「Robo Recall」のModにスター・ウォーズModが登場!ライトセーバーで銃弾をはじくことも可能に | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「Robo Recall」のModにスター・ウォーズModが登場!ライトセーバーで銃弾をはじくことも可能に

Oculus対応ゲーム「Robo Recall」のModのひとつとして、映画「スター・ウォーズ」をテーマとしたものが公開された。プレイ動画を見ると、ライトセーバーで敵の銃弾をはじくところまで忠実に再現されている。

海外メディアUploadVRは、2017年4月4日、「Robo Recall」のスター・ウォーズModを紹介した。

20170405_robomod_1

Robo Recall Modとは

「Robo Recall Mod」とは、人気Oculus対応ゲーム「Robo Recall」のゲームを、ユーザーが自由に改変したVRコンテンツのことである。

同ゲームの開発元Epic Gamesは、先月の同ゲームのリリースと同時に、Modが開発できるようにするツール一式も無料でリリースした。

このMod開発ツールを使えば、武器や敵のカスタマイズはもちろんのこと、ゲームマップまでも改変できるようになっている。

こうしたMod開発の推奨は、ゲームエンジン「Unreal」も開発している同社らしいユーザーへのサービスと言える。

広がるRobo Recall Modの世界

同ゲームとMod開発ツールがリリースされて約1ヶ月が経過したが、早くもMod文化が華開く兆しがある。

海外メディアUplaodVRは、同ゲームのModのひとつである「SW Mod」を紹介した。このModは、映画「スター・ウォーズ」シリーズの世界観を、Robo Recall Modで再現したものだ。

同Modのプレイ動画を見ると、スター・ウォーズを代表する武器であるライトセーバーが再現されており、ライトセーバーを使って敵からの銃弾をはじいていることも確認できる。

YouTubeには、こうしたRobo Recall Modが多数アップされており、なかには敵ロボットにトランプ大統領のお面をつけた「Trump Recall」なるものもある。

以上のような興味深いRobo Recall Modが開発されるのも、同ゲームおよびMod開発ツールの完成度が高いからであろう。

もしかしたら、日本のアニメやマンガをテーマとしたRobo Recall Modが開発されるかも知れない。

なお、実際にMod開発に挑戦したい場合は、本記事下部に示すRobo Recall Mod公式サイトが非常に役に立つだろう。

「Robo Recall」のスター・ウォーズModを紹介したUploadVRの記事
https://uploadvr.com/robo-recall-star-wars-mod/

Robo Recall Mod公式サイト
https://docs.unrealengine.com/latest/INT/Modding/RoboRecall/

Oculus Rift製品紹介

「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」は、Oculus社が開発・発売しているVRヘッドマウントディスプレイ。

本来の製品名は「Rift(リフト)」だが、一般的には「Oculus Rift」または「Oculus(オキュラス)」と呼ばれることが多い。

「Oculus Rift」向けの標準コントローラー「Oculus Touch(オキュラス・タッチ)」は、VR空間で手の動きを再現するというコンセプトで作られており、指のささいな動きをも感知することができる。

当初「Oculus Touch」は標準コントローラーとして設計されながらも、開発の遅れから「Oculus Rift」本体に同梱されていなかったが、現在のパッケージでは本体に同梱されている。なお、「Oculus Rift」を使ってVRコンテンツを楽しむためには、「Oculus Rift」に対応したスペックを持つPCと、VRコンテンツが別途必要。

対応スペックは一般的なゲーミングPCよりも高いものが要求されるため、「Oculus Ready」という認証が用意されている。

項目 Oculus Rift Rift + Touch
価格 \63,800(税込) \76,600(税込)
内容 「Oculus Rift」本体のみのパッケージ。標準コントローラーである「Oculus Touch」は付属しない。 「Oculus Rift」本体に、標準コントローラーである「Oculus Touch」が同梱されたパッケージ。

Gear VR製品紹介

「Gear VR」は、「Oculus Rift」のOculus社と、スマートフォン「Galaxy」シリーズのサムスン社とが共同で開発・販売を行うVRヘッドマウントディスプレイ。

スマートフォンをはめ込むだけで使用できる「スマホVR」の一種だが、USB端子を介してスマートフォンとヘッドマウントディスプレイが連動。ヘッドマウントディスプレイに用意されたタッチパネルを使って、ヘッドトラッキング以外のコントロールが可能になる。

一般的なスマートフォン向けVRゴーグルと異なり、どんなスマートフォンでも使えるというわけではないのも特徴。

対応しているスマートフォンは、「Galaxy」シリーズの内、現時点では「Galaxy S6」「Galaxy S6 Edge」「Galaxy S7」「Galaxy S7 Edge」となっている。

また、VRコンテンツについてもGoogle Playからダウンロードするのではなく、専用の「Oculus Store」アプリからダウンロードする形が採られている。

項目 Galaxy Gear VR
価格 オープンプライス
参考価格\12,744円(税込)
内容 Galaxy Gear VR本体のパッケージ。「Galaxy S6」などのスマートフォンは別途購入する必要がある。

     

     

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com