VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVR シンガポールのインディーズチーム「Gattai Games」が手掛ける、音がテーマの全く新しいホラーゲーム!『Stifled』

先日行われた東京ゲームショウに展示されたPSVR対応ホラーゲーム「Stifled」が今まで見たこともないような全く新しいVRホラーゲームということで非常に注目を集めています。

今回は「Stifled」の今わかっている情報をまとめそれからPSVRで遊べる他のホラーゲームを紹介して比較してみたいと思います。

PSVRの新作ホラー『Stifled』は音がテーマの全く新しいホラーゲーム!

「Stifled」はシンガポールのインディーゲームデペロッパーの「Gattai Games」からリリース予定のVR対応ホラーゲームです。casual conect asia2017でベストイノベーションゲーム賞など4つの賞を取り、他にもGAMESTART ASIAなど様々なインディーゲームの賞を取り注目を集めています。

さて、その注目のワケとはどのようなものなのでしょうか。

音をテーマにしたホラーゲーム

本作は音をテーマにしたホラーゲームでプレイヤーは何も見えない暗闇の空間でスタートし、自分の立てた音によって周囲の空間のオブジェクトの輪郭をとらえることが出来ます。

音の種類はVRのヘッドマウントディスプレイに内蔵されたマイクからプレイヤー自身が声を出したりして発せられた音であったり、トレイラーでも確認できる通り電話機のコール音やモノを投げて跳ね返って発せられるようなオブジェクトから鳴る音など様々。

しかし、音を立てていれば暗闇が見えて簡単に進めるというわけではなく、暗闇の中にはおどろおどろしいクリーチャーが潜んでいて、彼らもまたプレイヤーの発する音を頼りに忍び寄ってきます…。

本作の主人公がなぜ音を頼りに進まなければいけない暗闇の世界に閉じ込められたのか分かりませんがこれによりプレイヤーの視界は制限され、「Stifled」というタイトルの文字通り、息苦しさを感じるようなひりひりとする恐怖体験が出来るようになっています。

VRホラーのなかでは「バイオハザード7」の様に直接的なゴア表現などのホラーが増えている一方で、今までになかったようなあえて視界を制限することで「見えない」恐怖を実現した新しいタイプのVRホラーとして注目できますね。

発売予定日の詳しい日付は決まっていませんが、今年の末ごろ、対応プラットフォームはHTC VIVE Oculus Rift OSVR そしてPSVRとなっています。

その他PSVRお勧めホラーコンテンツはこれだ!

ココからは「Stifled」の他にもPSVRで注目したいお勧めのVRホラーゲームをちょこっと紹介して、「Stifled」に備えていきたいと思います。

眠れぬ魂

貞子でおなじみの「リング」や「らせん」を代表するような日本のホラー映画、所謂「Jホラー」に大きな影響を受け制作されたVRホラーゲーム。

実写を用いた映像体験で、VRならではのインタラクションで物語の結末が変化するマルチエンディングを導入し、ホラー映画ともホラーゲームとも違うような全く新しい映像体験が出来ます。

日本のホラーらしい、ビックリ系ではない背後を忍び寄るような冷たいホラー体験、そして物語の結末には物悲しい過去が明かされることでしょう。

開発元が元は広告映像などテレビの映像制作を手掛けるプロダクションというだけあり映像へのこだわりがすさまじく、VRホラーで、圧倒的な映像体験を楽しみたい方にはうってつけのVRタイトルです。

ストアページはこちら

「バイオハザード7」

やはり、PSVRのホラーゲームを語るうえでは欠かせない存在だと思います。人気サバイバルホラーシリーズ「バイオハザード」の最新作で全面VR対応を打ち出しゲーム中全編がVRでプレイ可能となっています。

他にも、シリーズの原点回帰をコンセプトに制作された本作は、シリーズの中でも最も怖かったといわれる初代「バイオハザード」の恐怖感を基に開発が進められました。

原点回帰の為にゲームシステムも見直され、従来のシリーズの三人称視点のゲームから、より一層身近に恐怖を感じられるように一人称視点でFPSのゲームに生まれ変わりました。

このFPS視点がVRでプレイするうえで非常にマッチし、ゲーム内のにおいを感じられるような気分にさせるほど没入感の高いホラーゲームを作り出すことに成功しています。

ストアページはこちら

ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-

まるで誰かの悪夢に入り込んでしまったかのような体験が出来るVRらしいサイコホラーゲーム。

悪夢の中のような幻想世界を探索し、自分で物語の謎を解き明かしていくアドベンチャーの様なゲーム性。

「バイオハザード7」の様にわかりやすい物語がストーリーテリングにより提示されるゲームとは異なり、プレイヤー自身がステージを見渡し何が起きたのかを考えていくVRのインタラクションや、リアルで現実感のある仮想空間で行われているからこそできるゲーム全く新しいゲーム。

ストアページはこちら


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む