VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ヴュルツブルク大学病院における経頭蓋磁気刺激法とVRを組み合わせた恐怖症克服の試み

2017/09/19 15:15

海外メディアPopular Mechanics Nowは、ヴュルツブルク大学病院で研究されているVRを活用した恐怖症治療を紹介した。

TMSとVRの複合療法

同メディアによると、ドイツのヴュルツブルク大学病院では経頭蓋磁気刺激法(英語ではTranscranial magnetic stimulation。以下、頭文字をとったTMSと略記)とVRを組み合わせて、様々な恐怖症を克服する治療法の研究が進んでいる。

TMSとは

TMSとは、おもに8の字型の電磁石によって生み出される、急激な磁場の変化によって弱い電流を組織内に誘起させることで、脳内のニューロンを興奮させる治療法である。この方法により、最小限の不快感で脳活動を引き起こすことで、脳の回路接続の機能が調べられる。

TMSによって脳に反復的に刺激を与えると、脳に長期的な変化を与えることができる。多くの小規模な先行研究により、この方法が多くの神経症状(頭痛、脳梗塞、パーキンソン症候群、ジストニア、耳鳴り)や精神医学的な症状(例えばうつ病、幻聴)に有効な治療法であることが示されている。

TMSによる治療の様子(「うつ予防ナビ」より引用)

高所恐怖症やクモ恐怖症といった各種恐怖症とTMSの関係については、同大学病院で研究に携わっているMartin J. Herrmann氏の説明を引用するとわかる。

わたしちは、先行研究からヒトの脳の前頭葉の特定の部位が不安の除去にとくに重要であることを知っていました。

同大学の研究では、各種恐怖症患者が恐怖を感じている時に、不安を除去する前頭葉の部位をTMSで刺激することで不安をやわらげ、こうした不安をTMSで除去する治療を反復的に実施することで、ついには恐怖症そのものを感じなくなる脳にすることを目指しているのだ。

恐怖体験を再現するVR

以上のような治療を確立するためには、恐怖症患者が恐怖を感じる状況を用意しなければならない。しかし、リアルに恐怖を感じる状況を再現しては危険が伴う。そこで考えられたのが、VRで恐怖する状況を再現することだった。

同研究では手はじめに、TMSによる高所恐怖症の克服を実験するために、高所恐怖症患者にVRを使ってバーチャルに高所を体験してもらった(本記事トップ画像を参照)。このバーチャルな恐怖体験の最中に、TMSによって前頭葉を刺激した。

こうした実験を繰り返した結果、予想通り高所恐怖症の症状は改善された。

同大学の研究チームは、以上のようなTMSとVRを組み合わせた治療法を、今後は高所恐怖症だけではなくクモ恐怖症をはじめとした多様な恐怖症に応用する研究に着手したい、とのこと。

VRと恐怖症の研究事例

VRを活用して恐怖症を克服しようとする試みは、実はあまり珍しいものではなく、本メディアでもすでに多数の事例を紹介している。

Limbixの曝露療法

Limbix社のVRコンテンツを使ったセラピーは、これまでに治療効果を上げてきた伝統的かつ一般的な治療法である曝露療法が元になっている。シンプルに言えば、例えばPTSDの原因となった出来事や恐怖の原因となるものに少しずつ触れることで患者を慣れさせていくものだ。その原因となる状況をVRを用いて再現するというわけである。

上に引用した動画は、スピーチ恐怖症の治療風景を収録している。

本記事で紹介したTMSとVRの複合療法は、VRによる曝露療法にさらにTMSによる器質的な治療法を付加したもの、と捉えることができる。

子供の不安を和らげるVR

Joe DiMaggio Children's Hospitalでは、子供ががん治療のために化学療法を受ける際に、子供の不安を和らげるためにVRコンテンツを導入している。

この治療を受けている子供が言うのは、VRコンテンツは自分に起きていることから気をそらすのに役立っている、とのこと。というのも、VR空間では宇宙を飛び回ったり人体の内側を探検したりと自由に遊ぶことができるので、治療の不安が吹き飛ぶようである。

以上のようにVRコンテンツには、時にリアルな状況を忘れてしまうほどバーチャルな世界に没入させてしまうチカラがあるのだ。

VRがメンタルヘルス分野に応用されるのも、VRにはほかのメディアでは考えられないほどのヒトの心理への影響力があるからである。今後はメンタルヘルスの治療法としてのVR活用法が開発されるともに、「VRがヒトの心理に与える影響」についての研究も進められるだろう。

ヴュルツブルク大学病院で研究されているVRを活用した恐怖症治療を紹介したPopular Mechanics Nowの記事
http://www.popularmechanics.com/science/health/news/a28257/magnets-vr-cure-phobia/

上記記事のソースとなったヴュルツブルク大学病院の記事
https://www.uni-wuerzburg.de/en/sonstiges/meldungen/detail/news/mit-magnetfeldern-gegen-die-angst/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む