VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Sci-Fiアドベンチャー「Robinson: The Journey」HTC Viveサポートが追加!

2017/09/20 17:48

    HeaderImage

    CrytekがVR Sci-Fi アドベンチャー「Robinson: The Journey」にHTC Viveサポートを追加したことを発表した。

    HTC Viveのモーションコントローラーを使ってRobinson: The JourneyのTyson IIIの世界を楽しめる。

    HTC Vive対応バージョンはSteamにて$39.99(約4450円)でリリースされた。

    Oculus RiftバージョンをSteamで購入したプレイヤーはVive版も受け取れるようになる。

    Robinson: The Journey

    Robinson: The JourneyはDaniel Defoeの小説「Robinson Crusoe」とクラシックサイエンスフィクションにインスパイアされたアドベンチャーだ。

    プレイヤーは太陽系の外にある惑星を探索する初めての人となる。

    スペースシップ、Esmeraldaが墜落し、Tyson IIIに座礁した少年、RobinがシップのAIユニット、HIGSと一緒に惑星でサバイバルを繰り広げていく。

    Tyson IIIでの探索を続け、現れる恐竜たちと惑星に残されたクルーを発見していくうちに、RobinはTyson IIIは彼が聞かされていたようなパラダイスではないことを知る。

    CRYENGINEを使って作られたハイパーリアルなグラフィックとサウンドデザインでTyson IIIのミステリアスな世界の中に実際にいるかのような感覚が味わえる。

    特徴

    Robinson_The_Journey_screenshot_The_Longnecks

    精巧に作られた深い世界観

    ファーストパーソンの視点から惑星を探索し、プレイヤーは恐竜などの生き物たちと出会うことになり、Tyson IIIのエコシステムの中で、出てくる生き物はプレイヤーの存在に気づき反応するようになっている。

    Robinson: The Journeyは周囲の環境とのインタラクションに重点をおいて制作されており、ゲームの中のどのエリアも詳細に作られていて、プレイヤーはゲーム内をすみずみまで調べることで深い世界観とTyson IIIの知られざる秘密を楽しめる。

    ゲームはストーリーベースで進んでいき、プレイヤーが惑星を探索につれて、さまざまなことが明らかになっていく。

    自由に探索できるワールド

    どのエリアにもなにか発見するものが用意されており、踏み固められた道筋を迷いながら、アチーブメントを集めたり、レアアイテムを探したり、環境によってそれぞれ違った楽しみ方ができる。

    プレイヤーはゲーム内を自由に動きまわれる。どこにでも進め、もう一度同じ場所に戻るなど、ストーリーだけに捕らわれず、自分で進み方を選ぶことができる。

    Robinson: The Journeyにはカットシーンがなく、どのストーリーもプレイヤーの視線のままで体験でき、深い投入感をそこなうことなくゲーム全体をプレイすることが可能だ。

    美しい旅路

    Robinson: The Journeyの鮮やかなゲームワールドでプレイヤーは実際に見たことのない惑星の中にいる感覚が体験できる。

    圧倒的なグラフィック、リアルなサウンド、深い投入感、VRゲームプレイであることを忘れさせるようなスケール感覚がCRYENGINEを使って作られている。

    グラフィックフェデリティとVR

    VRはまだ発展中の媒体で、VR開発にはクリエイティブな部分とテクニカルな部分の両方で問題がたくさんある。

    Robinson: The JourneyはVRコンテンツの投入感を最大限に活かされている。

    CRYENGINEを使って、新しい機能とすでにあるツールを活用し、これらの問題を解決し、Robinson: The Journeyは現在VRで可能なかぎり最大限のハイクオリティコンテンツを提供している。

    HTC Viveサポート

    Crytek_Robinson_The_Journey_HTC_Vive

    HTC Viveサポートはリリースされたばかりの最新のアップデートで追加された。

    アップデートではHTC Viveサポートだけではなく、今まで対応していなかったOculus Touchコントローラーサポートも追加されている。

    もちろんViveのモーションコントローラーもフルサポートされ、Oculus Rift/TouchでもHTC Viveでも、ハンドモーションで今までになかった新しい形でRobinson: The Journeyを楽しめる。

    アップデートではその他バグの修正なども行われている。

    HTC Vive対応バージョンはSteamにて$39.99(約4450円)でダウンロード可能だ。

    参照元URL: https://press.crytek.com/crytek-bring-robinson-the-journey-to-htc-vive#, http://www.robinsonthegame.com/, http://store.steampowered.com/app/579820/Robinson_The_Journey/, http://steamcommunity.com/games/579820/announcements/detail/3210360883744122923

    VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む