Studio Roqovanが日系ゲーム会社SNKのゲームをVR化。2017年中にゲームタイトル配信か | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Studio Roqovanが日系ゲーム会社SNKのゲームをVR化。2017年中にゲームタイトル配信か

Studio Roqovanが、日系のゲーム会社SNK CorporationのゲームタイトルをVR化することが決定

Metal-Slug

2017年2月7日、World War Toonsを製作したStudio Roqovan(元Reload Studios)が、日系のゲーム会社SNK CorporationのゲームタイトルをVR化して2017年中に配信する事を発表した。

VR化プロジェクトについて

両社が同意したライセンスによると、SNKが過去数十年間のうちに製作した膨大なゲーム(キングオブファイターズシリーズ、メタルスラッグ、サムライスピリッツなど)をVR化しても良い権限をStudio Roqovanは得たとの事。

Studio Roqovan、CEOのコメント

Studio Roqovan、CEOのJames Chung氏は以下のように語っている。

「80年代から90年代のアーケードゲームを経験している開発者たちからすれば、SNKとそのIPと仕事ができるという事は、夢のようなことです。

今回の機会がどれほど心躍ることか、言葉にできません。

SNKとのコラボ作品を世界の皆さんにお届けできる日が楽しみです。」

SNK、執行役員のコメント

SNK、執行役員のCharlie Zhao氏は以下のように語る。

「初めてStudio Roqovan、CEOのJames Chung氏とお会いした時に思ったことが、彼はSNKの大ファンなのだということです。

さらに彼のチームメンバーは様々な業界で驚くべきレベルの経験を携えており、これらの事実が今回のコラボに踏み切った理由となりました。

私たちはStudio Roqovanという才能あふれるクリエイター達と共に開発ができることをとても幸せだと感じています。」

これからについて

まずどの作品から手がけるのかは両社とも発表していないが、Chung氏が以下のように語った。

「両社がしっかりと馴染み、SNKとコラボのプランが立った後、情報を公開していきたいと思います。」

1作目のコラボ作品は2017年中に配信されるとのこと。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/02/studio-roqovan-to-use-snk-library-for-future-vr-projects/

     

     

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。