VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ソニーがPSVRのトラッキング改善に努力 - VR Inside

ソニーがPSVRのトラッキング改善に努力

        2017/08/31

PSVR

トラッキング精度でPCベースのヘッドセットに劣るPSVR

ソニーのような企業がどういった研究をしているかは、その企業が成果を発表するまで明かされないのが一般的だ。

新たな技術や発見が公式に発表されることもあるが、場合によっては新技術を取り込んだ製品が登場するまで取り組んでいる内容が明らかにならないこともある。

しかし、今回の例のように求人情報や特許の申請内容から取り組みの内容が推測できてしまうこともある。

どうやら、ソニーはPSVRのトラッキングを改善するために動いているようだ。次世代のPSVRは、Oculus RiftあるいはHTC ViveといったPCベースのVRヘッドセットと同等かそれ以上のトラッキング能力を持ったデバイスになるかもしれない。

ソニーの求人

企業が掲載する求人情報や、有名なエンジニアを他の企業から引き抜いたという話からはその企業がどういった技術に力を入れているのかが推測できる。

今回ソニーがロンドンに拠点を置く研究施設で求めている人材は、VRに関連するトラッキングシステムとドライバを開発するエンジニアのようだ。

新たに募集する人材は、VRのためのツール、API、デバイスドライバといったものの開発と統合を担当するという。扱う内容には、イメージの処理や複数のセンサーからのデータに基づくトラッキングに関連するものも含まれている。

複数のセンサー

この求人情報からすると、ソニーがPSVR用の新たなトラッキングシステムを作るために新たな人材を求めていることは間違いない。

特に気になるのは「複数のセンサーからのデータ」を利用するとされている点だ。これは、PSVRがPCベースのヘッドセットのように複数の外部センサーを使ったトラッキングに対応する可能性を示唆するものかもしれない。

単一のカメラを使うトラッキング

現行のPSVRがトラッキングに使うのは、プレイヤーの正面に設置する1台のカメラのみだ。カメラがPSVRやPS Move、あるいはシューティングコントローラーの発する光を感知することでデバイスのトラッキングが実現している。

この方式では、デバイスの発する光が何らかの理由でカメラに届かなくなってしまえばトラッキングができなくなる。

例えば、プレイヤーがゲームに夢中になって180度向きを変えてしまう場合だ。身体で光を遮ってしまうので、コントローラーの位置が分からなくなる。

Oculus RiftやHTC Viveでは複数のセンサーを使うことで360度のトラッキングが可能だが、PSVRでは不可能だ。

また、トラッキングの精度そのものも複数のセンサーを使うシステムに比べれば低くなってしまう。1台のカメラだけでは複数のアングルからの情報を組み合わせて処理することができず、位置の誤差が大きくなったり、位置の取得に失敗したりすることが増える。

改善の可能性

Oculus Riftの追加センサー

Oculus Riftの追加センサー

求人情報の文面に記載された「複数のセンサー」を使うトラッキングが実際にどういったシステムを指しているのかははっきりしない。

二つないしそれ以上のカメラを設置するシステムは複数のセンサーを使っていると言えるが、外部センサーとは限らない。ヘッドセットやコントローラーに内蔵するセンサーのことを指している可能性もある。

いずれにしても、ソニーがPSVRのトラッキング性能をさらに高めようとしていることは確かだ。

PSVRが変わる?

前面のカメラだけでなくヘッドセットやコントローラーに内蔵した加速度センサー・ジャイロセンサーからの情報を組み合わせることでトラッキングの誤差を低減し、ユーザの意図しない位置ズレを防ぐことができる。

もしも「複数のセンサー」が文字通り外部センサーの数を増やすことを意味するなら、PSVRでもPCベースヘッドセットのようなルームスケールVR体験が可能になるのかもしれない。

そうなればPCからPSVRへ、PSVRからPCへと移植されるタイトルも多くなるだろう。VRのオープンプラットフォーム化を考える上でも期待のできる新機能だ。

追加センサーの形式

新型のPSVRに複数のセンサーが搭載されると考えるのが自然だが、外部センサーであれば後から追加することも可能だ。

Oculus Riftは本体に二つの外部センサーが同梱されているが、追加センサーを購入すればさらにトラッキング可能なプレイエリアを広げ、精度を高めることができる。

別売にすれば本体の価格を抑えることができるので、PSVRでも本体セット+追加センサーという販売方式が取られる可能性はある。

この方式になるのであれば、現行のPSVRにセンサーを追加することもできるかもしれない。

 

PSVRはPCベースのVRシステムを揃えるよりも低価格でシステムが構築できることや、PCの設定が不要なことが強みとなっている。

一方で、トラッキングを1台のカメラで行うので360度のトラッキングができない・精度が低いといった弱点も抱えている。

複数のセンサーを使ったトラッキングの研究が進めば、この弱点を克服したPSVRが登場するだろう。

 

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/playstation-rd-listing-suggests-multi-sensor-psvr-tracking-works/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。