VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

SuperData、「アメリカのVRユーザーの40%が女性」という調査結果を発表

2017/04/07 12:24

海外メディアVRFocusは、2017年4月5日において、SuperDataが発表したVRに関するインフォグラフィックを掲載した。

20170406_superdata_1

同メディアは、2017年3月29日から31日までアメリカ・サンノゼで開催されていたSilicon Valley VR EXPOで発表された、調査会社SuperDataが製作したVRに関する直近の統計情報をまとめたインフォグラフィックを掲載した。

同インフォグラフィックは、2016年のVR市場に関するデータが中心にまとめまれているが、掲載データのなかにはVRユーザーの性別と年齢別の構成比を示した円グラフもあった(本記事トップ画像参照)。

その円グラフによれば、アメリカのVRユーザーの40%が女性であることが判明した。つまり、アメリカのVRユーザーの5人に2人は女性なのだ。

性別に言及した調査はあまり見られることがなかったなか、この調査結果はVRの未来を楽観視する材料のひとつになるのではなかろうか。なぜならば、VRが文化として定着するためには、女性に受け入れられることが不可欠だからである。

そのほかの調査結果の詳細は、本記事下部に引用するインフォグラフィック画像を閲覧すると良いだろう。以下では、同インフォグラフィックが示す調査結果の要点をまとめていく。

  • ・2016年のVR市場規模は18億ドル(2000億円)。そのうち、約83%にあたる15億ドル(1700億円)がハードウェアによるもので、残りの3億ドル(300億円)がソフトウェアによるもの。
  • ・約3億ドルのVRソフトウェア市場のうち、ゲーム市場が44%を占める。そのつぎが35%のロケーションベースのVRコンテンツ市場。
  • ・VRの普及曲線(普及率の推移)を見ると、カラーテレビ、あるいは携帯電話と同様の急激な普及を示している。
  • 18歳以上のアメリカ人の32%が、「VRに興味がある」と答えた。
  • ・VR世界市場は、2020年までに400億ドル(4兆4,000億円)規模に成長する。
  • ・アメリカのVRユーザーは、18〜34歳までの男性が37%を占める。ついで18〜34歳までの女性が26%を占めている。18〜34歳までのユーザーが、全体の63%にのぼる。
  • ・2016年においてもっとも出荷されたVRヘッドセットは、Gear VRの約430万台で、次いで多いのはPSVRの約75万台である。

20170406_superdata_3

20170406_superdata_4

20170406_superdata_5

20170406_superdata_6

20170406_superdata_7

20170406_superdata_8

20170406_superdata_9

20170406_superdata_10

SuperDataが発表したVRに関するインフォグラフィックを掲載したVRFocusの記事
https://www.vrfocus.com/2017/04/superdata-research-expects-vr-consumer-revenue-to-hit-40-billion-by-2020/

プレイステーションVR(PSVR)製品紹介

「プレイステーションVR(PSVR)」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが開発・発売しているVRヘッドマウントディスプレイ。

動作させるためにはPCではなく、「プレイステーション4」が必要。また、ヘッドトラッキングやモーショントラッキングには「PlayStation Camera」を使用するため、「PlayStation Camera」を保有していない場合は「PlayStation Camera」が同梱された「PSVR」を購入する必要がある。

コントローラーには「プレイステーション4」に同梱されている「デュアルショック4」の他、「PlayStation Move」も対応。

PSVR対応ソフトは、主に「PlayStation Store」からダウンロード販売される。これに加え、市販の「プレイステーション4」向けゲームソフトの中にも、「PSVR」に対応したVRモードでプレイ可能なものが存在。

また、PSVRに対応していないゲームも、「シネマティックモード」としてPSVRのヘッドマウントディスプレイでプレイすることができる。

「シネマティックモード」は頭の動きに映像が連動するVR形式ではないものの、ヘッドマウントディスプレイの迫力と没入感を味わうことが可能。

項目 PlayStation VR PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
価格 \44,980(税別) \49,980(税別)
内容 PlayStation VR本体のみのパッケージ。PlayStation Cameraが同梱されていないため、あらかじめ保有しているか、別途購入する必要がある。 PlayStation VR本体にPlayStation Cameraを同梱したパッケージ。後は「プレイステーション4」があればVRゲームがプレイ可能。

Oculus Rift製品紹介

「Oculus Rift(オキュラス・リフト)」は、Oculus社が開発・発売しているVRヘッドマウントディスプレイ。

本来の製品名は「Rift(リフト)」だが、一般的には「Oculus Rift」または「Oculus(オキュラス)」と呼ばれることが多い。

「Oculus Rift」向けの標準コントローラー「Oculus Touch(オキュラス・タッチ)」は、VR空間で手の動きを再現するというコンセプトで作られており、指のささいな動きをも感知することができる。

当初「Oculus Touch」は標準コントローラーとして設計されながらも、開発の遅れから「Oculus Rift」本体に同梱されていなかったが、現在のパッケージでは本体に同梱されている。なお、「Oculus Rift」を使ってVRコンテンツを楽しむためには、「Oculus Rift」に対応したスペックを持つPCと、VRコンテンツが別途必要。

対応スペックは一般的なゲーミングPCよりも高いものが要求されるため、「Oculus Ready」という認証が用意されている。

項目 Oculus Rift Rift + Touch
価格 \63,800(税込) \76,600(税込)
内容 「Oculus Rift」本体のみのパッケージ。標準コントローラーである「Oculus Touch」は付属しない。 「Oculus Rift」本体に、標準コントローラーである「Oculus Touch」が同梱されたパッケージ。
吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む