医療用のVRトレーニングソフト「Safe Training VR」の開発進行中。将来的に使用権販売も | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

医療用のVRトレーニングソフト「Safe Training VR」の開発進行中。将来的に使用権販売も

2016/12/15 18:30

National Crime Scene Cleanup AssociationがVRトレーニングソフト「Safe Training VR」の開発中。将来的には使用権販売も予定している。このソフトを使うことでユーザーは、VR空間で危険ウイルスなどの対処法をリアルにシミュレートできる。

2016年12月9日(現地時間)、National Crime Scene Cleanup Associationは同社初のVRトレーニングソフトを開発するとプレスリリースで発表した。

NCSCA-2016 Logo

National Crime Scene Cleanup Associationが2016年12月9日(現地時間)、同社初のVRトレーニングソフトの開発および販売を計画していると発表した。このVRトレーニングソフトは血液媒介病原菌や体液、化学薬品漏出、そしてウイルスや細菌からでる全てのものを適切で安全に除去する方法を教えるように設計されている。VRを利用するので、害のない方法でトレーニングが行えるということだ。

このソフトは「Safe Training VR」もしくは略して「STVR」と呼ばれ、危険物に対処するワーカーや医師、看護師、EMT、消防士をVR空間に配置する。その空間で彼らは、危険な化学物質の流出や犯罪現場、アスベスト、さらにエボラやMRSAといった危険ウィルスに正しく対処することを要求される。目で見るだけの教科書から抜け出して、安全性を心配することなくVR空間でリアルな実習が可能だ。

今回の発表のほんの数か月前に、同社はSafeguardと名づけられたプロジェクトのベータ版をテストしていた。Safeguardはヴァーチャル空間で犯罪現場に対応するシミュレーター。このシミュレーターの反響の大きさから、同社はVRに投資することを決めたのだ。

次の数ヵ月はSTVRの内部開発とテストを進め、将来的に使用権の販売を視野に入れているとしている。使用権を販売することによって、他社や他団体でもこの革新的な技術を活用可能。National Crime Scene Cleanup Associationは医療業界で活躍するすべての人に安全を提供するという。

National Crime Scene Cleanup Association⇒http://www.crimescenecleanup.com

参照元サイト名:PR Newswire
URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/how-virtual-reality-will-save-lives-300375732.html

     

     

yuma


フリーの翻訳ライターです。語学と異文化、新しいものが大好き。 エンターテインメントだけじゃない、医療や教育などに役立つ可能性があるVRにワクワクしています。