VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

サンリオピューロランド、360度VRコンテンツ「ピューロランド VR」をリリース

サンリオピューロランド、360度VRコンテンツ「ピューロランド VR」をリリース

©1976,1990,1999,2001,2013,2018 SANRIO CO., LTD.

屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)」を運営する株式会社サンリオエンターテイメント(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:辻 信太郎)は、ネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石黒 不二代 以下、ネットイヤーグループ)、クロスコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:掛田 憲吾 以下、クロスコ)の協力のもと、360度WEB VRコンテンツ「ピューロランド VR」を1月25日にリリースした。

ピューロランド公式ホームページの専用ページから閲覧可能だ。

https://www.puroland.jp/webvr/

まるでパーク内にいるかのような臨場感とアトラクションの世界観を表現

「ピューロランド VR」では、入口でハローキティをはじめとするサンリオキャラクターたちに出迎えられたあとパーク内へ進み、パレードやショーを最前列で観覧することができたり、グリーティングスポットでキャラクターと身近に触れ合っているかのような体験をインターネット上で楽しむことができる。

パーク内にいるかのような臨場感とアトラクションの世界観を訴求することで、まだ検討段階の方への来場の後押しになるとのこと。

また、ピューロランドへ行きたくてもすぐには足を運べない遠方の人にも楽しんでもらえることも目的としているとのことだ。

ユーザーエクスペリエンスデザインと映像技術の融合で実現

本施策は、ネットイヤーグループが創業以来、提供しているUXD(ユーザーエクスペリエンスデザイン)の知見とクロスコの持つ360度映像技術を融合し、プラットフォームにはVRアプリや3D動画を容易に作成できる「InstaVR」を採用し制作された。

今後は、見るだけで伝わる360度VRコンテンツの強みを活かし、インバウンドユーザー向けに多言語対応も想定しているという。

「InstaVR」の効果測定機能やピューロランドサイトのアクセス解析結果をもとに効果測定を行いながら拡充を図るとともに、季節毎のスペシャルイベント限定コンテンツを配置するなどプロモーションへの活用も検討しているとのことだ。

関連情報

「Sanrio Puroland VR」アプリも公開中

本WEBコンテンツの他、スマホやVRゴーグルで楽しめるアプリも公開中。(iOS版・Android版)各ストアからダウンロード可能。(「Sanrio Puroland VR」で検索)

【アプリの説明】

サンリオピューロランドをVR映像で案内するアプリ。HOME画面ではハローキティとディアダニエル、ぐでたまがお迎え。そのほか、最前列から見る迫力満点の「Miracle Gift Parade」や、ハローキティが案内してくれる「レディキティハウス」も楽しめる。

【収録コンテンツリリース原文まま】

① エントランス~Welcome! サンリオピューロランドへようこそ!ハローキティ・ディアダニエル・ぐでたまがお出迎え。

② Miracle Gift Parade~最前列でパレードをご覧ください。サンリオキャラクターたちやダンサーが目の前まで迫ってきます。

③ Lady Kitty House~ハローキティがご案内します。ディアダニエル・ぐでたまも遊びにきています。

イメージ

©1976,1999,2018 SANRIO CO., LTD

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む