VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【PS VR専用】5月24日よりVR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』を独占無料配信!

2017/05/19 17:45

    『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』画面イメージ

    『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』画面イメージ

    5月24日(水)より、映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の世界を体感できるスペシャルVR映像コンテンツ『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』を、PlayStationRVR独占で無料配信が行われることが発表された。

    『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』について

    累計販売本数7,700万本を超える、サバイバルホラーゲームの代名詞「バイオハザード」シリーズ。

    今回配信が決定したVR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』では、5月27日(土)より全国公開されるフルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』の世界を、VRならではの臨場感で体感することができるとのことだ。

    このスペシャルVR映像の視聴者は、映画の舞台となるニューヨークで発生するウィルス感染に巻き込まれてゾンビになり、「バイオハザード」シリーズの人気キャラクター、クリスとレオンに襲い掛かっていくという、これまでにない"ゾンビ目線"のVR体験を味わえるのだ。

    ニューヨークで巻き起こる大スケールのパンデミックと、クリスとレオンによる映画さながらの華麗なアクションシーンの先に待ち受ける結末を、PS VRで楽しもう。

    BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience

    『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』タイトル画像

    ・配信元:マーザ・アニメーションプラネット

    ・フォーマット:PlayStation4

    ・配信日:2017年5月24日(水)予定

    ・価格:無料

    ・CERO:対象外(CERO対象外だが、15歳以上対象のコンテンツとなっている)

    ※PlayStationVR専用

    PlayStationRVR公式サイトはこちら

    フルCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』、5月27日(土)より全国公開!

    フルCG長編アニメ映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』タイトル画像

    最新作『バイオハザード7 レジデント イービル』を加え、累計販売本数7,700万本を超える「バイオハザード」シリーズの世界観をベースに、歴代ゲームに登場した人気のキャラクターたちや、不気味な存在を醸し出す映画オリジナルの新キャラクターたちが、予測不可能なバトルを繰り広げる。

    「バイオハザード」シリーズをハイクオリティCG技術で描く、最新のフルCG長編アニメーション映画最新作!

    アニメーション制作は、『キャプテンハーロック』『MOOM』など、フルCGアニメーションにおいて今注目を集めるマーザ・アニメーションプラネット。

    映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』公式サイトはこちら

    ストーリー

    対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報をもとに、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。

    一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。

    事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。

    その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。

    協力を求めるため、新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」所属のレオン・S・ケネディのもとへ向かうクリス。

    再会を果たした2人は、アリアスの真の目的が"バイオテロ"だと掴み、その策略を阻止するため、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。

    スタッフ

    エクゼクティブ・プロデューサー:清水 崇
    映像制作会社シャイカー所属。大学で演劇を専攻し、3分の自作映像を機に監督デビュー。

    ホラー映画『呪怨』がヒット。サム・ライミ監督プロデュースでハリウッド・デビューし、全米1位を記録。

    ホラーを中心に、コメディ、SF、ファンタジー、ミステリーなどを手掛け、近年はプロデュースも兼務している。

    近作は、実写版『魔女の宅急便』や3D科学映画『9次元からきた男』など。2017年は、新たな監督作『ブルーハーツが聴こえる』や『こどもつかい』の劇場公開も控えている。

    監督:辻本貴則
    1998年に自主映画製作チーム「T3AAエンターテイメント」を結成。低予算でありながら、精力的かつ迫力あるアクション映画を自ら制作し、数々の賞を獲得した。

    その手腕を高く評価され、オムニバス映画『KILLERS キラーズ』で商業映画監督デビューを果たす。

    主な代表作は、「THE NEXT GENERATION パトレイバー」シリーズ、『BUSHIDO MAN:ブシドーマン』、ドラマ『HiGH&LOW Season2』など多数。

    脚本:深見 真
    2000年に富士見ヤングミステリー大賞を受賞し、小説家デビュー。また、角川Next賞、漫画原作やアニメ企画の分野でも受賞歴多数。

    虚淵玄氏との人気アニメシリーズ「PSYCHO-PASS サイコパス」の脚本(一期・劇場版)を担当し、リアリズムなミリタリーアクションやストーリー描写が高く評価されている。

    現在も人気作家の1人として『ゆるゆり さん☆ハイ!』シリーズ構成、TVアニメ『ベルセルク(2016)』シリーズ構成など、アニメ作品やゲーム、漫画原案なども多く手掛けている。

    音楽:川井憲次
    バンドのギタリストとして活動した後、押井守監督作品の映画『紅い眼鏡』で作曲を担当。

    以降も「機動警察パトレイバー」のTVアニメ、劇場版シリーズや劇場版『攻殻機動隊』の楽曲を創作し、押井作品に欠かせない作曲家。

    現在も幅広いジャンルや、海外のエンタテインメント作品への曲の提供を行なっている。

    代表作は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』『東のエデン』『DEATH NOTE』『花燃ゆ』『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』など多数。

    原作監修:小林裕幸(カプコン)
    株式会社カプコンのプロデューサー。

    1995年、カプコンにプログラマーとして入社。

    ゲーム『バイオハザード』『ディノクライシス』などの開発に携わった後、「バイオハザード」シリーズ、「戦国BASARA」シリーズ、「ドラゴンズドグマ」シリーズなど、さまざまなタイトルのプロデューサーとして、企画部分からプロモーションまで手掛ける。

    ゲーム以外にも映画「バイオハザード」シリーズ、TVアニメ『デビルメイクライ』、TVアニメや舞台、実写ドラマなど多岐にわたって展開されている「戦国BASARA」シリーズにも参加している。

    © 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

    参照元:PS BLOG


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む