VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVR対応VRアクション「Reborn: A Samurai Awakens」2017年後半にリリース予定

Winking Entertainmentにより発表されたVRアクション「Reborn: A Samurai Awakens」は、PSVR対応のVRアクションゲームであり、2017年後半のリリースを予定している。

同スタジオは前作「Unearthing Mars」もリリースしており、VRアドベンチャーである本作はOculus RiftとHTC Viveに対応している。

「Reborn: A Samurai Awakens」とは

概要

「Reborn: A Samurai Awakens」はGeronimo Interactiveとのコラボレーションによって制作されたゲームで、同スタジオはPSVR対応FPS「Pixel Gear」を制作している。

Winking EntertainmentのブランドマネージャーであるEric Tsai氏はPlaystation.Blog.において、「Reborn: A Samurai Awakens」のストーリーやゲームプレイに関するコメントを記載している。

プレイヤーは本作の主人公である「真田 幸村(さなだ ゆきむら)」としてプレイします。彼は封建時代の有名な侍であり、本作では地球を侵略するエイリアンと戦うために復活を遂げる、という内容です。真田幸村はレーザーを装備した刀で武装し、また拳銃やサイキック能力を使うこともできます。ゲーム中、2つの手でそれぞれ異なる武器を使用することが可能で、たとえば刀と銃を使うこともできるし、片手で刀を持って、もう片方の手でサイキック能力を使うこともできます。もしくは二刀流や二丁拳銃によるプレイも可能です。

「真田 幸村」は実在した人物であり、本名を「真田 信繁(さなだ のぶしげ)」といい、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した日本の武将、大名だ。

本ゲームに登場する真田 幸村の名で広く知られており、豊臣秀吉方の武将として大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵」と評されるなどした。

特徴

「Reborn: A Samurai Awakens」では「Hack Time」という機能を使うことができ、プレイヤーが敵との近接戦闘において的確なタイミングで気絶させると「Hack Time」が作動、ゲームがスローモーションになるので、プレイヤーは戦っている敵により強力なダメージを与えることができるものだ。

また、クイックタイマーイベント(ゲーム内で画面に表示された特定のボタン・キーを入力をするイベントの一種)中のボスキャラとの戦闘が盛り込まれている。

本作はPSVRに対応ソフトで、2017年後半のリリースを予定している。

「Unearthing Mars」とは

Winking Entertainmentは今年3月に「Unearthing Mars」をリリースしており、これはOculus Rift、HTC Viveに対応したVRアドベンチャーだ。

価格は1,480円で、日本語、英語、フランス語、ドイツ語、韓国語をサポートしている。

概要

「Unearthing Mars」の舞台となるのは神秘的な赤い惑星であり、プレイヤーは墜落した衛星を回収するために送り込まれた調査チームの一員として、着陸船の航行から火星探査機の操縦、謎解きや戦闘など、様々なジャンルのゲームを楽しむことができる。

プレイヤーが乗り込むのは大型宇宙船「ヴァンガード」であり、舞台になる火星は惑星規模の巨大な砂嵐が吹き荒れており、火星着陸艇「マクシム」の着陸計画に影響を及ぼしていた。

計画の延期は1ヶ月に及び、この間ヴァンガードの乗組員たちは火星の静止衛星軌道上で予備の物資、食料、酸素、水を消費し続けていた。

このままでは物資が底をつくのは明らかであり、決断が迫られていた状況の最中、プレイヤーは指揮官のキャサリンと共に火星への着陸を決行する。

特徴

「Unearthing Mars」はプレイ時間が約2時間のインタラクション重視のVRコンテンツだ。

Steamで公開されている多くのVRゲームが英語のみの対応であるなか、本作は日本語に対応しているのも大きなポイントだ。

開発はUnreal Engine 4が用いられているので、高精細でハイクオリティなグラフィックによるゲームプレイを楽しむことができる。

また、ゲーム中の移動がポイント指定型であるため、VR酔いをしやすい人でも快適にプレイできる。

ただ、本作はVRゲームというよりもVR体験型のショートフィルムに近いため、ゲーム性を求める人にとっては物足りなさを感じるかもしれないが、VRコンテンツとしてのクオリティは高いといえる。

システム要件

「Unearthing Mars」の動作環境は以下の通り。(推奨環境)

OS Windows 7 or newer
プロセッサー Intel i5-4590 or AMD Ryzen 5 1500X or greater
メモリー 8 MB RAM
グラフィック Nvidia GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 480 or greater
DirectX Version 11
ストレージ 11 GB 利用可能
追記事項 Video output: HDMI 1.4 or DisplayPort 1.2 or newer, 1x USB 3.0, 2x USB 2.0

参照元:VRFocus

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む