VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

シリコンスタジオが次世代型ゲームエンジン『Xenko』をリリース!

2017/04/27 11:00

    『Xenko』を 2017年4月25日(火)に正式リリース

    エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社は、C#で開発できるオープンソースの次世代型ゲームエンジン『Xenko』を2017年4月25日(火)に正式リリースしたことを発表した。

    また、2017年7月31日(月)まで「ウェルカムキャンペーン」を実施し、一部の有料プランを無料で提供するとのことだ。

    Xenkoとは

    『Xenko』はC#で開発できる次世代型クロスプラットフォームゲームエンジンであり、開発チームの「すべてのゲーム開発者に、より早くより自由にゲームを作れる環境を提供したい」という想いを軸に、インディーデベロッパーから大手ゲーム開発会社に至るまで様々なニーズに対応できるよう設計されているとのことだ。

    また、最新型のPBR(Physically Based Rendering:物理ベースレンダリング)技術を始め、デザイン・オブジェクトの保持・再利用・レビューを効率的に行うためのシーンエディター、ビルトイン・プレハブシステム、シーンストリーミングシステム、最新のグラフィックAPI(VulkanやDirectX 12)をサポートするマルチスレッドなどの機能も備わっているという。

    プラットフォーム間でシェーダーを共通化できる最新のシェーダーシステムを採用し、エンジンを司るC#コードはエンジンの深部まで調査できるよう”オープンソース”として公開しているとのことだ。

    今回の正式リリースでは、シーンストリーミング管理、パイプラインレンダリングエディターやライトプローブなどが加わり、加えてバイノーラルオーディオ、単一パスのレンダリング、ワンクリックVR設定、マルチサンプリングアンチエイリアス(MSAA)などVR開発をサポートする数々の機能が実装されているという。

    リリースは『Xenko』の序章に過ぎず、今後は直感的なビジュアル且つモジュール形式でレンダリングフローをエディター上で変更調整できる最先端の「レンダリングパイプラインエディター」や「ビジュアルスクリプトシステム」なども搭載していく予定とのことだ。

    『Xenko』イメージ

    『Xenko』イメージ

    ユーザーの声

    「『Xenko』を使った我々の開発は早2年以上が経ちました。

    パフォーマンスにはとても満足しており、エンジン自体の安定性は非常に高く、レンダリングの結果は驚くほど綺麗です。」

    by 『Xenko』 ベータユーザー ゲーム開発者:「Children of the Galaxy」のゲームクリエーター:Filip Dusek

    『Xenko』イメージ

    『Xenko』イメージ

    料金体系

    プラン 対象 金額
    Xenko Personal 小規模のスタジオ、および個人 無料
    Xenko Pro 中・小規模のスタジオ 月額$75
    Xenko Pro Plus 大規模スタジオ 月額$150
    Custom 条件により異なる。Xenko.comより問い合わせ。

    $=USドル 金額:1シートあたり

    ※2017年7月31日(月)までの「ウェルカムキャンペーン」期間中に限り、

    1. 「Xenko Pro」は無料で利用可能。キャンペーン期間中の製品ダウンロードはアカウント登録が不要。

    2. 「Xenko Pro Plus」は問い合わせベースで対応。

    キャンペーン期間終了後はウェブサイトからの購入が可能。

    ※キャンペーン終了後は、

    1. Xenko.comにて製品を購入できる機能が追加され、一部を除く有料プランはウェブサイトで購入が可能。

    2. 『Xenko』を利用するにはアカウント登録が必須。

    3. 「Xenko Pro」を継続して利用する場合は、各プランを検討・比較の上、購入または問い合わせ。

    無料での継続利用を希望の際は、各プランの利用対象・条件を確認の上、無料プランに変更とのことだ。

    詳細はXenko.comを参照。

    『Xenko』のライセンスプラン

    料金体系は4つのカテゴリーに分かれており、「Personal」、「Pro」、「Pro Plus」、「Custom」プランがあるという。

    「Personal」 プランは無料となるとのことだ(条件により無料の対象除外あり)。

    「Pro」プランは中小のゲームスタジオが対象となり月額$75となるという。

    「Pro Plus」は中規模から大規模のゲームスタジオを対象としたプランとなり月額$150となるという。

    「Custom」プラン、および有償サポートは要望に応じて見積りを提案するとのことだ。

    ※教育目的とした非商用利用の「Educational」プラン(無料)もあるということだ。

    詳細はXenko.comを参照。

    シリコンスタジオ株式会社について

    同社は世界最高レベルの技術力をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを目指す企業とのことだ。

    ゲームや映像制作スタジオ向けに3DCG技術等を提供する開発推進・支援事業、一般ユーザー向けにゲームコンテンツを開発・提供するコンテンツ事業、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業の3事業を展開しているという。

    企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できることが強みとのことだ。

    ※ Xenkoは、シリコンスタジオ株式会社の登録商標。

    ※ その他記載されている名称は各社の商標または登録商標。

    参照元:シリコンスタジオ公式ニュースリリース

    integralkk


    【VR Inside】日本ニュース担当

    最新ニュースを読む