スマホにも対応したワイヤレス・モーションセンサー「Soliton」が予約受付開始 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマホにも対応したワイヤレス・モーションセンサー「Soliton」が予約受付開始

2016/12/07 18:49

Solitonと呼ばれる小型モーションセンサーのプロトタイプが既に出荷されている。ワイヤレスでありながら高いリアルタイム性・正確性を誇るという。実用化されれば、モーションキャプチャを必要とするコンテンツを大きく変える可能性がある。

solitonデモ

VirtualRealityReporterが、モーションキャプチャの常識を変える新型センサーについての情報を掲載している。

 

VRが真に大衆に受け入れられるためには、まだ課題が残されている。身体のあちこちにケーブルが繋がったモーションキャプチャのためのセンサーを取り付けるのは気分の良いものではない。スタートアップ企業SolitonReachは、開発者に向けてこの問題の解決策を提案する。

それは、手足や(VR、AR、MRのための)ロボット、設備に取り付けることのできるモバイル対応、正確、軽量、ワイヤレス、小型のモーションセンサーである。その大きさは、アメリカの25セント硬貨ほどである。

「今週のVRXでは、Solitonと呼ばれるモーションセンサーがどれほど正確に動作を捉えられるかを実演します。腕に三つのセンサーを取り付けるだけで良いのです。Solitonの素晴らしいところは、開発者が必要とする十分な精度での全身モーションキャプチャをリアルタイムに無線で行えるところです。Solitonは、スポーツやシミュレーション、ゲーム、インタラクティブな映像作品、おもちゃ、展示、エンタープライズ向けなどの広い範囲で大きな可能性を秘めています」
とSolitonReachのCEO、ロバート・リー氏は述べている。

SolitonReachは先週、2016年のVRXに出展した。開発者や戦略上のパートナーと、2017年の協力関係や製品の紹介についてやり取りをしている。SolitonReachは先月、開発者向けにPC用・モバイル用のプロトタイプを出荷し始めた。

SolitonReachと同社の製品に関する詳細の確認、開発キットを入手するための登録はwww.solitonreach.comから行える。

参照元サイト名:virtualrealityreporter
URL:https://virtualrealityreporter.com/new-generation-vrar-experiences-possible-using-wireless-motion-capture/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。