VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Synamonが『VRおもてなし研修』をパソナ、キャプランと共同開発

Synamonが『VRおもてなし研修』をパソナ、キャプランと共同開発

VR/AR/MR領域に対するプロダクトの企画・開発を手掛ける株式会社Synamon(本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下 Synamon)は、株式会社パソナ、キャプラン株式会社とともに、Synamonが提供しているVR空間構築ソリューション『NEUTRANS』を活用し、仮想空間内で日本流の「おもてなし」を学ぶ『VRおもてなし研修』を共同開発した。

『VRおもてなし研修』を共同開発

『VRおもてなし研修』は、訪日観光客への接遇機会が生じる代表的な4つの場面を選択し、仮想空間内で受講者と講師が多言語を用いながら、日本で初めて双方向コミュニケーションにより日本流の接遇サービスを学習することができるサービスとして展開を予定しているとのことだ。

VR体験中の様子​​

VR体験中の様子​​

『VRおもてなし研修』 コンテンツ概要

『VRおもてなし研修』は、VR技術を用いて「インフォメーションセンター」「店内」「ホテル」「レストラン」の4つの場面を仮想空間内で設定している。

同じ仮想空間内に入った講師がアバターで登場し、基礎的なやり取りから様々な応用シーンまで、受講者のレベルと習熟度合いに応じて最適な学習プログラムを提供。

研修会場に関わらず、ヘッドマウントディスプレイと通信環境があれば手軽に受講することが可能だ。

受講者と講師はそれぞれ遠隔地にいながら、ヘッドマウントディスプレイを着用して動作と音声のほか、仮想空間内での資料やアイテムの受け渡しを行うことで、日本流の「おもてなし」を学ぶことができる。

『VRおもてなし研修』 サービス概要

内容:受講者がヘッドマウントディスプレイを着用し、VR技術を活用  した仮想空間内で、講師から日本流の「おもてなし」を学ぶ研修サービス

4つの場面設定

訪日観光客への接遇機会が多い「インフォメーションセンター」「店内」「ホテル」「レストラン」を任意に選択可能

VR空間を活かした「おもてなし」の学習

動作と音声、仮想空間内でのコミュニケーション、資料やアイテムの受け渡しを通じて、日本流の「おもてなし」を学ぶ。最大4名まで同時接続が可能。

VR空間で日本初の双方向コミュニケーションによる研修

受講者と講師は遠隔地にいながらVR技術を活用した仮想空間内で、日本で初めて双方向コミュニケーションを実現した研修プログラム

開始: 2018年2月(予定)

料金: 初期費用 30万円、月利用料 30万円~(※税別)

※料金は企業規模・対象者数・利用回数により異なる。

開発:研修プログラム(株式会社パソナ、キャプラン株式会社)VR技術開発(株式会社Synamon)

お問合せ: 株式会社パソナ PASONA CAREER COLLEGE 事務局

      Tel 03-6734-1060 E-mail k.kensyuh@pasona.co.jp

無料体験イベント

イベント : スポーツイベント『sports.pasona fes』内

日  時 : 2018年1月17日(水) 15:00~21:00

場  所 : パソナグループ JOB HUB SQUARE 1階
(東京都千代田区大手町2-6-2)

VR空間構築ソリューション『NEUTRANS』の概要

『NEUTRANS』は、誰でも簡単に扱える操作性と、ハイエンド向けVR機器を対象にマルチデバイス対応、オンライン接続による複数ユーザー利用可能という部分を設計思想に、多彩な機能を扱えるVRコンテンツのベースシステムとして開発を行っている。

本ソリューションは、VRを活用したい企業に対して、企画部分から開発プロダクトの検討コンサルティングに入り、Synamonにて『NEUTRANS』の各種ベース機能を活用した形でプロダクト開発、納品までワンストップで対応するサービスとして提供されている。

▼『NEUTRANS』ティザーサイト
http://neutrans.space

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む