「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」がテレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONにて開催 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」がテレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONにて開催

テレビ朝日本社や六本木ヒルズなど多数のエリアで開催されている今年のテレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONでは、「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」が開催されている。開催期間は7月15日(土)~8月27日(日)だ。

「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

テレビ朝日本社や六本木ヒルズなど多数のエリアで開催されている今年のテレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATIONでは、「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」が開催されている。

開催期間は7月15日(土)~8月27日(日)だ。

来年 3 月公開の「映画ドラえもん のび太の宝島」の世界をどこよりも早く味わえる最新型アトラクションが登場!

今年の『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』のコンセプトは、「探そう!僕らのタカラモノ」である。

夏祭りのメインエリア「ドラえもん 宝島アドベンチャー」では、最新技術を駆使した【AR 宝探し】を開催するということだ。

子どもたちはもちろん、大人も楽しめる体験型アトラクションとなっているとのことである。

「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し~」

アトリウム 1F【みらいスタジオ】を抜けると、そこには、巨大な帆船“ノビタオーラ号”が出現!

海底に隠されたさまざまなお宝と、ドラえもんがうっかり海に落としてしまったひみつ道具をザクザク探す大冒険にでかけよう!

『宝探しビジョン』を使って、最新型の“AR宝探し”をスタート!

ただし、海の大冒険には海賊船に乗った敵がつきもの…。

海賊たちにお宝を奪われるのを阻止するべく、制限時間内にすべてのアイテムを見つけよう!

ドラえもんからお願いされたすべてのお宝とひみつ道具を集めることができると、このアトラクション限定の素敵なプレゼントももらえちゃう!

また会場では、今回の映画に登場する船長ドラえもんと一緒に写真撮影もできます!

【実施場所】テレビ朝日本社 アトリウム 2F

【実施日程】7月15日(土)~8月27日(日)

【実施時間】AM10:00~PM7:00

【入場料】 サマパスで入場無料

【入場方法】

■入場には『整理券』と『サマパス』が必要となります。

※『サマパス』大人[中学生以上]¥2,000(税込)/小人[4 歳~小学生]¥1,000(税込)

■整理券は1枚につき1名さま発券当日限り有効です。

■整理券に記載されている集合締切時間までに集合場所へお越しいただけない場合、ご入場できません。

【集合場所】テレビ朝日本社 アトリウム2階 特設会場

【整理券の取得方法】

①事前発券=『整理券付「サマパス」』

ローチケ HMV(ローソン・ミニストップ店舗内『Loppi』、『ローチケ HMV Web』)にて 6/16(金)より発売。

詳しくはこちら(http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/

※ご購入前に必ず『サマパス』の規約をお読みください。

②当日発券=『整理券』

■発券時間 09:30~18:30(30 分毎 18 区分よりご希望の時間を選択)

■発券場所 後日発表

※別途『サマパス』は「サマパスカウンター」にてお買い求めください。

【その他注意事項】

■各回とも発券する『整理券』の数には制限があります。事前発券の数が上限に達した場合、当日発券が無くなることがありますのでご了承ください。

■ご来場時に取得される方は、『サマパス』購入前に『整理券』を取得されることをお勧めいたします。※『サマパス』は払戻しできません。

■会場のサマパス販売窓口、及び整理券発券所は大変な混雑が予想されます。窓口・発券所に並ばずに入場できる前売券がおすすめです。

会場イメージ

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

イメージ

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK

新たな通信技術「可視光通信」を活用した AR アトラクション「ドラえもん 宝島アドベンチャー ~ザクザク!AR 宝探し」

本イベントは、2018年公開予定の映画「ドラえもん のび太の宝島」の世界を再現している。

イメージ

イメージ

探し出す7つの宝物、ひみつ道具はプレーヤーごとにランダムに決定され、宝探しビジョンの下に、自分が探す7つのアイテムが表示されるという。

イメージ

コイン、ダイヤはドクロマークの宝箱を宝探しビジョンでタップしてゲットするということだ。

ハズレもあるという。

イメージ

コイン

ダイヤ

王冠、刀剣はそれぞれ5種類あり、形や色が違うので要注意だという。

王冠

刀剣

ひみつ道具は全部で12種あるということだ。

イメージ

ミチビキエンゼル

イメージ

ころばし屋

7つのアイテムを全てゲットできた人には特製コインがプレゼントされるということだ。

イメージ

特製コイン

「ドラえもん 宝島アドベンチャー」で使われるAR(拡張現実)技術とは?

イメージ

「ドラえもん 宝島アドベンチャー」は配布される「宝探しビジョン(タブレット)」でドラえもんが落としたひみつ道具を集める最新の体験型 AR ゲームである。

会場内のひみつ道具に「宝探しビジョン」をかざすと、画面内に映ったひみつ道具が動き出す仕組みになっているということだ。

屋外など広範囲を舞台としたARゲームでは、特定位置にアイテムやモンスターを出現させる仕組みとしてGPSを利用しているという。

ただし、今回は会場が屋内であり、ひみつ道具が置かれた場所に対してピンポイントでひみつ道具の CG 表示をさせる必要があったということである。

そのためタブレットに映った画像情報をもとにCG を表示させる方式でAR 技術を組み込むべく開発を進めたとのことだ。

画像認識方式によるAR の課題

多くのAR システムは、アプリがカメラを通してAR マーカーなどを認識し、それに合わせる形でCG を表示させるものである。

ただし、カメラに対してマーカーが正対する方向からしか認識することができないという。

斜めからは認識が困難になり、その結果イベント会場では一人ずつ順番にマーカーを認識しなければならない状況に陥るということだ。

また、マーカーとして不自然な模様を会場内に設置しなければいけなくなるという。

「ドラえもん 宝島アドベンチャー」では、ひみつ道具をあらゆる角度から複数人が同時に認識してスムーズにイベントを楽しんでもらうために、今注目されている新技術「可視光通信」を採用したということである。

イメージ

可視光通信とは?

可視光通信とは人間の目に見える光「可視光」を使って通信を行う最新の通信技術である。

今回採用した技術では、照明の光に対して人の目では感じないレベルの変化を加えることによって情報を伝送することが可能になるという。

今、新たな通信インフラとして注目されている技術であるということだ。

イメージ

可視光通信技術で立体物を認識する仕組み

会場内のひみつ道具を可視光通信対応の照明で個別にライトアップしたということである。

各照明の光に固有の情報を割り当てることで、タブレットのカメラを通してアプリがどのひみつ道具のAR アクションを実行するかを判別するという。

これにより、ARマーカーで会場の雰囲気を損なうことなくドラえもんの映画の世界観を作り上げることができたということだ。

また、ひみつ道具をあらゆる角度から認識でき、従来のAR マーカーでは不可能であったイベントとしての制約もクリアすることができタトのことである。

イメージ

またこれらの技術面では、富士通株式会社のFlowSign Lightを用いてドラえもんの世界観をそのままに、複数名で同時体験できるARアトラクションを実現させたということだ。

「FlowSign Light」詳細ページ:http://www.fujitsu.com/jp/services/infrastructure/network/digital/flowsign-light/(富士通株式会社公式サイト)

可視光通信の導入が期待されている市場

可視光通信技術は様々な市場で実用化が期待されている。

今まで電波の使用が禁止されていたエリアや、無線が通じなかった水中における通信手段としても活用が可能であるという。

また、通信業界だけでなく、街中や駅のサイネージなどディスプレイと合わせた取り組みも検討されているとのことだ。

テレビ朝日では放送との連携なども視野に入れた調査研究を継続的に行い、さらなる利活用に向けた応用展開を検証しているということである。

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む