VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Viveをワイヤレス化するTPCastのアダプタが中国で月内に出荷

2017/04/03 11:08

TPCast

PCベースのVRはそのVR体験のクオリティが高いことがウリだが、パソコンと有線接続しなければいけないので不便だ。ケーブルがあることで利用スタイルが制限されてしまうだけでなく、VR体験の間にケーブルが自分の身体に引っかかってしまうこともある。

この点はモバイルVRと比較した場合の欠点としても指摘されてきたし、将来に向けてVRが改善しなければらならない点とも言われていた。ワイヤレス化で即VRが爆発的に普及する、といったものではないが、重要なポイントには違いない。

これまでにもQuarkなどがVRヘッドセットをワイヤレスで使えるようにするための試みを続けてきたが、ユーザの手元に製品を届けるのはTPCastが先になるようだ。

TPCastのワイヤレスアダプタ

tpcast-transmitter

TPCastのワイヤレスアダプタがあれば、Viveをワイヤレスで使えるようになる。

2016年の末に発表されたこの製品は、「VRヘッドセットはPCに接続して使うものだ」というこれまでの常識を覆すものだった。当然ながら他の企業もVRヘッドセットの無線化を考えており、これ以降同様の機能を持つアダプタが次々と発表されることになった。

単に各社の開発が似たようなペースで進んだために複数のワイヤレスアダプタが出てきたのか、TPCastの発表を受けて他社が後を追ったものなのかは不明である。

TPCastの実力

ワイヤレス化によって、ケーブルから解放されるのは嬉しい。しかし、有線に比べるとデータのロスや遅延が心配なのも事実だ。

フレームの一部が破棄されてしまえばコマ落ちが発生してVR体験の品質を下げてしまうことになるし、遅延によってプレイヤーの動きとヘッドセットの映像にズレが生じればVR酔いがひどくなることも考えられる。

この点については実際に試してみるしかないのだが、UploadVRが試した範囲では「遅延は無い」とされている。使用環境による差はあるにしても、期待できる結果だ。

遅延もなくワイヤレスでViveが使えるならば、他のVRヘッドセットに対する強みともなり得る。

予約分は即完売

このTPCast、世界中のVR愛好家(Viveユーザ)からの期待を集めているようだ。中国では先行予約の受付がなされたのだが、予約分は即日完売してしまったという。

その予約に間に合ったラッキーな中国のファンには待望のニュースが入ってきた。ついに中国に向けてTPCastの出荷が開始されるという。今月中に出荷される予定だ。昨年の時点では「中国での出荷は2017年の第1四半期」とされていたため、やや遅れ気味である。

世界展開は?

TPCastは、既に世界で販売されることが発表されている。世界に向けてのリリースは2017年の第2四半期とされており、価格は249ドルだ。各地域ごとの発売日や、価格についてはアナウンスされていない。日本での発売についても不明である。

また、中国での出荷が予定よりも遅れているので世界展開が遅れる可能性もある。中国での人気を考えると、発売からしばらくは入手困難となりそうなアイテムだ。

VRはワイヤレスの時代へ?

TPCastのトランスミッター

TPCastを使用するには、Viveのトラッキングセンサーと同様にTPCastがデータをやりとりするためのトランスミッターを設置する必要がある。Vive本体のみを使う場合に比べると一手間増えることになるが、PCベースの高性能なヘッドセットをワイヤレスで使えるというのは大きな魅力だ。

技術的にも遅延は最小限に抑えられているということなので、将来のViveではワイヤレスは当たり前となりそうだ。次世代機では高解像度化が予想されるが、TPCastは4K解像度への対応も進めているらしい。4K対応のViveが発売される頃にはワイヤレスで4Kも可能となっているだろう。

設置や設定よりも気になるのは、アダプターの価格だ。約2.8万円であり、決して安いとは言えない。その機能・未来感からすれば十分割安ではあるのだが、ヘッドセットに内蔵するにはまだ高い。ワイヤレス対応と引き換えにVRヘッドセット本体の価格が3万円も上がってしまえば、消費者は購入を躊躇するだろう。

価格の問題があるために、次世代のViveがいきなり標準でワイヤレス化するのは難しそうだ。それでも、選択肢としてワイヤレス化があることは大きい。アダプターに追加の資金を出してでもケーブルをなくしたいというユーザは少なからずいるはずだ。

第2世代には間に合わなかったとしても、もっと後の世代においてはVRの標準としてワイヤレスアダプターが内蔵されることになるのではないだろうか。未来のVRを一足先に体験できるアイテムとして、単純にVR体験を便利にするアイテムとして、国内での販売に関する情報が待たれる。

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/tpcasts-wireless-vive-adapter-ships-china-month/

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

最新ニュースを読む