VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

宝塚大学東京メディア芸術学部、卒展にてルームスケールVRにおけるユーザーインターフェイスのデモを展示

宝塚大学 卒展にてルームスケールVRにおけるユーザーインターフェイスのデモを展示

宝塚大学 東京メディア芸術学部 コミュニケーションデザイン研究室が、車のバーチャルショールームを想定したルームスケールVRにおけるユーザーインターフェイスのデモを、2018年2月17日(土)・18日(日)開催の同大学の第8回卒業制作展にて展示する。

卒展にてルームスケールVRにおけるユーザーインターフェイスのデモを展示

本展示では、ユーザー自身がVR空間内を歩き回れることに加え、オブジェクトとの距離と視線を使った項目選択のユーザーインターフェイスが実装されている。

現実空間では差し替えの難しい環境をVRで実装することにより、車体の色やタイヤの変更などを可能にし、ショールームでの体験向上に繋がる事を目指しているという。

視線操作によるユーザーインターフェイスを用いる事により、VR空間内の距離、大きさに依存しない快適な操作方法を模索するということだ。

【デモ動画】ルームスケールVRにおけるUIの研究

第8回 宝塚大学 東京メディア芸術学部 卒業制作展 概要

日程:2018年2月17日(土)・18日(日)

時間:10時~17時

場所:宝塚大学 東京メディア芸術学部 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

Twitter:https://twitter.com/zukasotsu2018

Webサイト:http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/sotuten/2018/

宝塚大学 東京メディア芸術学部 概要

所在地:東京都新宿区西新宿7丁目11番1号

学部長:北見隆

アクセス:JR新宿駅西口から徒歩約5分

設立:2007年4月

学科:メディア芸術学科

領域:イラストレーション領域、マンガ領域、アニメーション領域、ゲーム領域、メディアデザイン領域

Webサイト:http://www.takara-univ.ac.jp/tokyo/

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む