TECHNOBLOOD KOREAがFOVE, Inc.と提携し韓国事業拡大へ | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

TECHNOBLOOD KOREAがFOVE, Inc.と提携し韓国事業拡大へ

2016/09/21 13:21

TECHNOBLOOD KOREAとFOVE, Inc.が韓国事業パートナーシップを締結し、韓国のネットカフェ、カラオケ、テーマパークまたは公共機関を含め様々なVR機器の導入できる施設に「FOVE 0」を提供するなど、多様な事業を進行していく予定。

<以下、各企業から発表文の内容をそのまま掲載しています>

TECHNOBLOOD KOREAとFOVE, Inc.は韓国事業パートナーシップを締結致しました。

FOVE-technoblood

FOVE-technoblood

『FOVE』とは

FOVEは2014年に設立され、世界初の視線を追跡する「アイトラッキング」を搭載したヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)「FOVE 0」を開発している企業であります。

2015年クラウドファンディングKICKSTARTERにて$480,650を集め、サムスン(Samsung)やホンハイ(Honhai)から資金調達をするなど、世界からその技術力が認められております。

FOVE-technoblood2

FOVE-technoblood2

FOVE-technoblood3

FOVE-technoblood3

「アイトラッキング」は「ポジショントラッキング」と「ヘッドトラッキング」に継ぐ次世代HMDの技術です。

広い空間を必要とする既存のHMDとは違い、視線で操作ができることで、比較的に狭い空間での使用が可能となり、座った状態でも使用ができるため、ネットカフェなど狭い空間での利用に適しています。

特に視線を入力デバイスとして用いることで、次のような新たなVR体験を提供できます。

・自然に近い視野を再現し、VR酔いを軽減することで快適に長時間使用ができる。

・見ている対象にフォーカスをすることで、リアルな視覚効果を提供。

・アイコンタクトを通じたキャラクターとVRプレイヤー間の自然なコミュニケーション。

・視線を利用した新しい直観的なUI操作。

また、視線追跡機能を入力とし、ユーザーが実際に見ている部分を高解像度処理、その他の領域を低解像度処理(Foveated Rendering)することでGPUの負荷を軽減し、動作環境の裾野を広げる事を可能とします。

technoblood-korea

technoblood-korea

『TECHNOBLOOD KOREA』とは?

TECHNOBLOOD KOREAは韓国のネットカフェ、カラオケ、テーマパークまたは公共機関を含め様々なVR機器の導入できる施設に「FOVE 0」を提供する予定です。

また韓国のVRコンテンツ開発会社がFOVE用コンテンツ開発を活発にできるように、カンファレンス開催や技術支援などを実施する予定です。

日本展開との連携

親会社のTECHNOBLOODでは、2016年7月に日本のネットカフェ事業者を対象とした「テクノブラッドカンファレンス2016」にて、「FOVE 0」と自社開発のVRコンテンツプラットフォームである「Virtual Gate」を紹介し、非常に好意的な反応を得ております。

導入を申し込むネットカフェが相次ぎ、安定的なサービス運営準備の為、来年の初旬に本格的なサービスリリースを予定しております。このように、我々は日韓で「FOVE 0」と「Virtual Gate」の提供をすすめ、VRを身近に体験いただける場所を提供していきます。

virtual gate

virtual gate

『FOVE』の韓国事業展開について

FOVEはTECHNOBLOOD KOREAとのパートナーシップを通じて、アジア市場拡大の為の戦略的なブリッジである韓国市場に拠点を持ち、TECHNOBLOOD KOREAと共に多様な事業を進行していく予定でございます。

参照元URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000018052.html

     

     

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。