SteamVRがアップデートでVR空間にOculus Touchを認識 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

SteamVRがアップデートでVR空間にOculus Touchを認識

2016/12/09 11:09

SteamVRのコンテンツで内にOculus Touchを描画できるようになるアップデートがベータリリースされた。大きく変わるわけではないが、ユーザーにとっては「手」の位置が分かりやすくなるアップデートだ。既にその動画がアップロードされている。

Oculus Touch

SteamVRがメジャーアップデートされ、Oculus TouchをTouchとしてVR空間に描画するようになった。

SteamVRは、ValveがVR体験の基礎として提供しているものだ。既に6月からOculusのTouchコントローラーをサポートしていた。今回、そのTouchサポートに関して大幅なベータアップデートが行われた。

SteamVRでは、以前からポジショントラッキングによって操作できるゲームでTouchを利用することができた。しかし、VR空間ではViveワンドとして描画されてしまっていた。これでは、実際に手に持っているコントローラーと画面に表示されるコントローラーが一致しない。今回、SteamVRでTouchコントローラーが表示されるようになったという。ワンドの代わりとしてではなく、手に持っているコントローラーそれ自体をVR空間で見ることができることを意味する。

VRで得られる経験そのものが大きく変わるわけではない。操作感は変わらないが、VRの中で自分の手がどこにあるかが分かりやすくなる。『Paintey』と『Climbey』を開発したブライアン・リンデンホフがTwitterに投稿した動画で、SteamVRのゲームにTouchが表示されている様子を見ることができる。他のユーザーも、『Audioshield』(レビューで7/10の評価を得た)でTouchコントローラーが表示されると報告している。『Audioshield』は、現在のところOculus Homeで利用できないゲームだ。

Oculus Touchは今週の初めに発売された。リリースされた50以上のタイトルの多くがViveでは以前から利用可能だった。こういったタイトルであれば、Touchで操作することが可能だ。

ReViveを使えば、逆にTouch専用のゲームをViveコントローラーで動作させることもできる。だが、こちらはあくまでも非公式な方法である。OculusはViveでOculusのコンテンツを利用することを許可していない。

 

参照元サイト名:uploadvr
URL:http://uploadvr.com/steamvr-now-renders-oculus-touch-controllers-vr/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。