VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ソニー「EXTRA BASS™シリーズ」テーマソングのVRミュージックビデオを公開!

2018/09/13 16:40

    ミュージックビデオタイトル画像

    ミュージックビデオタイトル画像

    ソニーPR事務局は、ソニー「EXTRA BASS™」シリーズのためにサウンド・プロデューサーTeddyLoidにより書き下ろされたテーマソング「XTRACTION」のVRミュージックビデオを6月13日(火)よりスペシャルサイトにて公開したことを発表した。

    「XTRACTION」VRミュージックビデオについて

    main

    sub2

    「その重低音が、日常を変える」をテーマに、ソニー「EXTRA BASS™」シリーズとパーティークリエイターアフロマンスが初タッグを組み、 5月中旬に実現した「低音卓球PARTY」を 360°で撮影しており、本VRミュージックビデオはトリッキーにバウンドする三次元ピンポンや熱狂のパーティーシーンをリアルな没入感とともに疑似体験することができるということだ。

    手持ちのスマートフォンと、ヘッドホンで楽しむことが可能だ。

    (※「低音卓球」イベントは終了している。)

    URL:http://www.sony.jp/high-resolution/zokuzoku/extrabass_teddyloid/

    全身を揺さぶる重低音に包み込まれる「低音卓球PARTY」に潜入!臨場感あふれる360°動画の世界で、三次元ピンポンやパーティーシーンを疑似体験

    「低音卓球PARTY」は、「EXTRA BASS™」シリーズワイヤレススピーカー「SRS-XB40」の迫力ある重低音に包まれながら、スピーカーをイメージした2つの‟筒状“卓球台で360°にバウンドする予測不可能な三次元ピンポンを楽しむというもの。

    VRミュージックビデオでは、実際に行われたオープニングイベント「低音卓球PARTY」に遊びにきたかのような疑似体験を360°動画の世界で楽しむことができる。

    パーティーシーンの熱気をリアルに感じながら、TeddyLoidのDJプレイを間近で堪能したり、オーディエンスと一緒になって体を揺らしたり、はたまた三次元ピンポンを体感したりと、360°動画ならではの臨場感溢れる熱狂空間を堪能することができるということだ。

    「低音卓球PARTY」への没入体験を通じて、重低音×卓球の新しい音楽エンターテインメントを体感しよう。

    ※パソコンでは、Chrome、Firefox、Internet Explorerの最新バージョンで、スマートフォンでは、「YouTube アプリ」の最新バージョンで閲覧可能となっているが、一部端末において再生されない可能性があるとのこと。

    「低音卓球PARTY」を360°楽しめる、TeddyLoid『XTRACTION』VRMV概要

    楽曲:『XTRACTION』

    URL:http://www.sony.jp/high-resolution/zokuzoku/extrabass_teddyloid

    渋谷の雑踏を進んで辿りついた先はネオンの光る異空間。

    会場全体に広がるスピーカーからの重低音に包まれながら、 TeddyLoidのプレイを間近で感じることができるDJ ブースへ。

    会場のビートに合わせて周りのオーディエンスと気持ちよく体を揺らすという。

    さらに、筒状の卓球台で三次元ピンポンにも挑戦。

    TeddyLoidの重低音サウンドと360°動画による没入感で、重低音によって変わる日常を疑似体験できるということだ

    (プレスリリースより抜粋)

    重低音×卓球の新しい音楽エンターテインメント「低音卓球」概要

    sub3

    sub4

    ソニーの『EXTRA BASS™ シリーズ』と、泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ」や大量のスモーク演出の中で音楽を楽しむ「スモーキーディスコ」など、“非日常をつくる”をコンセプトに様々なイベントやプロジェクトを手がけてきたパーティークリエイター「アフロマンス」が初タッグを組んで実施された期間限定プロジェクト。

    「EXTRA BASS™」シリーズワイヤレススピーカー「SRS-XB40」の迫力ある重低音を轟かせるスピーカーをイメージした2つの‟筒状“卓球台が出現し、360°にバウンドする予測不可能な三次元ピンポンを楽しんだ。

    この未体験な三次元ピンポンをさらに盛り上げたのが、会場を包み込むように鳴り響いた重低音ミュージック。

    そのサウンドは筒状になった卓球台で増幅され、プレーヤーに更なる高揚感を生み出していた。

    会場に設置された「SRS-XB40/30」が繰り出すサウンドと、煌びやかでカラフルなライティング演出もあいまって、これまでにない新しい音楽エンターテインメントが作り出された。

    ※「低音卓球」イベントは終了している。

    TeddyLoidプロフィール

    TeddyLoid氏

    18歳にして、雅-MIYAVI-のDJ~サウンドプロデューサーとして13カ国を巡るワールドツアーに同行後、☆Taku Takahashi(m-flo / block.fm)と共にガイナックスのアニメ作品『Panty & Stocking with Garterbelt』のOSTをプロデュース、柴咲コウ、DECO*27とスペシャルユニット、galaxias!の結成、ももいろクローバーZ「Neo STARGATE」のサウンドプロデュース~2013年の西武ドーム大会へのゲスト出演を果たす等、クラブミュージックのみならず、J-POP~ロック、サブカルチャーのシーンで活躍。

    2014年8月にキングレコードEVIL LINE RECORDSよりEP、”UNDER THE BLACK MOON”、続く9月にファーストアルバム、”BLACK MOON RISING”をリリースし、ソロ・アーティストとしてメジャー・デビュー。

    第5位」に選ばれるなど、サウンドプロデューサー/DJ/リミキサーとして近年ますます活動の勢いを増している。

    EXTRA BASS™シリーズ  商品概要

    ワイヤレススピーカー

    ワイヤレススピーカー製品画像

    ■「SRS-XB40」
    価格:オープン価格
    カラー:ブラック

    ■「SRS-XB30」
    価格:オープン価格
    カラー:ブラック/ブルー/グリーン/オレンジレッド/

    ■「SRS-XB20」
    価格:オープン価格
    カラー:ブラック/ブルー/グリーン/オレンジレッド/グレイッシュホワイト

    ■「SRS-XB10」
    価格:オープン価格
    カラー:ブラック/ブルー/グリーン/オレンジレッド/グレイッシュホワイト/イエロー

    ワイヤレスヘッドホン

    ワイヤレスヘッドホン製品画像

    ■「MDR-XB950N1」
    価格 :オープン価格
    カラー:グリーン/ブラック

    ■「MDR-XB650BT」
    価格 :オープン価格
    カラー :ブラック/レッド/ブルー

     
    各商品の詳細については公式ホームページを参照のこと。

    http://www.sony.jp/active-speaker/products/SRS-XB30/

    http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB950N1/

     
    参照元:ニュースリリース


    VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

    最新ニュースを読む