VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Oculus Rift専用タイトル『The Mage's Tale』にスムーズな移動方式が追加される

2017/07/11 16:31

    The Mage's Tale

    『The Mage's Tale』ゲーム画面

    最近では家庭用ゲーム機向けのゲームソフトにも修正パッチが配信されることがあるが、パッケージで販売されるソフトの場合は一度販売されてしまえばその内容を変更することができなかった。

    一方で、インターネット経由で販売されるPCゲームの場合は発売後にプレイヤーの声を取り入れて内容が変化していくものも多い。素材が優れた作品であれば、フィードバックへの対応によって名作になることもある。

    Oculus Rift専用タイトルとして発売された『The Mage's Tale』でもデベロッパーがプレイヤーの声に応じて改良を続けており、早ければ週内にもプレイヤーの意思で自由に動ける移動システムが登場する予定だという。

    『The Mage's Tale』

    inXile entertainmentのThe Mage's Taleは、RPGとアクションゲームの要素を持つVR作品だ。

    操作にOculus Touchが必須のOculus Rift専用タイトルとして、Oculus Storeで独占的に販売されている。価格は3,990円だ。

    VRゲームのレビューを行っている複数のサイトでも高い評価を獲得しており、将来的にはHTC Vive版も発売することが計画されているという。

    ダンジョンクロウルRPG

    The Mage's Taleで、プレイヤーは主人公の魔法使い見習いを操作して悪い魔法使いにさらわれてしまった師匠を助け出すことになる。

    ゲームは主人公の一人称視点で進行するので、ダンジョンに潜っているときの視点はウィザードリィシリーズのような3DダンジョンRPGに近いものだ。

    ウィザードリィでは戦士や忍者といった複数のキャラクターからなるパーティを操作してダンジョンを探索していったが、The Mage's Taleではプレイヤー自身が主人公になったような没入感のある体験が可能だ。

    3DダンジョンRPGにおける移動

    ウィザードリィのようなRPGでは、ボタンやキーボードを操作するたびにキャラクターが「1マス」移動する。アナログスティックを倒したままにしたり、ボタンを押したままにすることでなめらかに移動するのではなく、一度押す度に決められた距離を移動するのだ。

    自分自身が将棋やチェスの駒の立場にいるようなイメージである。こうした四角形のマス単位で移動していくゲームは、ほとんどがターン制だ。

    移動に制限のあるゲーム

    ダンジョンの中を進む

    The Mage's Talesに用意されている移動方式は、ウィザードリィのようにダンジョンを進んでいくRPGのシステムに近い。

    テレポートによる移動

    一つの方法は、Oculus Touchのアナログスティックを使って1マスずつ移動するものだ。キャラクターが歩いてスムーズに移動するのではなく、実質的には隣のマスへのみ移動できる短距離のテレポートである。

    もう一つの方法はVRゲームで一般的なテレポートだ。移動先を指定することで、その地点にキャラクターを移動させられる。

    どちらかを選ばなければならないというものではなく、ゲーム中の状況に合わせて二つの方法を組み合わせて使うことになるだろう。

    移動への不満

    上記の移動方法しか使えないことはレビューサイトでも指摘されていた。VRゲームでもアナログスティックによって自由に移動できるものが増えているので、ゲーマーが不満を持つのも頷ける。

    アップデートの予定

    デベロッパーのinXile entertainmentはこうした意見を受け止めており、CEOのBrian Fargoは7月9日にTwitterで来週提供される予定のアップデートパッチについて投稿している。

    それによれば、スムーズな移動とロード時間の短縮がアップデートに含まれるようだ。

    さらに、FargoはインタビューでVRへの没入感を高めるオプションを追加することも語っている。

    「VRでは、ユーザがUIや現実に引き戻してしまうような要素に対して敏感になります。

    一例としては、画面に表示される照準に対する不満がありました。そのため、照準を非表示にするオプションを追加しています。

    さらに、大きな要望であったスムーズな移動方式の実装とロード時間の短縮も行います」

     

    自分たちが作っているゲームを客観的に評価するのは難しいものだが、ユーザの意見を参考にすればそれが可能となる。

    VRゲームでは、『Raw Data』が早期に製品を公開してフィードバックを受けながら成長した作品だ。The Mage's Taleも、大ヒットしたRaw Dataのような作品になれるだろうか?

     

    参照元サイト名:Upload VR
    URL:https://uploadvr.com/mages-tale-getting-smooth-locomotion-update-soon/

    参照元サイト名:The Mage's Tale
    URL:https://magestale.inxile-entertainment.com/

    ohiwa


    ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

    最新ニュースを読む