VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ソニーがアメリカでPSVRとスカイリムのバンドルパッケージを発表

2017/11/08 19:54

新型PSVRとスカイリムのバンドル

発表された新型PSVRとスカイリムのバンドル

ソニーのPSVRは、HTC ViveやOculus RiftといったPCベースのVRヘッドセットと比較すると安価なデバイスだった。ViveやRiftは本体とコントローラーが8万円から10万円程度で販売されており、動作させるには本体の他に高性能なゲーミングPCを用意する必要があったため、PSVRを使ったVRシステムに比べて構築の総額が大きかったのだ。

しかし、最近ではPCベースVRシステムとの価格差が小さくなっている。HTCもOculusも自社VRデバイスの値下げを行っており、Oculus Riftに至っては通常価格が5万円まで引き下げられた。これはPSVRとほぼ同じ金額だ。PSVRの通常パッケージにはコントローラーとなるPS Moveも付属していないため、Riftの方が安いと言うこともできるだろう。

価格の優位性が失われつつある中、PSVRの購入者が大きく増えそうな人気タイトルのVRバージョンがPSVR専用タイトルとして発売される。11月17日に発売される『Skyrim VR』だ。このタイトルを遊びたくてPSVRを購入するという消費者のために、ソニーは新たなバンドルパッケージを発表した。

Skyrimバンドルパッケージ

新型PSVR

マイナーチェンジされた新型PSVR

パッケージ内容

今回ソニーが発表したPSVRとスカイリムのバンドルパッケージには、VR版スカイリムを遊ぶのに必要なVRデバイスのセットが含まれている。

つまり、PlayStation VR本体(新モデルのCUH-ZVR2)、PlayStationカメラ、PlayStation Moveコントローラー、Skyrimの本編と3つのDLC(Dawnguard、Hearthfire、Dragonborn)に対応する内容を含むSkyrim VRだ。

PS4とテレビで既にゲームをしているユーザであれば、このパッケージを購入するだけでVR版スカイリムを遊べてしまうセットとなっている。さらに、全13本のVRゲームの体験版が含まれた新たなデモディスクもセット内容に含まれるという。

予約購入

バンドルパッケージの発売日はVR版スカイリムの発売日である11月17日だが、Amazon.comでは既に予約の受付も開始している。価格は449ドル(5.1万円)で、PSVRとPS MoveやSkyrim VRを個別に購入した場合と比べて60ドル(6,825円)ほどお得になる。

スカイリムのためにPSVRを購入する、あるいはPSVRを買ったらスカイリムも買う予定だという消費者にとってはベストな選択肢となりそうだ。今月中の発売ということでクリスマスにも間に合うため、アメリカの家庭でプレゼントとしてこのパッケージが贈られることも多くなりそうである。

新型PSVR

少しだけ快適になった新型PSVR

少しだけ快適になった新型PSVR

旧型からの変更点

ソニーが先月発表したPSVR初のマイナーチェンジモデルCUH-ZVR2。PSVR 2に当たる全く新しいデバイスというわけではなく、初代CUH-ZVR1を少し扱いやすくしたモデルだ。もちろん全てのPSVR用コンテンツが両モデルで利用可能である。

大きな変更点としては、イヤホンがヘッドセット本体と統合されたことが挙げられる。上図で見られる外付けのイヤホンがなくなったため、ケーブルを煩わしく感じることも少なくなるはずだ。

また、わずかな軽量化やHDRパススルーのネイティブサポート対応も行われている。

バンドルの変更

11月17日に発売されるSkyrim VRとのバンドルでは、新型であるCUH-ZVR2が選ばれたようだ。既にCUH-ZVR1を所有するユーザがあえて買い換えるほどの変更が行われているわけではないが、新たにPSVRを購入するならば型番を確認するのが良いだろう。

同時期(11月10日)に発売されるPSVRと『グランツーリスモSport』のバンドルにも同じくCUH-ZVR2が含まれるが、公開されたパッケージ画像ではCUH-ZVR1と書かれているようにも見える。これは新モデルの発表タイミングによって起きてしまったズレだと思われる。

クリスマス商戦の主力に?

スカイリムは、非VRバージョンが世界的に大ヒットしたタイトルだ。Steamでの発売は2011年で6年前のゲームであるにも関わらず、現在も多くのプレイヤーがいる。2016年にはグラフィックの改善や細かな仕様変更が行われたSpecial Editionも発売されたが、MODの制作は旧版でも続いているようだ。

データ量が膨大で自由度も高いゲームだけにバグが多いといった難点もあるが、非常に愛されているゲームであることは間違いない。このタイトルの発売を楽しみにしているPSVRユーザや、発売されればPSVRを買うという消費者も多いはずだ。

今回発表されたバンドルも含め、スカイリムは2017年ホリデーシーズンに注目されるPSVRタイトルとなるだろう。

 

参照元サイト:Road To VR
参照元サイト:Amazon.com

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む