VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「スター・ウォーズ」の銀河を再現するARデモが登場 - VR Inside

「スター・ウォーズ」の銀河を再現するARデモが登場

        2017/08/31

今年6月にアップルがAR開発プラットフォーム「ARKit」を発表したことによって、ARアプリの開発はいちだんと盛んになった。

様々な開発者がユニークなデモやコンセプトを製作し、その多くはデモ段階ではあるものの、多くのARアプリが市場に出回る土台が整いつつある。

ARKitを用いて製作したARコンテンツは、今秋に正式リリース予定のiOS 11に対応しており、新型iOSの登場によって普及率の高いiOSデバイスが高品質なARコンテンツのプラットフォームになり、ARの普及が加速することが予測される。

現在、すでに多くの開発者がARKitを用いて様々なARコンテンツを製作しているが、まるで映画「スター・ウォーズ」に登場するようなユニークなARデモが登場した。

「スター・ウォーズ」の銀河をARで再現

本デモはAR開発者であるNamek Kural氏が製作したもので、まるで映画「スター・ウォーズ」のワンシーンに登場するようなユニークなアニメーションを用いたデモだ。

デモ動画では、一枚のチップが床に落ちていく様子から始まり、チップが床に落ちるとそれは天井に向かってレーザー光線のような光を放ち、一瞬にして巨大な銀河のホログラムになる。

ホログラムに近づくにつれて、銀河の中に浮かぶさまざまな惑星と、それぞれの惑星の名前が表示される。ホログラムに近づけば近づくほど、それぞれの惑星に関する情報がより詳細に表示される、というシステムだ。

この映像に映っているのはあくまで開発段階のデモであり、現在も開発が進行中とのこと。計画では、それぞれの惑星に関するより詳細な情報を表示できるようにする予定で、それぞれの惑星に関する情報や統計を、より詳しく把握できるようにするとのこと。

ARとホログラムを用いて、大量の情報をアニメーションによって系統立てて直感的に把握できるこのデモは、ARが秘めている可能性を示している。たとえばゲームなどのエンターテイメントに活用できる他、複数人で情報を閲覧したり共有したり、もしくは必要な情報を素早く、直感的な操作で引き出す際にも使えそうだ。

まるでSF映画のワンシーンに出てくるような光景だが、実用的なツールになり得るこの技術の今後に注目したい。

ARによって部屋の中が映画の舞台になる

ARはゲームのみならず様々なジャンルのエンターテイメントに新体験をもたらすもので、映画やドラマなどのストーリーテリングにおいても大きな可能性を秘めている。

従来のストーリーテリングはスクリーンやモニターなどの画面内で展開されるものだったが、現実世界に3Dデータを重ね合せるAR技術によって、部屋の中がスクリーンになる。

好例として、6月に開催されたアップルの開発者イベント「WWDC」で披露されたARストーリーテリングのデモ「Wingnut AR」を挙げることができる。

本作は約1分30秒ほどの短編コンテンツだが、iPad Proを机の上にかざすと、机の上が3DSFアニメーションの舞台と化し、地球に襲来したエイリアンの船団が地上に爆撃を行い、地上にいる人々が逃げ惑う様子が精巧なグラフィックによって描かれる。

エイリアンの空爆から逃げる一心で机から地面にめがけて飛び降りるキャラクターの様子も描かれるなど、現実世界を舞台にしたAR映画の可能性を示す「Wingnut AR」は、ピーター・ジャクソン氏によって監督、製作されたもので、同氏は「ロード・オブ・ザ・リング」や「キングコング」「ホビットの冒険」などで知られている。

「Wingnut AR」は先日、より作品の細部を映したクロースアップ版が公開され、本作の精緻なグラフィックやリアルなアニメーションを確認することができる。

ARKitを活用したゲーム

ARはゲームにおいてもこれまで体験したことのないゲームプレイを提供するもので、iOS 11対応の様々なARゲームが登場するだろう。現時点でもARKitを活用した様々なデモが開発されており、従来のスクリーンに制約された2Dゲームの常識を大きく変えるものだ。

「The Machines」

「The Machines」は2016年にリリースされたオンラインストラテジーゲームで、本作をARゲームに再構築したプレイデモ動画が公開されている。

開発にはARKitと、ゲームエンジンUnreal Engine 4を使用しており、プレイヤーは邪悪なハイブマインド(集合精神)が人類を奴隷にするディストピア世界を舞台に、ロボットを駆使して戦略ゲームをプレイする。

「Ancients AR」

「Ancients AR」は北欧神話を世界観に採用しており、海戦に巨人が参戦するファンタジー・シミュレーションゲームのようなプレイができる。テストプレイ動画を見るとわかるように、巨人は大型軍船よりもさらに大きく、海中を歩いて移動することができる。

現在、「Ancients AR」のテストプレイ動画が公開されており、本作はARKitによって開発され、同プラットフォームが実現するリッチなARグラフィック描画機能をフル活用している。

参照元:NextReality

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。