VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

スター・デストロイヤーが上空に出現!スターウォーズのARコンテンツが登場 - VR Inside

スター・デストロイヤーが上空に出現!スターウォーズのARコンテンツが登場

     

SF映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」が12月15日に公開を予定しているが、同映画のプロモーションを目的としたARコンテンツが登場した。

ディズニーは現在、同映画をテーマにしたARコンテンツ「Find the Force」キャンペーンを展開しており、モバイルARを通してスター・ウォーズをテーマにしたAR体験を楽しむことができる。

今回、この「Find the Force」にアップデートが加えられ、新たなARコンテンツが体験可能になった。

それは、映画内に登場する宇宙戦艦「スター・デストロイヤー」がARによって現実世界に現れ、世界中の観光名所で視聴できるというものだ。

概要

「スター・デストロイヤー」が現実世界に出現

このコンテンツでは、「Star Wars」アプリを起動して指定の場所をカメラでスキャンすると、上空に巨大なスター・デストロイヤーが現れ、映画に登場する戦闘機、TIEファイターが上空に飛来するという内容だ。

巨大な宇宙戦艦がARによって上空に出現する様子は、スターウォーズのファンだけでなく、ARに興味のある人にとっても一度は体験すべきコンテンツだ。

世界中の観光名所にて展開

スター・デストロイヤーが現れるARコンテンツは全世界の様々な観光名所にて展開しており、日本も対象に含まれており、東京都渋谷区の代々木公園にて体験することができる。

本コンテンツを展開している場所は以下の通り。

アメリカ セントラルパーク
アメリカ ゴールデンゲート・ブリッジ
アメリカ グランドキャニオン
アメリカ ハリウッドサイン
カナダ CNタワー
カナダ ナイアガラ瀑布
イギリス ロンドン・アイ
アイルランド Ha'penny Bridge
ブラジル コパカバーナ・ビーチ
フランス エッフェル塔
スウェーデン ガムラスタン
スペイン グラン・ビア
タイ ルンピニー公園
ブラジル ラテンアメリカ記念公園
シンガポール マーライオン公園
イタリア ドゥオモ広場
ドイツ シャルロッテンブルク宮殿
オーストラリア ハーバーブリッジ
香港 ビクトリア・ハーバー
日本 代々木公園

スターウォーズファンにとって最高の体験

これまでスクリーンの中の存在でしかなかったスターウォーズの世界が、ARによって現実世界に現れることは、同映画のファンにとっては最高の体験だろう。

カフェ経営者であり、「スターウォーズ・オタク」を自称するJeff Ayers氏は、スターウォーズのARコンテンツについて以下のように述べている。

ARは素晴らしい技術で、スター・ウォーズのファンのように夢を見ることができる人たちが作り出したものだ。(中略)スター・デストロイヤーが自分の頭上に現れて、それをポケットの中に入っているデバイスで視聴できるなんて、未だに信じられない。

「Find the Force」について

今回登場したARコンテンツは「Star Wars」アプリで視聴することが可能だ。これは12月15日に公開される映画「スターウォーズ/最後のジェダイ」のキャンペーン用ARアプリで、App StoreGoogle Playにてダウンロードできる。

本アプリは映画の最新情報をシェアすることを目的にしているが、同映画のキャラクターに関するAR体験「Find the Force」にも対応している。

視聴にはディズニー公認の店舗に置かれているキャラクター広告板を探し、同アプリを起動後、その看板に「Find the Force」と印刷されたロゴをスマホカメラでスキャンする。

ロゴを認識すると、スマホディスプレイに同映画のキャラクターがAR表示される。このキャラクターの横に並んで、写真や動画を撮影することが可能で、撮影した写真、動画はシェアすることができる。

その他、スターウォーズをテーマにしたVR/ARコンテンツが登場

「Star Wars: Jedi Challenges」

先日、スターウォーズのジェダイになれるARゲーム「Star Wars: Jedi Challenges」が登場した。

プレイヤーはARヘッドセットを装着して、映画に登場する「ライトセーバー」型のコントローラーを振り回して、ダース・ベイダーや銀河帝国軍と戦うことができるゲームだ。

プレイにはコントローラーとトラッキングセンサー、そしてLenovoとディズニーが共同開発した「Mirage」というARヘッドセットを装着してプレイする。

ヘッドセットを装着すると、ダース・ベイダーやカイロ・レンなどの悪役がホログラムとなって部屋の中に現れ、プレイヤーはライトセーバーを振り回して彼らと戦う。

映画のシーンとそっくり同じ場面を、部屋の中に再現することができる。

「Star Wars: Trials on Tatooine」

VRヘッドセットに対応したスターウォーズのゲームに、「Star Wars: Trials on Tatooine」が挙げられる。

本作はHTC Viveに対応しており、無料でダウンロードできる。

プレイヤーはバーチャル空間にダイブしてライトセーバーを振り回すことができるゲームで、「Jedi Challenges」と共通点のあるタイトルだ。

しかし、こちらはプレイ性の高いゲームというよりは、映画的な要素の強い短編のVR体験、といったところで、完全なVRゲームとは少し異なるタイトルだが、スターウォーズの世界観を新感覚で楽しむことができる。

参照元:VRScout Disney Puts Augmented Reality Star Destroyers over International Landmarks

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。