VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

モノビット、多人数対応型VR脱出ゲーム「Trip Trap Travelers」ロケーションVR向けにリリース

多人数対応型VR脱出ゲーム「Trip Trap Travelers」ロケーションVR向けにリリース

株式会社モノビット(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:本城 嘉太郎、以下モノビット)は、モノビットVR制作のHTC VIVEを使用した多人数対応型VRトラッピングバトル「Trip Trap Travelers(トリップ・トラップ・トラベラーズ)」(以下、T3)をロケーションVRコンテンツとして開発したことを発表した。

悪夢に立ち向かい、福音の扉を開けるか!?VRトラッピングバトル「Trip Trap Travelers」をリリース

T3はプレイヤー4人まで同時プレイ可能となっており、各プレイヤーは、数々の罠やモンスターの攻撃を避けつつゴールを見つけだし、クリアタイムを競うシステム。

なお、本作は長年に渡って、スクウェア・エニックスでスターオーシャンシリーズ、ヴァルキリープロファイルシリーズ等を手掛けてきた山岸 功典が、モノビットで初の開発指揮を行ったVRコンテンツで、同社の「ゲーム開発事業」「ミドルウェア事業」「VR事業」の1つでもあるリアルタイム通信エンジン「モノビットエンジン」を利用しつつ、「体感性」・「ゲーム性」を両立させた多人数対応型VRコンテンツとなっている。

VRトラッピングバトル「Trip Trap Travelers_」プロモーション動画

山岸 功典氏からのメッセージ

ゲームにおけるVRは、最近本格化した新しい遊びのスタイルです。

シューターやレースゲーム等、今までのゲームでも自分視点で進めるゲームは数多く発表されて来ましたが、VRほどプレイヤーをゲーム世界に没入させ、興奮させるものは無かったかと思います。

VRゲームはまだ始まったばかりです。

その多くはまだ、「体験する」という立ち位置から大きく動いてはいない気がします。

そんな中、今回のT3では「悪夢の世界を体験する」と同時に、自分で動き、敵を倒し、アドベンチャーする、というゲーム性の部分にも踏み出しています。

自分としては、ここからVRゲームの新しい流れが生まれてくればと、期待して止みません。

山岸 功典プロフィール

長年に渡って、スクウェエア・エニックスでスターオーシャンシリーズ、ヴァルキリープロファイルシリーズ等、RPGタイトルのプロデューサーを務める。

モノビットでは、VRゲーム事業部部長を担当し、VR‐MMORPGコンテンツの開発をはじめ、VRゲーム開発の総指揮をとる。

製品概要

イメージ

タイトル:Trip Trap Travelers(トリップ・トラップ・トラベラーズ)

ジャンル:VRトラッピングバトル(VTB)

対応デバイス:HTC VIVE

制作:株式会社モノビット

プレイヤー人数:1人~4人

ゲームエンジン:Unity

リアルタイム通信エンジン:Monobit Unity Networking2.0、VR Voice Chat

コピーライト:©2017 MONOBIT Inc.

Trip Trap TravelersオフィシャルWEB:http://monobit.co.jp/t3/

ゲーム概要

T3はロケーションVR向け多人数対応型ダンジョン脱出ゲーム。

閉鎖された空間にプレイヤーは閉じ込められる。

そこには、幾多の罠が仕掛けられ、悪夢の使者であるスケルトンが襲ってくる。

それらを回避しながら”福音の扉”を開き、閉鎖された空間から誰よりも早く脱出するという内容だ。

ストーリー

太古の昔、この世界は古き神々により支配されていた。

しかし、幾千年の時の流れの中、今では旧支配者との関わりも分断され、古き神々と繋がる送路も閉ざされた。

それでも、人の見る「夢」は、時として封印された平行世界への送路を開く事がある。

何世代にも渡り、この夢を起点とした送路を使い、多くの魔導の者たちが禁断の世界へと足を踏み入れた。

彼らはトラベラーもしくはトラッパーと呼ばれ、夢と現実を旅する者と言われた。人々から「狂気をはらむ者」「次元中毒者」などと、恐れと蔑みの視線を浴びながらも、なぜ彼らは恐怖に満たされた禁断の地を目指したのか・・・。

