【TGS 2016】腕に巻くだけで直感的に操作ができるVR/AR用ゲームコントローラ「UnlimitedHand」体験レポート | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

【TGS 2016】腕に巻くだけで直感的に操作ができるVR/AR用ゲームコントローラ「UnlimitedHand」体験レポート

東京ゲームショウ2016にて、H2L社が出展しているVR/AR用ゲームコントローラ「UnlimitedHand」を体験したのでレポートする。

9月15日から開催している東京ゲームショウ2016にて、H2L社が出展しているVR/AR用ゲームコントローラ「UnlimitedHand」を体験したのでレポートする。

UnlimitedHandは腕に巻くだけで直感的にゲームを操作できるゲームコントローラー。

h2l-unlimited-hand_2

筋変位センサー、3軸ジャイロスコープ、3軸加速度センサーを使って、指に連動した筋肉の変位を検出し、ユーザーの腕の位置を推定する。

そして、筋電刺激とバイブレーションモーターによって触感のフィードバックを行う。

体験では、

  • 腕に小鳥が乗り、その重さを感じるもの
  • 銃を撃ってその反動を感じるもの
  • ゾンビに腕をつかまれるもの

があったが、今回はガンシミュレーターを体験した。

裏面にセンサーが配置されている。

h2l-unlimited-hand_4

このように腕に巻くだけでOK。

h2l-unlimited-hand_5

手を握ると、弾が発射される。その際、腕には振動が伝わるようになっている。

unlimitedhand_1

銃の種類によってフィードバックの値を変更することも可能とのことだ。

また、ジャイロと加速度センサーによって腕の動きも検出し、画面内の腕も上下に動かせる。

unlimitedhand_2


 

現在はまだコンテンツも少なく、センサーの精度も若干の物足りなさを感じたが、筋変位の検出でのゲームの操作は非常に直感的だったので、コンテンツが増え、センサーの精度が上がることによって、ゲーミングパッド、ハンドコントローラに続く入力デバイスとなりうるだろう。

UnlimitedHand 公式サイト
http://unlimitedhand.com/ja/

koide yutaro


これからますます発展すると予想されるVR。コンテンツだけでなくその技術についても非常に気になっている技術系卒です。

最新ニュースを読む