VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

リコーが360°カメラ「RICOH THETA」シリーズから4K撮影対応製品を発表!事前予約受付中 - VR Inside

リコーが360°カメラ「RICOH THETA」シリーズから4K撮影対応製品を発表!事前予約受付中

     


リコーは同社の発売している360°カメラ「RICOH THETA」シリーズの新たなラインナップとして、4K動画撮影に対応した「RICOH THETA V」を投入したことを発表した。

「RICOH THETA」は2013年に立ち上げられた360°カメラシリーズのブランド名で、これまでに「RICOH THETA S」や「RICOH THETA SC」などが発売されてきた。

「RICOH THETA V」はそうした従来機種に対するハイエンドモデルという位置づけで、よりハイクオリティな360°動画を撮影できるように様々な工夫が施されているようだ。

「RICOH THETA V」は現在事前注文を受け付け中で、発送は9月中旬からとなる見込みだ。

販売価格は現在430ドル、日本では5万6700円(税込)を予定している。

「RICOH THETA V」の基本性能

シリーズ初となる4Kでの動画撮影に対応!

前述の通り、「RICOH THETA V」は4K(3820×1920ピクセル)の解像度での撮影が可能となったカメラだ。

これは「RICOH THETA S」が1920×960ピクセル、「RICOH THETA SC」が1920×1080ピクセルまでの動画撮影しかできなかったことと比較すれば、性能が大幅に引き上げられていることが伺える。

4Kで撮影可能な360°カメラ自体はこれまでにも数多くリリースされているが、「RICOH THETA V」は携帯性や取り回しの容易さという点でこれら既存のカメラに対してアドバンテージを有していると言えるだろう。

カメラから直接外部ディスプレイに出力可能!

「RICOH THETA V」の特徴は解像度以外にもある。その1つが「リモートプレイバック機能」だ。

この機能を使用することでユーザーは、「RICOH THETA V」で撮影して記録した動画を、「RICOH THETA V」から直接外部のディスプレイにワイヤレス接続でストリーミング出力することが可能となる。

これまでの「THETA」シリーズでは、開発者向けに製造された「THETA R」を除けば、カメラで録画したrawデータを一度PCにインポートし、そこで画像処理を施した後、動画として出力可能な状態にしなければならなかった。

「RICOH THETA V」はこうした作業を外部デバイスを経ずにカメラの操作だけで行えるようにし、省力化することに成功したというわけだ。

またストリーミングでの映像出力に対応しているため、移動しながらカメラ撮影を行い、その様子をディスプレイで確認する……ということも出来そうだ。

360°空間音声記録に対応した4chマイク

また「RICOH THETA V」はサウンドのクオリティにおいても進化を遂げている

カメラは4つのマイクが搭載されている「4ch」だ。4つのマイクがそれぞれの位置から音を拾うことで、360°空間音声記録が可能となっている。これによって動画の視聴中に「どこから音が聞こえてくるのか」が判別できるようになっている。

さらにオプション品である「TA-1 3D microphone」を購入することで、こうしたサウンド環境はさらに良好なものへと改善される可能性があるのだという。

ただし「TA-1 3D microphone」は現在329.99ドルと、「RICOH THETA V」単体の販売価格の約75%にも達する高価格設定となっていることが難点だ。もっともこれはローンチ前の「仮の」販売価格で、リコーのアナウンスによれば修正される可能性もある。

防水ケースも発売予定

またリコーは「RICOH THETA V」に対応したアクセサリーとして、防水ケース「Underwater Housing Case TW-1」を発売することも発表している。

水深30メートルの深さにまで耐えることが可能で、現在230ドルでの販売を予定しているという。

こちらも「TA-1 3D microphone」よりは抑えられているものの、やや高価格設定になっている印象は否めない。しかしたとえばシュノーケリングやスキューバダイビングを趣味にしている人ならば、水中で360°動画(しかも4K!)を撮影できるという性能は十分魅力的なものに映るのではないだろうか。

盛り上がりを見せる360°カメラ市場!

以上「RICOH THETA V」の機能を紹介してきた。

360°カメラ市場は市場競争が激しくなりつつある。それだけ市場の注目度が高いということだが、全体的に高性能化が進み、差別化も難しくなってきている印象を受ける。

たとえば「RICOH THETA V」と同じく携帯性に優れた4K対応の360°カメラの中でも、既に国内で発売されている製品として「Insta 360 One」の存在を挙げることができる。

こうした競合製品との競争の中で「RICOH THETA V」が勝ち残れるか、注目が集まる。

参考URL:

Venture Beat
https://venturebeat.com/2017/09/02/ricohs-theta-v-4k-camera-sports-360-degree-video-and-wireless-playback/

RICOH:THETA
https://theta360.com/ja/about/theta/v.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

池谷 翼

Writer: 大学では社会学を専攻してました。先端情報技術と社会の関わり合いに興味があり、個人的に調べています。