それは、その狂気に満ちたナイトメアクレパスを乗り越えた先に、古き神々がもたらす栄光があるからに他ならない。

夢がもたらす送路の先、ナイトメアクレパスが作り出す狂気の悪夢。そこに蠢く夢魔と罠。それら全てが、ここに足を踏み入れた者達を喰らい、その魂をナイトメアクレパスに閉じ込めようと待ち構えている。

しかし、それらの障害を乗り越え、希望の鎖に縛り付けられた悪夢の番人「ミノタウロス」が解き放たれる前に、究極の栄光「モルペウスの扉」を開く事ができれば・・・

古き神々の力により、あなたはこの世の支配者となる事も叶うだろう。

トラップやモンスターの解説

ゲーム風景

イメージ

プレイヤーは冒頭で”悪夢の番人”「ミノタウロス」にナイトメアクレパスに落とされる。

この悪夢から抜け出すには、福音をもたらすモルペウスの扉を開く必要がある。

ミノタウルス

イメージ

“夢魔 ミノタウロス”が、冒頭にプレイヤーをナイトメアクレパスへと突き落とす。

ナイトメアクレバスから抜け出せないプレイヤー達は、永遠に悪夢に囚われたまま、次の獲物を狙う夢魔と成り果てる。

イメージ

ナイトメアクレパスでは、プレイヤーの行く手を阻む罠が数多く待ち受けている。

罠を回避しながら出口を探さないと、深淵へ引きずり込まれる。

スケルトン

イメージ

脱出に失敗し、悪夢に囚われた魂が歪み、怨念となった“夢魔 スケルトン”

意思を持ち、贄とさせるためにプレイヤーに襲い掛かる。

倒しても倒しても何度でも立ち上がるスケルトンだが、ある方法で倒すことが出来る。

ミノタウルス(檻の中)

イメージ

僅かな人の希望が時間を稼いでくれており、ミノタウロスは檻の中に閉じ込められている。

残された時間は少ない……ミノタウロスが檻を破壊する前に“モルペウスの扉”を開け脱出せよ!

ゲームオーバー

イメージ

スケルトンや、罠は、プレイヤーの体力を削ってくる。

体力が尽きるとその場で贄とされてしまうため、慎重に行動しよう。

T3体験レポート

本日、池袋にオープンした「VR PARK TOKYO IKEBUKURO」にて、12月某日に関係者向けのT3事前体験が行われた。

T3体験案内前、ブースではスタッフがガイド方法の打ち合わせを綿密に行うなど、準備万端の模様。

そのスタッフよりT3を体験するプレイヤーに、ゲーム概要や操作方法などを説明がされたが、独自に考案した工夫と演出で、体験前の「ドキドキワクワク」を感じさせるものとなっていた。

「心の準備は出来ましたか?」のスタッフの一言に「はい」と答えると体験がスタート。

T3の世界にダイブした早々、3名のプレイヤー達はミノタウロスの一閃でナイトメアクレバスに飛ばされ、脱出までのカウントダウンが開始される。

制限時間以内に脱出口を目指そうと、プレイヤー達はVR空間内を移動しようとするも・・・

VR空間の特徴でもある、実在感のあるトラップを目の前にすると、移動を躊躇し、タイムロスするプレイヤーや、極限状態に追い込まれ、トラップに挑み悲鳴を上げるプレイヤーの姿が多く見られた。

スタッフによるアドバイスがされていたものの、ほぼ、ゴール直前で息絶える事が多い結果に。

しかし、その結果にもプレイヤー達はトラップやモンスターの攻撃を避けるスリルを味わい、迷宮から解放された安堵感でホッと一息をつく姿を見せるなど、T3の体験には満足の様子。

なお、T3の難易度は低・中の2パターンが用意され、今回は中難易度のものが採用された。

体験風景

体験風景

T3ブースでは最大3名でマルチプレイが可能。

プレイヤーが勇気をもって、一歩を踏み出せるかが攻略のカギになる。

イメージ

T3の象徴となる"ミノタウロス"や”トラップ”を背景に、女性達がナイトメアクレパスに挑む・・・

不安と恐怖が伝わるタペストリーが、T3ブースの目印。

VR PARK TOKYO IKEBUKURO概要

イメージ

【施設名】VR PARK TOKYO IKEBUKURO

【オープン日】2017年12月7日(木) 10:00~

【所在地】東京都豊島区東池袋1-14-4  シネマサンシャイン3F

【VR PARK TOKYO ポータルサイト】 http://www.adores.jp/vrpark/

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む