このヘッドセットを使ってVRゲームを遊ぶには、ソニーの販売するPlayStation 4またはPlayStation 4 Proが必要だ。

PS4とPS4 Proの基本機能は同じで、遊べるゲームも(VRゲーム・非VRゲームとも)共通している。しかし、PS4 Proは標準のPS4よりも処理能力が高く、その分価格も高くなっている。

ソニーのデータによれば、PSVRユーザはPS4ではなくPS4 Proを選ぶ割合が全体に比べて大きいという。

PlayStaion Moveの人気

ソニーのシューティングコントローラー

FPSに適したソニーのシューティングコントローラー

PlayStation Moveを増産

現在、ソニーがVRゲームのプレイヤーに向けて提供しているコントローラーは三種類ある。PS4標準のコントローラーDUALSHOCK 4、ハンドトラッキングコントローラーとして使われるPlayStation Move、そしてライフルのように構えることができるPlayStation VRシューティングコントローラーだ。

この中で最も新しいのはPSVR専用FPSタイトル『Farpoint』と同時に発売されたシューティングコントローラーだが、ソニーが現在力を入れているのはPS Moveの方らしい。オリジナルのゲームを開発する必要があって対応可能なゲームが限られるシューティングコントローラーよりも、ハンドトラッキングコントローラーとして使えるPS Moveの方が汎用性は高い。

使用頻度の高いPS Move

シューティングコントローラーと異なり、PS Moveは多くのVRゲームでコントローラーとして採用されている。ソニー・ロンドンスタジオのStuart Whyteが語ったところによれば、これまでにリリースされたPSVRタイトルの3分の2はPS Moveに対応しているか、PS Moveが必須のタイトルだという。

PSVR向けに新たに開発されるVRゲームでPS Moveをコントローラーとして採用するものが増えていることに加えて、HTC ViveやOculus Rift向けに開発されたハンドトラッキングコントローラーを使うゲームが積極的に移植されている影響も大きいようだ。

ソニーはこの動きを歓迎しており、ハンドトラッキングコントローラーを必要とするPCベースVRゲームの移植を促すためにPS Moveの生産体制を整えているという。

PS Moveは最初からVRゲームのためのコントローラーとして設計されたわけではなく、任天堂のWiiリモコンに対抗するモーションコントローラーとして開発されたデバイスだ。PS3用のアクセサリとして登場した当時はあまりユーザを獲得できなかったが、PSVRのコントローラーという新たな役割を見出されている。

ユーザの多いPSVR

PSVRとスカイリムのバンドルパッケージも発売される

人気ゲームのVRバージョンがPSVRに登場する

デベロッパーの期待

HTC ViveやOculus RiftといったPCベースのVRヘッドセットを利用するユーザも増加を続けているが、まだまだ市場規模は小さい。家庭用ゲームや一般の非VRPCゲーム市場に比べればユーザはわずかだ。いくつかのタイトルによってVRゲームを開発して大きな利益を上げることも不可能ではないと証明されているが、簡単なことではない。

その点、PSVRのユーザは多い。PS4所有者の総数から考えると少なく見えるかもしれないが、PSVRは少なくとも100万台が販売されている。PC版である程度の売上があったVRゲームをPSVRに移植すれば、労力以上のリターンが得られる可能性は高いと言えるだろう。

PS4 ProユーザはPSVRも購入している

PS4 Proは標準のPS4よりも高性能なゲーム機だが、値段も高くなっている。1TBモデル同士を比べると現時点で価格差は約1万円あり、PS4用・PSVR用のゲームが遊びたいだけなら必ずしもPS4 Proを選ぶ必要はない。ハードへの出費を安く抑えたいなら、PS4の500GBモデルを選ぶのが最も価格が安い。

Whyteによれば、販売される5台のPS4のうち1台がPS4 Proだという。だが、PSVRのために購入されるPS4に限ればその割合はさらに大きくなるようだ。

PSVRユーザはゲームへの出費を惜しまない?

PSVRを購入するユーザの何割がPS4 Proを選んでいるのかは定かではないが、彼らは一般のPS4購入者に比べてPS4 Proを選ぶ傾向にあるらしい。このことは、PSVR用ゲームを開発するデベロッパーの後押しになるかもしれない。

より安く同じゲームを遊べるデバイスがあるにも関わらず高価なPS 4 Proを選ぶユーザであれば、優れたVRゲームに対しての出費を惜しまないのではないかと考えられるからだ。

PSVRにPC用のVRゲームを移植するとなると制約も多いが、参入に挑戦する価値があるプラットフォームであることは間違いない。

 

参照元サイト:Gamesindustry.biz
参照元サイト:Upload VR

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む