VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Rift史上最大のソフトウェアアップデート「Rift Core 2.0」ついにリリース!

Oculus Rift史上最大のアップデートと銘打たれたソフトウェアアップデート「Rift Core 2.0」に関しては、すでに本メディアでその内容を詳しく報じた。その過去記事においては、リリース時期が「2017年12月中」と報じており、具体的なリリース日は不明であった。しかし、2017年12月6日、ついに同ソフトウェアアップデートがリリースされた。

Oculus Rift Core 2.0のイメージ画像

待望のアップデートがついに利用可能に

Oculus Rift公式ツイッターでは、固定ツイートとして同アップデートがリリースされたことを発表している。

同アップデートの導入方法については、以下の転載した過去記事の導入方法に関する見出しを参照のこと。

なお、同アップデートは正式版ではなくベータ版である。それゆえ、同アップデートを導入したユーザは、実際に使用してみて不具合・不満があれば、開発サイドに報告するほうがよいだろう。というのも、報告した内容は、早期に何らかの対策がなされる可能性が高いからだ。

以下では、過去記事で掲載した同アップデートの詳細な内容を転載する。

より直観的な操作感を目指したRift Core 2.0

Oculus Homeの画像

Oculus Homeの画像

Oculus Riftは、現在までに数多くのソフトウェアアップデートをリリースしてきた。そのなかには、ハンドジェスチャー・コントロールを可能とするOculus Touchへの対応といった大型アップデートも含まれている。

今回のアップデートは、「Rift Core 2.0」と名付けられていることからも推測できる通り、Oculus Touch対応を上回るOculus RiftのVR体験を刷新したOculus史上最大のものとなっている。

同アップデートは、Oculus HomeOculus DashOculus Desktop Appという3つの機能とアプリの強化が言わば「柱」となっている。Oculus HomeはOculus Rift起動直後にユーザがいるVR空間、Oculus DashはOculus Homeから各種アプリを起動する拠点、そしてOculus Desktop Appはよく使うアプリの情報を集約したアプリだ。

同アップデートでは、Oculus Touchを用いた直観的な操作によって、以上の3つが有機的につながるように設計されている。つまり、Oculus Riftはもはやゲームパッドではなく、Oculus Touchでの操作に最適化されたのだ。

Oculus Home、Dash、Desktopとは何か

Oculus Home

アップデートされたOculus Homeでは、自分の部屋を飾り付けるようにHomeを自由にカスタマイズすることが可能となる。個人のセンスでHomeを飾れるので、友人とはまた違った過ごしやすい空間を作ることができるだろう。

Touchコントローラーで触れることのできるインタラクティブな家具や装飾品を自由に配置し、お気に入りの部屋を作ることができる。まさにバーチャルなプライベート空間が実現するのだ。

Oculus Dash

Oculus Dashとは、Oculus Home内でアプリの複数起動を可能とするUIのことである。その特徴はVR体験中にメニューを開けることだ。メニューはオーバーレイ表示されるため、VRゲームやコミュニケーションアプリを利用している最中にDashメニューを開くことができる。

十分なマシンスペックさえ確保されていれば、複数のVRアプリや通常のPC用ソフトを同時に実行し、VR空間でユーザにとって使いやすいようにウィンドウを配置することが可能であり、マルチタスクを前提とした作業が実現する。

さらに上の紹介動画を見るとわかるように、Oculus DashはOculus Touchでの直観的な操作に対応している。その滑らかな操作を見ると、Oculus RiftのVR空間が、また一歩SF映画の世界に近づいたと言えるのではなかろうか。

Oculus Desktop App

Oculus Destop Appの画像

Oculus Destop Appの画像

Oculus Desktop Appとは、Oculus Dashから起動できるアプリのひとつで、ユーザがよく使うアプリや情報が集約されている。その機能は、以下のような4つの機能から構成されている。

  • Oculus Update:Oculus Riftのアップデート情報、ニュース等をまとめて表示
  • Oculus Store:Oculus Riftの公式ストア。新作アプリ、セール情報等も表示される
  • Library:よく使うアプリがリスト表示されたアプリ・ライブラリー
  • Friends:友だち登録している友だちが所有しているゲーム、および最近プレイしたゲームが表示される。VRマルチプレイを実行するときに役立つだろう。

導入にはOculus Public Test Channelの登録は必要

Rift Core 2.0は来月リリースされるものも、まだ正式リリースではなく、ベータ版だ。このベータ版を試すには、Oculus Public Test Channelに登録する必要がある。登録する手順は以下。

  • 1.コンピューターでOculusアプリを起動
  • 2.設定アイコンをクリックし、[設定]を選択
  • 3.左メニューの[ベータ]をクリック
  • 4.[パブリックテストチャンネル]の横をクリックして登録
Oculus Public Test Channelの登録画面

Oculus Public Test Channelの登録画面

Oculus Public Test Channelに関するさらに詳しい情報は、こちらのリンクから閲覧するとよいだろう。

Windows 10が推奨環境

Rift Core 2.0からは、使用するPCのOSとしてWindows 10が推奨されている。

Windows 7あるいは8でも、同アップデートを実行したOculus Riftを起動することはできる。しかし、Oculus DashのマルチタスクなUIを実行するにはWindows 7および8はスペック的に不十分であり、同アップデートによって追加された新機能が使えないので注意が必要だ。

GPUに関しては、可能か限り高性能のものを導入することが望ましい。なお、Oculus Riftに対応した最小スペックのGPUおよび推奨GPUに関しては、こちらのリンクから確認できる。

また、同アップデート実行も引き続きゲームパッドでの操作は可能である。しかしながら、前述した通り同アップデートはOculus Touchでの操作を前提として設計されているので、ゲームパッドでは利用できない機能が存在する。具体的には、Oculus Homeのカスタマイズはゲームパッドでの操作に対応していない。ゆえに同アップデート実行後は、早急にOculus Touchを導入することをお奨めする。

Oculus Touch画像

Oculus Touch

大型アップデートによってOculusのVR空間がより快適に

以上のようなRift Core 2.0は、VR空間をよりリアルな空間に近づけるOculus社のたゆまぬ努力が結晶したものと言える。

ご存知の通り、Oculus社の親会社はSNSの最大手Facebookである。そして、FacebookがOculusを買収したのは、新たにVRゲームビジネスを展開することが目的ではなく、VRゲームを含めたVR空間におけるソーシャルな活動に大きな可能性を見たからである。

今回のアップデートは、Oculus Riftが提供するVR空間により長くいたいと思わせる快適さを追求したものと考えられる。そして、その快適さはバーチャルなソーシャル活動に不可欠なものだろう。Facebookは、ソーシャル体験をリアルとバーチャルの両方で提供するSNS企業という夢にまた一歩近づいたと言えよう。

ソース:UploadVR

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む