VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

RICOHとLIFE STYLE、360°撮影・ツアー制作の受託サービス「THETA 360°biz 撮影・オーサリングサービス」の提供を開始

株式会社リコーとLIFE STYLE株式会社は業務提携し、360°全天球画像をWebサイトに埋め込めるクラウドサービス「THETA 360.biz」をより簡単に活用いただくため、360°撮影・ツアー制作の受託サービス「THETA 360°biz 撮影・オーサリングサービス」の提供を開始すると発表した。

左:LIFE STYLE株式会社 代表取締役「永田 雅弘氏」 右:株式会社リコー 新規事業開発本部 SV(Smart Vision)事業開発センター 所長「大谷 渉氏」" width="600" height="450" /> 左:LIFE STYLE株式会社 代表取締役「永田 雅弘氏」 右:株式会社リコー 新規事業開発本部 SV(Smart Vision)事業開発センター 所長「大谷 渉氏」

左:LIFE STYLE株式会社 代表取締役「永田 雅弘氏」 右:株式会社リコー 新規事業開発本部 SV(Smart Vision)事業開発センター 所長「大谷 渉氏」

 

本サービスは、様々な企業からヒアリングを行った所、"撮影・編集のハードルが高い"という声が多く、そのソリューションとして撮影・制作受託を行うことでより導入しやすくするのが狙いだ。

まずスタートとして、不動産業界から開始し、順次拡大していく予定だ。

また、今後はAPIの公開も予定しており、THETA以外の360°カメラで撮影・制作した画像にも対応していく予定とのこと。

→ 公式サイト:THETA 360°biz

不動産物件の居住部向けプラン

プラン 料金(税抜) サービスの主な内容
不動産物件の居住部向けプラン 34,800円/1戸 ・360°画像の撮影
・ツアー作成(間取り図あり)
マンションなどの共用部向けプラン 44,800円/1棟 ・360°画像の撮影(15ヶ所まで指定可能)
・ツアー作成(サムネイル表示のみ)
・追加画像 3,000円/1ヶ所
不動産物件の居住部向けプラン(スチール写真撮影付き) 39,800円/1戸 ・360°画像の撮影
・ツアー作成(間取り図あり)
・スチール写真の撮影と画像の提供
マンションなどの共用部向けプラン(スチール写真撮影付き) 49,800円/1戸 ・360°画像の撮影(15ヶ所まで指定可能)
・ツアー作成(サムネイル表示のみ)
・スチール写真の撮影と画像の提供
・追加画像 3,000円/1ヶ所

THETA 360.bizとは?

2014年10月に開始した法人向けWebサービスで、「RICOH THETA」で撮影した画像をクライアント側のWebサイトに埋め込むことができるサービス。不動産業界をメインに活用いただいており、360°全天球イメージをエンドユーザに提供することで空間認知効果を高め、成約率向上に一役買っている。

料金体系はフリープラン(500PV/画像50枚上限)から定額・従量それぞれの有償プランが用意されており、クライアント側のニーズに応じてプラン選択が可能となっている。

ちなみに、本記事で紹介した「THETA 360°biz 撮影・オーサリングサービス」は有償プラン契約者向けに提供されるサービスとなっている。

ショートインタビュー

--- プレスリリース後の反響は如何ですか?

本件発表後、THETA 360.bizについて多くのメディアに掲載していただきました。

THETA 360.bizのホームページへのアクセス、また、複数のお問い合わせをいただき、VRに対する関心度の高さを実感いたしました。

--- 今後のRICOHのVR展開について

■これまでの活動・実績について

リコーは2013年10月に世界1で初めて360°撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影することができるカメラ「RICOH THETA」を発売しました。これまで特別な機材と技術が必要だった360°の写真撮影を誰でも簡単に操作でき、発売以来、多くの方にRICOH THETAシリーズをご愛用いただいています。

※1. コンシューマー製品において、水平方向や半天球だけでなく、撮影者を取り巻く空間全てをワンショットでキャプチャーできる点において。(2013年8月時点。当社調べ)

2014年10月にはRICOH THETAで撮影した360°画像をお客様のWebサイトへ表示する法人向けクラウドサービス「THETA 360.biz」を開始しました。

当初からTHETA 360.bizは、お客様がRICOH THETAで撮影した画像を簡単にホームページ上に掲載できる「使いやすさ」を念頭に開発しています。

また、360°画像を単に掲載するだけではなく、間取図と連動したツアー機能、テキストや画像や特定箇所を紹介する機能など、効果的に360°画像コンテンツをクラウド上で制作するための機能を追加してきました。

このようにリッチなコンテンツ制作が可能になる中、良い360°コンテンツとはどういうものか、どういう人が撮影して制作するのか、などコンテンツ制作に関わる工数、品質面での課題が見えてきました。

そのような背景から、この度、弊社はVRコンテンツ制作のプロであるLIFE STYLE株式会社と提携し、お客様、リコー、LIFE STYLEの3者で、不動産物件の360°コンテンツのあるべき姿などの検討を重ね、2017年3月28日に不動産向け代行サービスを開始しました。

このサービスのこだわりは、すばやく多くの高品質なコンテンツを制作しお客様にご提供することです。例えば、360°画像の撮影からコンテンツ制作を代行する会社は弊社以外にもありますが、その多くが、撮影する物件、スポットごとに場所の確認や料金の見積りを行なった上でコンテンツを制作します。弊社のプランでは、あらかじめ決められた品質基準に従い、間取や広さに関わらない一定料金としているため、多くの物件を360°コンテンツとして制作したいお客様にとっては、時間と労力をかけずにコンテンツ制作が可能です。また、撮影する時間帯や天候、撮影スポットなど、不動産物件に合う仕様を加味していますので、安心してお任せください。

■これから

今、不動産業界では物件紹介において360°コンテンツを活用することがスタンダードになりつつあります。今後は、ホームページでの360°コンテンツの掲載だけではなく、店頭でのVRグラスを使ったバーチャル内覧などVRの世界へと広がっていくと思います。

また、不動産業界だけではなく、観光、ホテル、教育・介護施設、中古車販売、展示会出展ブース、結婚式場などの業界やさまざまな場面で活用いただけるようTHETA 360.biz コンテンツ制作代行サービスを展開していければと計画しております。

弊社にとってこのコンテンツ制作代行サービスは、お客様の業務負荷を軽減するだけではなく、お客様にとってどのような360°コンテンツ、VRコンテンツがより効果的な表現であるかをお客さまと一緒に考える機会であると捉えています。

より多くのお客様と共にRICOH THETA とTHETA 360.bizで魅力的で効果的なコンテンツを作り、世の中に360°コンテンツ、VRコンテンツを普及させてまいりたいと思います。

 

編集部では、これからも『RICOH 社』の動向を追いたいと思います。


2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

最新ニュースを読む