VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

SamsungがWindows MRヘッドセット「Odyssey」を11月6日にリリース。有機ELを使ったヘッドセットは、VIVE・Oculusの脅威となるか?

2017/10/04 12:01

海外メディアRoad to VRは、SamsungがWindows MRヘッドセット「Odyssey」を11月6日にリリースすることを報じた。

予約受付が始まったWindows MRヘッドセット「Odyssey」

ついにSamsungも参戦

Microsoftが展開しているVRヘッドセット・シリーズ「Windows MR(Mixed Reality)ヘッドセット」は、今年の年末にはDellやAcerといった多数のメーカーが製造した製品が出揃うことが見込まれている。こうした同シリーズに、新たな仲間が加わることとなった。その仲間とは、モバイル型VRヘッドセットGear VRをすでに展開しているSamsungが製造する「Odyssey」である。

SamsungからWindows MRヘッドセットがリリースされることは、先日本メディアで報じたように、すでに製品画像がリークされたことから確実視されていた。そして、このほどMicrosoft StoreにSamsung製Windows MRヘッドセットのページが新設されたことにより、その存在が確かめられた。

同VRヘッドセットに関して、MicrosoftおよびSamsungから公式なプレスリリースが発表されていないが、アメリカ時間で10月3日(日本では10月4日)アメリカ・サンフランシスコにおいてWindows Mixed Realityに関するイベントが開催されているので、近日中に何らかの正式発表があると予想される。同VRヘッドセットのストア・ページ新設は、言ってみれば「フライング」した対応だと思われる。

なお、同VRヘッドセットのストア・ページによるとリリース日は2017年11月6日、価格は$499(約¥56,000)である。同ページからは予約も可能である。

Odysseyの仕様

同ページには、Odysseyの基本仕様についても記載されている。その仕様は以下の通り。

  • ・画面解像度 2880 x 1600
  • ・視野角110°
  • ・リフレッシュ・レートは最大90Hz
  • ・Displayに有機ELを採用
  • 専用ヘッドフォン実装

注目すべきは、「有機EL採用」と「ヘッドフォン実装」である。

有機ELとはOLEDとも表記される次世代ディスプレイのことであり、従来のLEDディスプレイと比較して画面のコントラスト(明暗比のこと)が高く視認性に優れていると言われている。最近では、iPhone8/8 Plus/Xに実装されたことで話題となった。こうした有機ELを実装しているのは、Windows MRヘッドセットのうちではOdysseyだけなのだ。

また、同MRヘッドセットの画像を見ればわかるように、専用ヘッドフォンが実装されている。デフォルトでヘッドフォンが実装されているのは、Windows MRヘッドセットのなかで同MRヘッドセットのみである。

Windows MRヘッドセットの比較

SamsungがOdysseyをリリースることにより、Windows MRヘッドセットを製造・リリースするメーカーはAcer、Lenovo、Dell、HP、Asus、そしてSamsungの6社である。

6社からリリースされるWindows MRヘッドセットの仕様を比較とすると、以下の表のようになる。なお、表に作成にあたっては海外メディアUpload VRの記事を参照した。

MRヘッドセット名 リリース日 価格 ディスプレイ素材 画面解像度 視野角 リフレッシュ・レート オーディオ機能 マイク機能
Samsung「Odyssey」 2017-11-06 $499(約¥56,000) 有機EL 2880 x 1600 110° 最大90Hz 専用ヘッドフォン実装 あり
Acer製MRヘッドセット 2017-10-17 $399(約¥45,000) LED 1440 x 1440 105° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Lenovo「Exploler」 2017-10-17 $399(約¥45,000) LED 1440 x 1440 105° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Dell「Visor」 2017-10-17 $449(約¥50,000) LED 1440 x 1440 105° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
HP製MRヘッドセット 2017-10-17 $449(約¥50,000) LED 1440 x 1440 105° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要
Asus製MRヘッドセット 2018年 未定 LED 1440 x 1440 95° 最大90Hz 3.5mmイヤフォン・ジャックのみ 外付けマイクが必要

表にして各MRヘッドセットの仕様を比較すると、Odysseyが頭ひとつ抜けていることが一目瞭然である。もっとも、価格も頭ひとつ抜けてもいる。

今後のSamsungのVR市場戦略

以上のように、Odysseyは仕様としてはハイエンドVRヘッドセットであるVIVE・Oculus Riftに匹敵しながらも、これら2大VRヘッドセットより環境整備コストおよび価格が安くなっている。さらに言えば、本メディアで以前に報じたように、Windows MRヘッドセット対応コンテンツが続々とリリースされることも判明している。

それゆえ、OdysseyはVIVE・Oculus・Riftが築いたVR市場を脅かす強力なライバルとなる可能性は大いにある

その一方で、Samsungはモバイル型VRヘッドセットGear VRも展開している。Gear VRの開発に関しては、2017年には専用コントローラーをリリースし、Galaxy Note8に対応した新モデルを発表したものも、Googleが展開するモバイル型VRヘッドセットDaydreamシリーズに対するリアクションに終始しているように見受けられる。

さらに、同社は2017年末に市場勃興の可能性があるスタンドアロン型VRヘッドセットの開発も進めているようだ。

果たして、同社はハイエンド型・モバイル型・スタンドアロン型と3つのVR市場で並行してビジネスを展開し続けるだろうか。この疑問に対して、明確な回答を示すことは難しい。しかし、現状ではGear VRの勢いがやや落ちているように思われるので、もしかしたらOdeysseyが属するハイエン型ドVRヘッドセット市場でのビジネス展開を今後強化するかも知れない。

いずれにしろ、OdysseyをはじめとするWindows MRヘッドセット群は、ハイエンド型VRヘッドセットをさらにユーザーの手に届きやすいものとするので、VR市場の拡大に大きく寄与することであろう。

参照元ページ:Road to VR
https://www.roadtovr.com/samsung-odyssey-specs-price-release-date-windows-mixed-reality-vr-headset/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む