VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

映画「エイリアン:コヴナント」監督のリドリー・スコット、自社にVR部門を創設

2017/04/25 15:24

    海外メディアRoadtoVRは、2017年4月17日の記事において、リドリー・スコットが自社にVR部門を創設したことを報じた。

    20170418_rsavr_1

    映画「エイリアン」「ブレードランナー」を監督して名声を確立し、最新作「エイリアン:コヴナント」の公開を控えている同氏は2015年に「オデッセイ」も監督している。同作品に関連してVRコンテンツ「The Martian VR Experience」(トップ画像参照)も制作されており、同氏は近年VRとの関わりを深めている。

    こうしたなか、同メディアによると同氏の名前を冠した映像プロダクション「RSA(Ridley Scott Associates)」に、新たにVRコンテンツ制作を担当する部門「RSA VR」が創設された。

    同部門の新設に関して、同プロダクションを運営するJules Dalyは、以下のようなコメントを述べている。

    わたしたちはここ数年来VRと深く関わっており、このほどRSA VRを新設することは、RSAというブランドの名のもとに没入的なメディアにさらに深く関わっていくことを、エンターテインメント市場に対してお約束することを意味しています。

    ...リドリー・スコットは長年クリエイティブなテクノロジーの開拓者として知られており、RSAにはVRという独自の映像言語に精通した素晴しい人材もいます。

    わたしたちは、今後クライアントに対して良質なVRコンテンツを提供できることをたんへん嬉しく思っております。

    同部門でVRコンテンツ制作を統括するのは、「The Martian VR Experience」を手がけたJen Dennisがその任にあたる。

    ちなみに同部門では、すでに13のVRコンテンツ制作プロジェクトが動いている、とのこと。そうしたプロジェクトから近日中にリリースされるのが「エイリアン:コヴナント」に関連したVRコンテンツだ。

    RSA VRのように、今後ますます映画とVRコンテンツのコラボレーションが増えるかも知れない。

    Alien: Covenant(エイリアン・コヴナント)とは?

    Fox Innovation Labが、RSA VRとAMDと協力して制作する、エイリアンのVR短編映画。上記で記した通り、RSA VRは巨匠 リドリー・スコット氏の名前を冠にした映像プロダクション「Ridley Scott Associates」に新たに設立されたVRコンテンツ制作部門だ。

    エイリアンと言えば、誰もが想像する"超"つくほどの有名映画。シリーズは1~4まであり、その間には「エイリアンVSプレデター」のようなスピンオフ作品も多数存在する。

    初代エイリアンを担当した監督こそリドリー・スコット氏であり、第1作目が売れたからこそ、今のエイリアンがあると言っても過言ではない。

    そんな同氏が満を持して進める新たなチャレンジがVR映画「Alien: Covenant」である。

    本作は5月19日にOculusuプラットフォーム向けに配信が予定されている。
    ※トレイラーも公開されていたので、詳しくは動画をご覧ください。

    VR映画は、今までの映画と演出面や音響など様々な部分で勝手が違い、VRである意味を見出すことが難しい分野だが、そこはエイリアンを世に送り出した生みの親であるリドリー・スコット氏の経験やノウハウなどをうまく活かしながら、最高のVRコンテンツを作ってほしいと願っている。

    リドリー・スコットとは?

    イングランド・サウス・シールズ出身の映画監督、映画プロデューサー。

    1979年の監督作『エイリアン』の世界的大ヒットを初め、処女作となったデュエリスト/決闘者や、ブレードランナーやグラディエーター、G.I.ジェーン、オデッセイ、ブラック・レイン、ハンニバル、ブラックホーク・ダウン、ロビン・フッドなどなど、上げればキリがないほど、有名映画をいくつも世に贈り出している。

    余談だが、筆者が好きな海外ドラマ「NUMBERS 天才数学者の事件ファイル」もプロデュースもしているらしく、彼の作る作品を知らない人はいないのではないか?とい思うほど、幅広い作品を制作している。

    [関連記事]
    VR短編映画『Alien: Covenant(エイリアン)』がついに5月19日に公開が決定
    20世紀Fox、映画「オデッセイ」のVRコンテンツ制作会社と「エイリアン:コヴナント」のVRコンテンツ制作を発表

    リドリー・スコットが自社にVR部門を創設したことを報じたRoadtoVRの記事
    http://www.roadtovr.com/alien-blade-runner-director-ridley-scott-launches-vr-film-division/

    リドリー・スコットが創設したRSA VR公式ページ
    http://www.rsafilms.com/usa/vr/featured/

    吉本幸記


    千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

    最新ニュースを読む