「鉄拳7 VR」、PS VR独占ゲームタイトルであることが判明 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「鉄拳7 VR」、PS VR独占ゲームタイトルであることが判明

「鉄拳7 VR」のプロデューサーである原田氏が同ゲームはPS VRでのみリリースすることをツイートした。もっとも同氏が手がける「サマーレッスン」もPS VR独占タイトルであることを考えると、予想できたことではある。

海外メディアUploadVRは、2016年8月29日の記事において、「鉄拳7 VR」がPS VR独占ゲームタイトルであることを報じた。

20160830_tekken7_1

格闘ゲーム「鉄拳」シリーズは、いわゆる「格ゲー」ブームの頃から存在する歴史あるシリーズである。

そのシリーズ最新作のVR版がPS VRからリリースされることは、昨年パリで開催された「Paris Games Week」において発表された。

同メディアは、「鉄拳7 VR」がPS VRのみでリリースされる独占ゲームタイトルであることを、同ゲームのプロデューサーである原田氏のツイートを引用して報じた。

同氏のツイートは、鉄拳7のPC版は4K対応なのにPS4版は4Kに対応しそうにない、という噂のツイートを受けてのものである。

注意すべきは、ここでいうPC版というのはHTC社のVIVEおよびOculus Riftに対応したバージョンを含んでいることである。

もっともこのツイートは、同じく同氏がプロデュースしているPS VRタイトル「サマーレッスン」もまた現時点ではPC版がリリースされる予定がないことを考えると、それほど驚くことではない。

なお、「鉄拳7 VR」はゲームシステムを含めて未だ詳細は明らかになっていない。

参照元URL:http://uploadvr.com/tekken-7s-vr-content-will-exclusive-playstation-vr/

     

     

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com