SNSで人気の綿あめのような、白ポメラニアン"コロンちゃん"の日常をVR動画で配信開始! | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

SNSで人気の綿あめのような、白ポメラニアン“コロンちゃん”の日常をVR動画で配信開始!

360Channelは、SNSで人気上昇中の、白ポメラニアン“コロンちゃん”の、日常を収録したVR動画を配信したと発表した。

360Channelは、SNSで人気上昇中の、白ポメラニアン“コロンちゃん”の、日常を収録したVR動画を配信したと発表した。

main

360Channelでは、毎月1日を“ワンの日”として、可愛らしいワンちゃんたちの動画を随時配信する、初回は、動画メディアに出るのは初となる、SNSでじわじわ人気上昇中の白ポメラニアン“コロンちゃん”を独占取材して公開することになった。

チャンネルおよび動画が概要

<ジャンル:アニマル>
■チャンネル:『ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん
■内容   :綿あめみたいにまっ白でふわっふわなポメラニアンのコロンちゃんの日常。
■動画   :
ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【1】机の上にオヤツを発見!背伸びして頑張ります
ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【2】穴からオヤツが出てくるオモチャに大興奮!

sub1

sub2

<近日配信予定動画>
■ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【3】動く犬のお人形に困惑するコロンちゃん
■ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【4】ママさんにブラッシングしてもらってご満悦
■ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【5】大好きなパパさんに抱っこしてもらって大喜び
■ふわふわ白ポメラニアンのコロンちゃん【6】後ろからクッションが倒れてくるドッキリを仕掛けてみました

360Channel サービス概要

■提供サービス:360度動画の視聴(ストリーミング再生)
※動画はアーカイブ形式のため、 一定期間経過後に動画は削除されます。
■URL : https://www.360ch.tv/
■対応デバイス:VR専用HMD(Oculus RiftGear VR)PC、スマートフォン、タブレット端末
※デバイスによっては一部視聴できないコンテンツがあります。
■チャンネル数 :33チャンネル
■料金:無料
■スマートフォンアプリ:
【App Store URL】 https://itunes.apple.com/jp/app/id1132576676
【Google Play™ URL】 https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.ch360.platform

360channelとは?

「360channel」は、360°動画を無料で視聴できる動画配信サービスである。
運営は、スマートフォン向けゲームアプリ「白猫プロジェクト」など多くのゲームの配信をしている事で、知られる株式会社コロプラが設立した子会社、株式会社360Channelである。

VRデバイスは、2017年3月時点で「Oculus Rift」、「Gear VR」、スマートフォンに対応していたが、4月12日には、とうとうPSVRにも対応した。
スマートフォンで利用する場合は、Google PlayやApp Storeから専用アプリをインストールした上で、「Cardboard」や「ハコスコ」のようなVRゴーグルを使用する事で視聴可能である。

日本テレビの「超汐留パラダイス2016SUMMER」やTBSの「SASUKE2017」など、テレビの有名コンテンツと連動したVRコンテンツや、「キングコング 髑髏島の巨神」といった映画と連動したVRコンテンツなど、認知度の高いコンテンツを多く取り揃えており、バラエティ、お笑い、スポーツ、トラベル、ライブなどジャンルも豊富。「360度動画のテレビ局を目指す」と謳う通り、高品質なVR動画に特化した配信サービスといえる。

(C) 2016-2017 360Channel, Inc.

参照元:ニュースリリース

まとめ

4月に、VRInside取材のイベント『VRI  Meetup Tokyo ♯2』に360Channel社にも登壇頂いた。

イベントのレポート:【VRInside 主催イベント】VRI Meetup Tokyo ♯2パネルディスカッションレポート

イベントでのデスカッションの議題は、360度VR動画プラットフォーマーに現状のビジネスとしての市場状況をヒアリングするといったものでありました。

360Channelは、ユーザーは完全に無料で提供されており、更に中身のコンテンンツは自社で全て作成しており、マネタイズ回りの話もヒアリングをした。詳しくはイベントレポートより参照ください。

まだまだ、マネタイズは厳しい360度動画市場であるが、先行してプラットームを提供し、そして動画の企画から制作までワンストップで行い、恐らく技術ノウハウもかなり高く蓄積されているのではないであろうか?

市場が完全にできあがってから、そこに参入するのではなく、先行して参入し投資をすることで、市場の立ち上がりを自ら作り上げ、そして市場が立ち上がった時には、先行優位性+ノウハウで一気に勝ち組になるシナリオが読み取れる戦略である。

リスクを自らとりリターンを得る、本来のビジネスとしてのあり方を表現しているモデルの一つではないかと思う。

VRInside編集長 村山章


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む