VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

PSVRにBig Box VRの『Smashbox Arena』がやって来る

2017/05/08 12:29

    Smashbox Arena

    Smashbox Arena

    各ヘッドセットのメーカーやコンテンツデベロッパー、ミドルウェア開発企業などもVRのオープンプラットフォーム化に賛同を表明している。もっとも、独占コンテンツを作るためにメーカーがデベロッパーに提供する資金が開発を促進していることも事実だ。

    一概にどちらが良いと言える問題ではないが、いずれにしてもVRプラットフォーム間に存在する壁は低くなっているように感じられる。複数のプラットフォームに対応するVRタイトルが増えていることも、その流れを裏付けるものといえるだろう。

    PCベースのVRヘッドセット用に開発されたBig Box VRの人気タイトル『Smashbox Arena』にもPSVR版が登場することが明らかになった。PSVR対応にあたっての疑問をUpload VRが開発元に直接質問し、回答を得ている。

    Smashbox Arena

    Smashbox Arena

    ゲーム内容

    PSVRに登場することが判明したSmashbox Arenaは、3対3でドッジボールをするゲームだ。ルールは敵チームの弾を避けながら弾を当てていくだけだが、投げるのはただのボールとは限らない。ステージに落ちている岩を拾って投げたり、時限式の爆弾を転がしたり、状況によっては追尾能力のあるミサイルまで登場する。

    狙われた側も、ただ避ける以外に遮蔽物を利用してカバーしたり、盾を使って攻撃を防いだりといった行動が可能となっている。

    攻撃を防ぐのは重要だが、隠れ続けているうちに相手が追尾ミサイルのような強力な武器を手に入れてしまうこともあり、盾も攻撃を受け続ければ破壊されてしまう。こうしたシステムがゲームをダラダラと長引かせない刺激となっている。

    システム

    一人で遊ぶ場合にはシングルプレイヤー用のストーリーモードが用意されており、マルチプレイでは世界中のプレイヤーとの対戦が可能だ。2016年の12月に発売されたタイトルだが、2017年でもゲームが成立する程度にはプレイヤーが残っているようだ。

    日本のプレイヤーは少ないそうなので、時差を調整しつつ海外のプレイヤーが多い時間に遊ぶのが良いだろう。

    現在の対応プラットフォームはHTC ViveとOculus Riftであり、ルームスケールにも対応している。この点がPSVRへの移植に当たってUpload VRが質問したポイントだ。

    PCベース作品をPSVRへ

    横並びのVRプラットフォーム

    PCベースのVRヘッドセットであるHTC ViveとOculus Riftは、使用するPC次第でどちらも同等の処理能力を発揮する。また、PS4を母艦として使用するPSVRも映像の処理能力は十分高く、PS4 Proならばさらにスペックが強化される。

    現在のVRプラットフォームに「飛び抜けた存在」は(良くも悪くも)無いため、特定のプラットフォームを対象にリリースされた作品を他のプラットフォームに対応させる例は多い。もちろん内部で使われているロジックは変更しなければならないが、ゲーム内容そのものに大きく手を加えることは少ないだろう。

    ただ、Viveには標準でのルームスケール対応という強みがある。Riftは三つのセンサーを使えばルームスケールに対応することができるが、そのためには追加のセンサーを購入しなければならない。PSVRは動作に一台のPS4カメラしか使わないのでルームスケール対応は不可能だ。

    この差がSmashbox Arena移植の障害になるのではないかと、Upload VRが開発元のBig Box VRに質問している。

    「PSVRでSmashbox Arenaは可能」

    Big Box VRはUpload VRに対してOculus Riftの例を挙げて説明した。ルームスケールが利用可能なHTC Viveの所有者と違って、Riftユーザの誰もが追加のセンサーを所有しているわけではない。彼らの多くは、ルームスケール機能を使わずにRiftとTouchでSmashbox Arenaをプレイしている。

    PSVR版では、周囲を見回す操作が可能なボタンが用意されるようだ。PSVRでも、Riftを使う場合と同様にプレイできるようになりそうだ。

    Upload VRはこの作品がクロスプラットフォームに対応するかどうかについても質問しているが、こちらへの回答は得られていないらしい。

    PS4やXboxといったコンシューマ版とPC版が存在する作品でも、オンラインに使用するサーバが別というケースも多くある。共通の場合もあるので、ここはクロスプラットフォームに期待しつつ続報を待つしかなさそうだ。

    PSVR版のSmashbox Arenaはアメリカ、ヨーロッパ、そして日本に向けてこの夏に発売が予定されている。

     

    参照元サイト名:Upload VR
    URL:https://uploadvr.com/smashbox-arena-will-work-psvr/

    参照元サイト名:Steam
    URL:http://store.steampowered.com/app/530350/Smashbox_Arena/


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む