VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTC、スピルバーグ監督最新作「ゲームウォーズ」のVRコンテンツ制作独占権を取得

2017/03/28 14:08

    海外メディアUploadVRは、2017年3月27日の記事において、HTCが映画「ゲームウォーズ」のVRコンテンツ独占制作権を取得したことを報じた。

    20170328_readyplayerone_1

    映画「ゲームウォーズ」とは何か?

    2011年にアーネスト・クラインが発表したSF小説「ゲームウォーズ(原題:Ready Player One)」は、VRを題材として大ヒットした。そのあらすじは、以下の通りである。

    世界的なエネルギー危機に陥っていた2041年の世界。人々は、現実から逃避するようにして仮想現実「オアシス」に没入していた。

    ある日、「オアシス」の創始者ジェームズ・ホリデーが死亡し、遺されたビデオメッセージには「オアシスのなかに隠したイースターエッグを最初に見つけた者には、全財産を譲る」とあった。

    そのメッセージが引き金となり、オアシス内でイースターエッグ争奪戦が始まったのだが...

    同小説は、VRを題材としているだけに、かつてOculus社の新入社員全員に本が贈られるということもあった。

    以上のような「ゲームウォーズ」は、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督によって映画化され、2018年3月30日に公開される。

    「VR元年」以降でVRをメインテーマにした実写大作映画は、おそらくは同映画が初だと思われる。

    「ゲームウォーズ」のVRコンテンツはどうなる?

    2017年3月27日、HTCは映画「ゲームウォーズ」を製作・配給するワーナーブラザーズと、同映画のVRコンテンツ独占制作権に関するパートナーシップを締結したと発表した。

    同社によると、同VRコンテンツはVRエクスペリエンスとゲームのふたつの要素から構成されることになるという。

    また、VRコンテンツ独占制作権があるといっても、VIVEにのみ対応するというわけではなく、同VRコンテンツはOculus Rfitでも楽しめるものになるようだ。

    以上に述べた以上の詳細は現時点では全く不明なのだが、VRを題材としている大作映画とのコラボ作品だけに、「ゲームウォーズ」のVRコンテンツにはVRの普及を加速する起爆剤となることを期待したい。

    HTCが映画「ゲームウォーズ」のVRコンテンツ独占制作権を取得したことを報じたUploadVRの記事
    https://uploadvr.com/htc-ready-player-one/


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む